また“ゆとり”?

February 23 [Thu], 2017, 12:38
“働き方改革”の名の元に、様々な仕事のルール改正が聞こえてきます。
本当に苦しい思いをしてきた人はこれで救われるでしょうから、その是非を一概にあれこれ言えませんが、でも“プレミアム・フライデー”のような労働時間を減らす施策は、授業時間を減らした“ゆとり教育”みたいなものなんじゃないかなぁと。
大人の思いつきで教育方針が変わって、その結果“ゆとり世代”なんてタグを付けられて。
それと同じことを大人にもしようとしている気がしませんか?
“ゆとり教育”は失敗で、結局元に戻ったのにね。
子供時代に“ゆとり”、社会人になったらまた“ゆとり”。
将来、「あいつら仕事出来ないよなぁ。だって“大人ゆとり”だから仕方ないさ」じゃ、たまったもんじゃないですよね…。

映画『真白の恋』

February 22 [Wed], 2017, 12:38
2月25日(土)に公開となる、映画『真白の恋』。
簡単にご紹介していきましょう。

“日本のベニス”と呼ばれる富山県射水市の、小さな町に暮らす渋谷真白。
彼女には見た目にはわからない、軽度な障がいがありました。
父が経営する自転車屋さんで店番をし、飼い犬の散歩をさせるのが日課。隣りに住む、従姉妹の雪菜が良き理解者です。
兄の結婚式で神社を訪れた時のこと。放り投げて遊んでいたハンカチが手水舎の屋根に引っ掛かってしまい、それを取ってくれたのが、東京から仕事で来ていたカメラマンの油井でした。
真白は預けられたカメラを興味深そうに覗き、誤ってシャッターを押してしまったのです。言えずに油井にカメラを返す真白。
見知らぬ男の人と話してしまった真白は、経験したことのない感情にドキドキ。
ホテルに戻って、撮った写真を確かめていた油井は、真白が写り込んでいることに気付きます。
数日後、川沿いを歩いていた真白に声を掛ける油井。真白の写真をプレゼントしてくれたのでした…。

あくまで“さわり”の部分です。話はここから紆余曲折、いろいろなことが起こります。
油井は真白に町を案内してもらったり、真白に障がいがあるとは気付かずに仲良くしていきます。
真白にとっては初めての恋。
しかし、障がいがあるからと、両親や兄など周囲は真白に対し、過保護になる。
真白の障がいを知った油井が言うんですね。
「何を持って障がい者っていうんですかね?社会に適応しきれてないって意味じゃ、僕も自分の事、障がい者だと思ってますけど」。
この映画は、富山出身の坂本欣弘監督のデビュー作。脚本は北川亜矢子。ふたりは助監督とアシスタント時代からの知り合いで、坂本監督の初作品ならと北川さんが脚本を書いたそう。
実は北川さんの実弟が軽度の障がいを持っていて、ある言葉が胸に刺さったそうなんですね。その言葉こそが、この映画の“肝”になっていることは間違いありません。
あえてここには書きませんが、見て、探して、感じて下さい。
最近はSFチックな、飛び道具?とも言える舞台設定で進む恋愛映画が増えてますが、これは真っ正面から純愛を描いた1本。
ボクがこんな恋愛をずーっと望んでるから感じ入ったのかもしれませんが(笑)、本当に素敵な映画です。
自主制作映画ゆえ、あまりたくさんの映画館ではかかりませんが、口コミで広がって、多くの人に見て欲しいと、切に祈ります!

アンチエイジング

February 21 [Tue], 2017, 12:56
朝起きて、家を出る前の日課にしている筋トレ。
ま、大したことはしてませんが、腕立て、腹筋、ヒップアップをワンセットずつ。おかげで何とか最低限の身体をキープしています。
ところがあんまり朝が早いと、睡眠を優先して、その運動はパスしちゃうんです。
先週はボクにとっては早い日が続き、筋トレが出来たのは1日だけ。そしたら衰える、衰える…。シャワーを浴びる前の、鏡に映った自分の身体の醜いこと(笑)。
筋トレは昨日から復活させてます。今週は1日も休まず、みっちり出来そう(^-^)。
「たった5分でOK!」なんて、健康器具のCMを見ますが、その“5分”が作れないんですよねぇ。
『アンチエイジング=無駄な足掻き』(笑)。
わかっちゃいますが、まだまだ老け込まないために、ムキムキ頑張ります(笑)

三寒四温

February 20 [Mon], 2017, 19:55
「寒い日が3日続き、暖かい日が4日訪れる。その繰り返し。春先の気候」。それが『三寒四温』。
寒冷の帯というのは扇風機の羽のようになっていて、北極を中心にぐるぐる左回りに回ると。
冷たい空気の帯が抜けるのに3日かかり、今度は暖かい日が4日続く。するとまた次の寒冷の羽がやって来て、3日はその空気の元にさらされる。春先の気候というのは、そんな仕組みのようです。
今日は夕方から雨となった東京地方。それでもダウンジャケットだと汗ばむくらいに暖かい。
でも油断してるとまた寒くなるので、ご注意を!
ボクは花粉症ではないのですが、最近たまに目頭がギュッと痛かゆくなることが。「それ、花粉症だから」とツッ込まないで下さいね(笑)。デビューしないためには思い込みも必要みたいです。
何はともあれ、春はもうすぐそこまで来ているようです(^-^)

日曜の穴馬

February 19 [Sun], 2017, 9:28
土曜の推奨馬はよく頑張ってくれました!
ところが…です。またまた肝心のところでちょいズレ(苦笑)。極めつけは京都最終を買わなかった、いや、買えなかったことかな…。
でも、REXSの受講生のみなさんが楽しんで下さったから“良し”としないと。
なんて、最近この言葉がずっと言い訳になってる気がする…(笑)。
ちなみに先週のWIN5は京都記念のサトノクラウンだけハズしました(T_T)。間違えてないんだから、今日は見事にズバリ的中といきたいところです。
それでは日曜の気になる馬たちです!


東京11R
フェブラリーS
15ケイティブレイブ
過去10年のデータを見ると、12番より外の馬が7勝。芝を走る距離が長いだけでなく、“外枠有利”の何かがありそう。
7枠2頭の末脚を穴に見ようかとも思ったが、連対20頭のすべてにある重賞勝ちの勲章がない。
このレース、イメージ以上に前々の競馬が良く、ならば人気の1頭3ゴールドドリームを兵庫CSで突き放した15ケイティブレイブの先行力に期待してみたい。
広い府中のダートなら、距離短縮もきっと大丈夫。ホッコータルマエでダートの大舞台を経験してきた、幸騎手の手綱もプラスに働くはず。
どの馬にも長所と短所がある。上がり目のある、この4歳馬がアッと言わせないか。


東京8R
2サウンドメモリー
典型的な左回り巧者。この後は中山に舞台を移すだけに、ここで結果を残したい。
決め手に欠く分、単は疑問も、少頭数なら馬券圏内に食い込みやすそう。
ここも人気馬に死角が多い。穴馬同士の馬券も買いたいところ。


東京10R
アメジストS
14ミエノワンダー
ブリンカーを着用した前走が、7着も0秒2差。明らかに効果があった。
ベテランの域に入ってきたが、3年前のこのレースの覇者。この馬の3着狙いで、馬券は攻める。


東京12R
大島特別
8チェリーサマー
近走好走の馬が多く、人気下位の馬に妙味がたっぷり。
4ヒドゥンブレイド、16オニノシタブルなども同様。穴党にはたまらないレースかも。


小倉11R
小倉大賞典
4コスモソーンパーク
ずっと堅実さが光っていたが、最近は馬券圏内も厳しくなっていた。
ところが、前走ブリンカーを着けて、「行きっぷりが戻った」と陣営。
小倉大賞典は『ハンデ55キロ以上の、内枠の先行馬』がキーワード。重賞3着以内も欲しいが、4コスモソーンパークは、それらを満たす1頭。
過去10年、毎年6番人気以下の馬が、必ず1頭連に絡んできた。前走58キロから55キロと、大幅な斤量減も味方しそうで、波乱を呼ぶのは小倉巧者のこの馬と見た。


小倉12R
紫川特別
12スカイパッション
小倉芝1200mは〔1200〕と連対パーフェクト。
近2走、上がり最速の末脚を駆使しており、混戦を断つに、信頼足りうるのはこういう終いの脚。枠も絶好の“真ん中やや外め”だ。

good luck!

土曜の穴馬

February 18 [Sat], 2017, 12:33
JRAは異動の季節。
お世話になったみなさんが、別の場所に行ってしまうのは寂しい限りです。
大体、2〜3年で替わるんですよね。仲良くなり過ぎないための施策。某国営放送と一緒です。
卒業や入学より、ひと足早い、別れの季節です。
それでは土曜の気になる馬たちです!


京都11R
京都牝馬S
5エテルナミノル
連勝の勢いで臨んだ、前走のターコイズSは7着。それでも勝ち馬とは0秒5、人気の1頭になりそうな2アットザシーサイドとは0秒1しか違わない。
京都の芝は〔2100〕と滅法走る。初の1400mも、エンパイアメーカー×フジキセキなら、距離短縮がいいほうに出ないか。
もう1頭、絶好調の15ワンスインナムーンも。


京都12R
1スランジバール
京都ダ1800mは逃げ、先行馬だが、これだけ行きたい馬が揃えば、さすがにペースは速くなるはず。
狙いは追い込み馬の1スランジバールだ。“ハマれば”の注文付きだが、狙う価値はある。
同様に、12ウェーブキングも差し脚が活かせそう。昇級後の2戦は『着順ではなく着差で見よ』だ。


東京11R
ダイヤモンドS
4ラブラドライト
レース名の如く、毎年1、2番人気の少なくとも一方が連に絡むマラソン重賞。
今年も12アルバートで軸は堅そうだが、相手、特に3着に軽ハンデの伏兵が来る。狙ったのは4ラブラドライトだ。
格よりステイヤー資質。万葉S2着から、51キロのハンデなら。
何故かセン馬がいい長距離戦。この馬も含め、4頭のセン馬は押さえたい。


東京7R
16コスモピクシス
前走(10番人気2着)で密かに狙ったが、相手が違い、撃沈(笑)。痛い思いと共に記憶に残っていた穴馬が中1週で登場。
小柄な牝馬ゆえ、馬体重には注意だが、前々走の11着が、勝ち馬から0秒3差というのが狙った理由。まだフロック視されて、人気は無さそう。
お隣り15ムーンマジェスティも休養前2戦がそう。8枠2頭は面白い。


東京8R
14エルゼロ
3走前にブリンカーを着用し、500万を卒業。昇級後の2戦も、馬券圏内まであと一歩。目処は立っている。
ダートの中長距離戦は特異な条件。それに良績が多いのも、推せるポイントだ。


東京12R
4インストアイベント
前走初ブリンカーの効果か、5着。勝ち馬とは0秒3差だった。
乗り慣れた菊沢騎手だが、今回も前走同様、減量が利く。前進に期待したい。


小倉11R
和布刈特別
7オーバーカム
休養前は芝のレース。ダートではまだ底を見せていない。
逆に苦手な芝で、0秒2差の6着なら上々か。
逃げ、先行馬がいいレース。脚質も向く。


小倉12R
大牟田特別
5カノヤパリティ
逃げたことのある馬がいっぱい。自ずと速くなる、小回りの芝1200m戦だけに、末自慢を狙いたい。
そこで5カノヤパリティに白羽の矢。脚を溜められれば。
この馬が不発に終わっても、17フルオブスターズの末脚も怖い。
2本立てで攻める。

good luck!

パソコン教室

February 15 [Wed], 2017, 15:50
ボクも遂にパソコン教室に通うことにしました!
「今さらですか?」と笑われそうですが、そう、今さらです(笑)。
港区の『みなとふれあい館』というところで、4回の講義。マンツーマンで好きな時に受講でき、受講料は12000円(1回3000円)。プラス教材料が1080円。
シルバー人材センターのようなところなので、シニアの先生に教えてもらいます。
「おじいちゃんからパソコン習うのかぁ…」と、最初は少し抵抗もありましたが(笑)、いやいや、優しく丁寧に教えて下さいました。
何より良かったのは、杓子定規ではなく、多少はパソコンをいじってるボクに合わせ、進む速度はそれなりに。2回目の講座分まで、1回で終わらせてくれました。
原稿をパソコンで打てるようになることが目標なんですよ。本が書きたいんですよね。今は原稿もガラ携ですから(笑)。
出版が叶うかどうかは先として、まずは一歩を踏み出したって感じです。
基礎の基礎を知らなかったので、「そうなんだぁ…」って、確かめながらの2時間。あっという間でした。
春にはパソコンが普通に使えるますように。時代遅れの50代(笑)。頑張ります!

バレンタインデー

February 14 [Tue], 2017, 19:31
そうでした。
縁がないから忘れてた(笑)。
電車の中でのサラリーマンの会話。
「『ほんめいです』って、ハート付きで書いてあるんだけどさ、“本名”になってるんだよね…」。
う〜ん、残念(笑)。
スマホ世代は、漢字は読めても、書けないってことですかね。
学べよ、乙女!

ぺふぺふ病

February 14 [Tue], 2017, 16:20
突然の出家・引退宣言をした、女優の清水富美加さんがエッセイ本で、自身の心の在りようを『ぺふぺふ病』と表現したと。

「それは感情に起伏がなく、これといった悩みもなく、余裕があるような、というといいように聞こえるが、ガムシャラな感じがなく、やる気が感じられず、生きている感じがしない。というと悪いように聞こえるががんばっていないわけでもなく、そして調子に乗っているわけでもなく、そう、擬音にしたら ぺふぺふしているような状況の、一種の病」。

これを読んで思ったんですよ。頑張ることがあるって、それ自体がすごいことなんだよなって。
彼女は「頑張ってない」とは言ってない。でも、結果として“行き切らなかった”。今の仕事に“行き切る”意味が見つからなかったのかもしれないけど、とにかく自らの意思で途中で降りちゃった。
でもね、行き切らなきゃわからないことって、世の中にはいっぱいあると思うんですよ。ましてや、自分の意思でその列車に乗っただろうに。
“辞めるなら、始めるな”とも言いません。ただ、撮り終えた作品がお蔵入りになるなど、周りに多大な迷惑を掛けるのはどうなんだろう?胸ときめかせ頑張った初主演作が陽の目を浴びなくなった、なんて人のことを考えたことがあるのかなぁ…。
多くのみなさんが言ってるように、彼女が彼女の人生をどう生きようがそれは自由。これも宗教批判でもなんでもないので、誤解なきよう。
でも、これから人を導いていこうというのなら、少なくとも周りに迷惑を掛けない幕引きを考えにならなかったのかなぁと思います。
「120%で!」なんて言葉は、もう死語なのでしょうか?
ボクは20%遊ぶ分、頑張ることは120%頑張る。差し引き100%(笑)。
胸張ってサボる分、頑張る時は超頑張る。その+−20%に『生きる喜び』が在るような気がするんですけどね。
あなたはどう思いますか?

日曜の穴馬

February 12 [Sun], 2017, 0:34
小倉の初日が雪で順延になってしまいました。
月曜まで、PATの残高は残しておかなきゃ(笑)。
それでは日曜の気にる馬たちです!


小倉8R
4エルノルテ
馬券圏内まであと僅かの競馬が続いているが、前走はマイルに距離を延ばしたにもかかわらず、勝ち馬から0秒5差の11着。着順ほど負けていないのに、2ケタ着順のイメージからか、かなり人気を落としている。
今回は▲坂井騎手で3キロ減。勝ち負け必至と見た。


小倉11R
門司S
13キングストーン
初ダートの前走時、キングカメハメハ産駒ということで狙って、8着。それでも、先行したその走りは悪くなかった。
小回りの小倉でブリンカーを着用して臨むとあれば、多少強引な競馬でも。もう一度追いかけてみる。


京都12R
14ツウローゼズ
格上げ2戦目となる前走は8着だが、勝ち馬からは0秒3差。
こちらも今回は▲三津谷騎手起用で3キロ減。机上の計算だと、それはひっくり返せることになる。
関西遠征の関東馬。穴の匂いがする。

good luck!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:長谷川雄啓
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
FM NACK5等でDJとして活躍中!
P R
2017年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ