レノで小松

August 08 [Mon], 2016, 14:46
一般的に言って、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に減っていくものです。これが示すことは、成長期の終わりとともに代謝量の安定が訪れたことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、それまでの数値よりだんだんと低下しているからです。
中年に差し掛かると太りやすい身体になっていくのはこういう理由があるのです。ダイエットに効率的な運動といえば、ウォーキングです。とにかく痩せるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なので消費した熱量が多いジョギングやエアロビやジョギングなどの運動が推奨です。併せて、体を引き締めてかっこいいラインを作るためには筋肉を鍛えるのもおすすめです。有酸素運動は短くても20分は運動しないと結果がでないとされてきましたが、今は、休まず運動しなくても20分より長く運動していてばききめがあるといわれています。
と同時に、筋トレのほとんどは呼吸をほとんど止めた状態の運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことでそれぞれの効果をアップすることが良い結果を生むはずです。ダイエットにはいろんな方法がありますが、基本的には運動と食事がもっとも大事だと思います。

運動と食事制限を同時にやると一段と効果的となるので、毎日何かトレーニングなどを行えばなおいいですね。
スポーツジムを利用するのもいいですし、もしそれがムリだという人は自分でトレーニングやジョギングを行うように心がけていきましょう。

これを食べれば必ずダイエットできるという食べ物は存在しません。
ただし、カロリーが低いものとか、食物繊維を多く含有していて、お通じを楽にしてくれるものはダイエット効果という意味では有効ですよね。

野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重が増えにくくなるでしょう。


また、カロリーの高い食べ物を制限しなければなりません。
呼吸に気を付けてお腹からするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。体をキュッとさせるストレッチとしては大きく呼吸しながら肩甲骨を動かすことが効果的だと聞きました。

肩こりにも有効なのですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。
この時に息を吐くと同時に肩甲骨を縮めるイメージです。
ダイエットには有酸素運動が無理なく出来るので、イチ押しです。踏み台昇降を家の中で私はしています。これを長く続けると、心臓が激しく鼓動しますし、膝の上下の筋肉も使うので、思ったよりもずっとクタクタになります。

これはテレビを観ながらでもできるのがポイントですが、ダイエットにすごく効果がありました。



基礎代謝量をあげるためには有酸素運動を日常に取り入れるのがよいといいます。簡単に取り組めて効果もあげやすいのはウォーキングだといわれています。



もちろん、ただだらだらと歩くだけでは基礎代謝の向上にはつながりません。下腹部にぐっと力をこめるようにして、顎を引きながら前を向くなどして、筋肉を使いながら歩くことを意識しながらつづけることで、ウォーキングの効果があげることができます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t8rea9nrsaautc/index1_0.rdf