対戦車用ミサイル 土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)

April 24 [Sat], 2010, 23:10
 22日午後2時ごろ、群馬県高崎市の陸上自衛隊吉井弾薬支処で、隊員が対戦車用ミサイル「79式対舟艇対戦車誘導弾」(全長157センチ、直径15センチ、重さ33キロ)を点検中、突然ミサイルが発射し、施設の壁を突き破って約5メートル先の土手にぶつかった。ミサイルはさく裂せず、隊員にけがはなかった。外部への影響もないという。陸自などが誤発射の原因を調べている。

【写真で見る日本の軍事力】陸上自衛隊:富士総合火力演習

 防衛省陸上幕僚監部によると、このミサイルは戦車や船などを標的に使われる。正常に作動するかどうかを点検するため、隊員2人が保管用の容器から取り出して作業していたところ、1発が突然、飛んだという。加速度などが足りなかったため爆発しなかったとみられる。

 本来、発射の際には筒状の装置に入れて通電させるが、電流が過大に流れると、本体だけでも飛ぶことがあるという。陸自トップの火箱芳文・陸上幕僚長は22日の会見で「極めて不適切。大変申し訳ない」と陳謝した。

 現場はJR高崎駅から約5.5キロ離れた農村地域。消防車両やパトカー、ヘリコプターなどが集まり騒然となった。近くに住む女性(76)は「40年以上住んでいるが、これまで危ないと思ったことはなかった。実際に事故が起きると怖い」。男性(70)は「遠くで銃を撃つような音には慣れているが、今日は少し大きい音がしたので、変だなと感じた」と話した。【樋岡徹也、角田直哉】

【関連ニュース】
【自衛隊と事故】護衛艦衝突:「くらま」、関門海峡で貨物船と
ボックス60:1967(昭和42)年4月21日 佐藤栄作首相が武器輸出三原則
【こちらは国産ロケット】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
ミサイル防衛:PAC3芦屋配備反対 住民が町に要請書 /福岡

Kiss−FM前社長「エフエム東京主導の株主総会は無効」(産経新聞)
<特養老人ホーム>個室面積の最低基準緩和 施設建設推進で(毎日新聞)
全国学力テスト 4回目開始 今回から3割の抽出方式に(毎日新聞)
初代つばさラストラン 国内初の“ミニ新幹線”(産経新聞)
福井県の女性滑落死=北ア・鹿島槍ケ岳−長野県警(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/t75r45wo/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。