若林が大中

June 02 [Thu], 2016, 0:29
出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。ただ、それ程スムーズに、再就職ができるのか、できないのかというのはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻ってくる人もよく見られます。

ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復した患者さんが退院していき、その上、後日、介護施設まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。
それから、患者さんの家族の人たちに涙ながらにお礼を言われるような時も、しみじみとやりがいを感じられます。


介護士の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、多分介護士はもう辞めたい、などと願い、悩んでしまうと思うのです。皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。
「介護士」と言えば特殊な仕事と認識されることが多いですが、他職種と同じように、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。


職業柄、ストライキをすることも介護士にとっては困難で、看護婦を雇う側がしっかりと気を配るということが最も大切です。



高給取りで知られる介護士ですが、その中にも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、Wワークをしようと思えばできるのです。



しかし、メインの方の職場でWワークを禁じていることがあったり、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。
同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。



正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。



これを単純にパートの時給とみると結構良いように思えますが、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、どうしても安く感じてしまいます。


介護士個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の介護士は介護施設で働いています。


けれど、介護士だからといって介護施設で働く必要はなく、介護施設の外でも、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で介護士として働く人は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。
どうしても介護施設でなければ働けない、ということは全くなく働ける場所は色々あり、自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。

結婚相手として介護士は人気が高いと思うのですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚が極端に分かれていると判明しました。結婚が遅くなる人に多い理由は、出会いが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。


基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みはクリニックや介護施設の勤務形態によって異なっていますから、一概には言えません。特に、3交代の勤務体系で行われていると、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも珍しくありません。

一見大変そうなシフト勤務ですが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。
職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性と出会う機会が少なく、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。
街コンにおいても、「介護士」という仕事は人気が高いです。しかし、もし、恋人同士になれたとしても、お互いの休みが合わなかったりと結果として、破局、ということもままあるようです。看護士も介護士も、読みは二つとも一緒ですが漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。
過去には看護士というと男性のことで女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。



法の改正があった2001年をきっかけとして、女性にも男性にも使うことができる介護士の呼び名に一本化されました。
最近では、より一層、介護士の数が足りなくなってきていると言えます。介護士資格を持っているけれども、介護士をやっていないというケースは少なくありません。介護士の不足の要因はというと最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。


それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。
職場の大半を女性が占めており、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。どうやら介護士の世界においては、人間関係の難しさが際立っているということも、しばしば言われるようですが、どうやら、介護士の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。日常的にそんな環境に接していると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということをわかっておけば、冷静でいられるでしょう。

もはや日本は超高齢化社会です。

病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、介護施設を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、介護士もますます忙しくなってきています。
その労働環境は厳しく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、結果として過労死を迎えてしまった介護士もいました。
きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、介護士の需要はうなぎのぼりとなっており、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。

介護士が働ける場所というのは介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。



どういったところかというと、グループホームという介護施設です。
こういったところでも介護士の働けるところは十分にあります。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、気を付けて接する必要があります。

介護方面に興味のある介護士は職場としてグループホームを選ぶということも考えてみると良いでしょう。


介護士の勉強をするための学校には一般的に二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。
それに対して、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習に多くの時間を割き、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。止まらない少子高齢化の影響。介護施設などの介護の現場で働く人々がより多く輩出されなければならなくなるでしょう。そういった理由で現時点で介護士不足の状態なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。受験資格を得て、合格後、介護士として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。

大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。

その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。

加えて、学費の面についても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。

注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。
普通、好んで注射をされに行くような人は稀なタイプだと思いますが、注射の必要があるのならば、ベテラン介護士に注射してもらいたいですよね。
ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、注射が得意な人と不得意な人がいますから、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。収入の話になりますが、介護士という職業は、様々な他職業と比べても、けっこう良い給料をもらうことができます。



特殊な、介護現場という場所での労働ですし、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もきっちりもらえるから、ということです。

夜勤を通常より多く入れている人ですとか残業を厭わずに長時間こなすといった介護士の場合、そうでない人たちより高めになります。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、忙しさのあまりに介護士の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。
けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。



そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分自身の身体や健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。他業界の労働者と介護士を収入の面で比較してみると、年間を通した平均収入の額ですとはっきりと、介護士の方が額は大きいのです。
介護に関わる職場において需要が途切れることなくあります。そのため、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような大きなメリットがあるといえます。ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。夜勤を含めた交代勤務が必須などハードな仕事を強いられる介護士でも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。
担当の患者の状態や処置についてを理解して、責任を持って申し送りをする介護士に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。伝言程度で終わるケースも少なくないですが、介護的に重要な処置等に関しての申し送りは間違いがないよう、慎重になる必要があります。介護従事者という意味では、介護士には喫煙者が少ない気がしますが、印象通り、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。



介護士は病気の患者と接しますから、煙草の臭いを漂わせまいと意識的に禁煙している人が多い職業であるということが想像できますね。


看護のスペシャリスト、介護士になろうとする場合、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護士という肩書きを得ます。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、たやすい部類に入るのではないでしょうか。介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護大学や学部の人気が高まっているようです。
私の勤め先は介護施設の事務です。通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、いつでも皆さん忙しくされています。
夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。



けれど、私の心配とは無縁に、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、自分の子供と一緒に参加している介護士さんが少なくないんですよね。参加されていた先生方からも歓迎されていて穏やかな雰囲気でよかったです。正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必要不可欠になります。
介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校受験のための予備校も人気があるのです。正介護士の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、看護学校が行っている通信教育課程がいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。男性も増えてはきたのですが、まだまだ介護士として働くのは女の人が多いので、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、その結果、離職率が高い割合を示しています。それから、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。
もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。
介護施設の統廃合続きにより、介護士の不足が浮き彫りとなっています。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も行い、介護士の大半は激務をこなしているのが実情です。


徐々に男性介護士も増加していますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、精神的に疲れてしまったり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも納得できる話でしょう。

介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。
介護士国家試験の受験生の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。試験内容も、学校でしっかりと勉強していれば難なく合格できるものですから、それほど厳しい資格ということも無いようですね。
介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、意義の感じられる仕事です。

病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、介護士も介護施設に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。
夜勤のある仕事ではどうしても、生活リズムを上手にコントロールできなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayato
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t8tnrrpioma2ac/index1_0.rdf