女子の悦びは女性としての力によって彼のハートを全てあなたのモノにする事

February 28 [Tue], 2017, 11:59
オトコの感覚にはないオンナっぽい力として均整の取れたスタイル以外の部分で注目される性質が、身のこなしが思いつきます。

使い方でピュアなふりだと同性たちからは嫌がられる事もありますが、しかし、事実男たちはメディアで認識されているよりぶりっこな女性を避けたがっている様子は無さそうです。

真っすぐな自分を見せられていない貴方だとしても女性の喜びに気付いてて欲しいと考えるから、女らしい特徴を役立たせて目線攻撃で相手をじっと見つめてみる事でいつもには無いオーラの違うオーラで男性の気持ちを今までよりはっきりと手中に収めて欲しいと思います。

そこからはそれまでからは想像できない女性として生きることへの悦びが約束されています。

結婚は条件などなく愛情が失せない人と人生を共に歩むことである

February 21 [Tue], 2017, 13:32
ゆずれない結婚条件というのは性別によって異なる捉え方があって、加えて個々人で違う結婚観を持っていると考えられます。結婚に甘い幻想を持っている女性が知れば少し知りたくない話になってしまう話かもしれないですが、実情と向き合うことによってちゃんと結婚観というものというものに対して向き合うことが大切です。

何をがんばったら噛み合わない結婚観を持つ人と順調に生活することができるのか?同じ結婚に対する考え方のパートナーと出会えれば問題ないのですがそれはほぼ不可能ですので、自分自身の思い描いている結婚に対する考え方を一歩譲ってみましょう。

リアルは理想には差があるということを理解するということこそが欠かせないのです。結婚観は十人十色です。あなたかパートナーかが退くのが大事となるから衝突するより前にあなた自身が肩の力を抜いて彼に余裕を持った状態で話し合いをしましょう。

あなたがとなりにいることが心地良いと感じるようになっていけばきっとあなたたち二人が考える結婚への価値観が共通してくるでしょう。

性別が異なるお友達といえる人はいますか?性別が異なる人とでの親友はOK?成立しない?

February 14 [Tue], 2017, 17:37
双方が特別な感情というものを全然感じてない状態でなければ成り立たないものが異なる性別の人との友人関係だと考えます。偶然の話から一方が恋心を抱いてしまうかもしれないのが男性と女性なのです。

男性と女性であると考えることなく『遊び仲間』ということを続けていくということはあっていいだろうかということは昔も最近も題となるます。基本、今どきの「フレンドシップ」は多様なものなのです。

SNSは気軽に仲良くなれる【顔は知らないけれど友情関係】というような結びつきさえも登場しています。友人関係の意味の領域が膨らむことで、友情の意味をもっとあやふやなものになっているでしょう。

男と女においての友人関係ができるのかどうか、そういうテーマで結果という形を導く前に、婚姻関係の人、好きな人である大切な人はどんな風に感じるのかと理解して二人が配慮するハートを伝えて、男女親友の関係を構築していく思いやりが必要なことなのです。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t8nf3jp5/index1_0.rdf