カモメが「双陀はずみ車」が出

September 29 [Mon], 2014, 15:02
先日天津カモメ時計グループの開発に成功したスーパー複雑技術「双陀はずみ車」表、積極的に国際ハイエンドの機械式時計市場競争。
カモメ時計グループロレックスコピー会社開発の「ツイン陀はずみ車」を持つ同時に偏心(表も非同軸式、すなわち摆轮のセンターと陀はずみ車の構造の中心と軸に)、同軸(つまり摆轮のセンターと陀はずみ車の構造の中心は同一軸上)の2種類と構造のない陀フライホイール、反省の精度や工芸美学など新たな飛躍を実現した、単一の技術で世界と機械時計業界大物時計並みを占拠し、ハイエンド複雑機械表金市場の時機と国際フロンティアから、世界の有名なブランドと競技。
聞くところによると、この表は9月6日に開幕した「香港ジュエリー時計展」で公開され、「カモメ表示せ」として世界の名品機械式時計のユニークな魅力。
2003年1月、カモメはグループの開エルメス 財布 コピー発を自主知的所有権を持つ「陀はずみ車」の時計、国内外大事な時計の展覧会に注目され、注文がしきりに。今の時点で、販売台数は6000羽以上で、その中、5000だけ輸出ロシア、日本、アメリカ、ドイツ。また、「陀はずみ車」で時計を競売でも良好な業績を得た。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/t7ghsgfuvg/index1_0.rdf