<日弁連>「第三者委」でガイドライン(毎日新聞)

February 26 [Fri], 2010, 4:32
 企業や自治体が不祥事を受けて外部有識者で設置する「第三者委員会」の運用について、日本弁護士連合会(日弁連)が今春にもガイドラインを策定する。弁護士が委員になるケースが多いのに、調査結果がお手盛りで事実に即していなかったり、公表すらしない事例もあるためで、正確な情報開示の徹底を呼びかける。

 調査対象からの独立性を保つ▽報告書は原則公開し、説明責任を果たす▽調査方針を明確にし、組織の体質に踏み込む、などを盛り込む方針。策定に携わる国広正弁護士(第二東京弁護士会)は「第三者委を正常に機能させ、健全な市場と社会を築くべきだ」と話している。【鳴海崇】

【関連ニュース】
水俣病:第三者委で判定 国が提案、患者会側は前向き
御前崎港のクレーン故障:復旧、最短でも4月末 県、第三者委発足へ 
<年金の第三者委員会>

【Web】ネット署名 社会に届け(産経新聞)
全面禁煙は「今月通知」=閣議後会見で長妻厚労相(時事通信)
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
京成千葉線で男性飛び込み死亡、1800人に影響(読売新聞)
「セクシー系」アプリ続々削除 アップルに開発者がブーイング(J-CASTニュース)
  • URL:http://yaplog.jp/t8t3hust/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。