開業と商品在庫

January 10 [Thu], 2013, 21:46
最近では、ネットが普及し、ネットショップも増えつつあるんです。
買うだけではなくネットショップ(できれね、レビューなどがたくさんあって、評判の良いところを利用するといいですね)の開業をかんがえている方も多いのではないでしょうか。

ネットショップ(良心的な店も多いですが、詐欺まがいの悪質な店もあります)の在庫の事に関して解説してみて下さいね。

ネットショップ(最近では、趣味や特技を活かして、手軽に開業することも可能になってきていますね)よりも気軽に開店出来るドロップシッピングと言うものがあるようです。
インターネット(使いこなせるようになるまでには、それなりの勉強が必要になります)ビジネスの新しい手法として注目されている「ドロップシッピング」。
ドロップシッピングとは、商品の在庫を持たずに商品を売ることができるという、ネットショップ(良心的な店も多いですが、詐欺まがいの悪質な店もあります)の経営方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)の一つです。

在庫ゼロで取り引きができるのならね、商品の仕入れ(会計上の勘定科目の一つで、日常の仕訳では「仕入」、損益計算書では「仕入高」になります)費用や在庫の保管場所も必要ありませんし、仕入れ(会計上の勘定科目の一つで、日常の仕訳では「仕入」、損益計算書では「仕入高」になります)や在庫の管理、商品の発送をする手間を省略する事が出来ます。ちょっと考えたのみでも、非常に簡単ですよね。

ではドロップシッピングのしくみというのは一体どうなっているのだと思いますか。
ドロップシッピングとは、英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)に訳すと直送と言う意味です。
どんなことかと言えね、お客様からの注文を受注したら、商品メーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)が商品を直接お客様に発送すると言うシステムの事を言うんです。

ショップ(最近では、実店舗だけでなく、ネット上の店舗も増えています)経営者は貴方のサイトで注文を受け、それを商品のメーカー(不良品などの問題が発生したら、製品を回収しなくてはいけませんよね)に発注するのみです。
簡単に言ってしまうとウェブの委託販売と言ったところでしょうか。

最大の特徴は、見てご存じ、在庫を持たなくても良いことです。
これは本当に簡単でベンリですよね。
それにメーカーから届く商品は、ご自分のショップ(最近では、実店舗だけでなく、ネット上の店舗も増えています)の名義で発送されるのですので、お客様から見れば、メーカーから直接届いたのではなくて、ご自身のショップ(最近では、実店舗だけでなく、ネット上の店舗も増えています)から買ったと思っていただけるになるんです。
商品がゼロだったとしても、オーナーとして自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)に販売できるのが一番特徴的だといえると思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かずきoq27
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t7btvk0y/index1_0.rdf