<口蹄疫>エース級種牛感染疑い…避難6頭中の1頭(毎日新聞)

May 27 [Thu], 2010, 16:48
 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、国の特例措置で西都(さいと)市に避難していた「宮崎牛」のエース級種牛6頭のうち1頭に、口蹄疫に感染している疑いがあることが21日分かった。2回の遺伝子検査でいずれも陽性を示したという。県は残り5頭の扱いについて、農林水産省と協議している。

 県が避難させた種牛は「福之国(ふくのくに)」、「勝平正(かつひらまさ)」などの6頭。県は13日、ブランド保護の観点から、県家畜改良事業団(高鍋町)から北西に約24キロ離れた西都市内の簡易畜舎に避難させたが、その2日後に同事業団で感染が確認され、種牛49頭を含む308頭が殺処分された。避難して1週間の経過観察では無事だったが、その後に感染疑いが出た。

 49頭の種牛を失い、隔離された6頭は、県畜産の再興を担う一筋の光だった。仮に6頭の感染が判明すれば、宮崎牛ブランドにとって致命的な打撃となるのは必至だ。

 ◇

 農林水産省は「6頭は1頭ずつ隔離して管理していると聞いている。残り5頭を殺処分するかどうかは、隔離状況を確認したうえで、県と協議して判断したい」としている。

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に
口蹄疫:新たに疑い例処分は約13万頭に
口蹄疫:「補償内容が不透明」地元自治体が難色

味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定−金融庁
<銭湯>入浴料、据え置き報告 副知事に都対策協(毎日新聞)
ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
「Wii」海賊版ソフトを販売=容疑で53歳男逮捕―警視庁(時事通信)
体重7カ月で30グラムしか増えず 大阪・城東の女児虐待(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/t9q3mex3/archive/16
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。