女子高生刺傷 保護者ら「いったい何が…」高校で保護者会(産経新聞) 

June 18 [Fri], 2010, 23:44
 生徒が授業中に同級生に刺される事件が起きた私立清心女子高校(横浜市港北区)は16日、保護者会を開いて事件について説明し、「情報収集中で詳細は分からないが、原因究明を図り再発防止に務める」と謝罪した。同校を訪れた保護者らは「いったい何があったのか」と、動揺を隠せない様子で門をくぐった。

  [フォト]保護者に守られながら集団下校する生徒たち

 保護者会に来た生徒の母親の一人は、「事件を聞いて驚いた。子供が同じクラスなので…」と困惑した表情を見せた。別の保護者の女性は「別学年だが、昨日、娘からの電話で事件を知った。何があったのか(学校側の)説明を聞きたい」と顔をこわばらせた。

 保護者会後に会見した永野多嘉子校長は「『加害者になった生徒がため込んでいた気持ちを、発信できる相手が誰かいてあげればよかったのでは』との意見が同じクラスの保護者からあった」と述べた。

 事件の原因の一つとして、逮捕された生徒と被害を受けた生徒が入学後に席が隣同士で、席替え後も再び隣の席になったことが指摘されている。加害生徒から再度の席替えの要望があったが、永野校長は「担任は少し時間を置くということをクラスで話していた」と当時の対応を話した。

 また、刺された生徒が治療を受けている病院を訪れ、被害生徒の保護者と会った担任教諭から「(被害生徒の保護者は)安全であるべき学校で、このようなことが起きてしまったことについて怒りが収まらないようだ」との報告を受けたことも明かした。

 学校では、生徒の心のケアのため、週1度のスクールカウンセリングのカウンセラーを増員することも検討。17日には全校集会を開いて命の大切さや被害生徒の状態を永野校長が伝えるという。全校集会後には各クラスでホームルームを開いて生徒を帰宅させ、18日も自宅学習とするという。

【関連記事】
凶器は13日に購入、計画的犯行か 無言でいきなり刺す
刺された女子高生は重体 横浜市
「日ごろからうるさいと思っていた」逮捕の同級生が供述
決まった高校「行きたくない」、幾度も母親の腹刺す 15歳逮捕
アーチェリー場高2死亡事故、同級生を書類送検 「ごめんね」繰り返す

亀井氏が閣僚辞任へ(時事通信)
帰宅中の女子高生、男に刺され重傷…愛知・一宮(読売新聞)
質店強盗容疑で男逮捕=「宿代なく困る」―警視庁(時事通信)
枚方市老人クラブ連合会、使途不明590万円(産経新聞)
建築資材会社社長を逮捕=6億円所得隠し―東京地検(時事通信)