<殺人未遂裁判>被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に(毎日新聞)

June 07 [Mon], 2010, 19:30
 東京都内のホームセンターで昨年、女性を包丁で刺したとして殺人未遂罪に問われた住所不定、無職、金子正幸被告(40)の裁判員裁判の初公判が31日、東京地裁(若園敦雄裁判長)であった。公判前には起訴内容を認めていた被告が突然「やっていない。おれは金子じゃない」と主張、弁護側が公判停止を求めて却下される異例の展開となった。次回1日に新たに証人尋問が行われる見通しとなったが、若園裁判長は予定通り2日に判決を言い渡すと説明した。

 金子被告は起訴前の精神鑑定で責任能力が認められ、被害者への手紙で「多大なご迷惑をおかけしてすみません」と謝罪。公判前整理手続きで情状に争点が絞られた。

 公判前整理手続き後に新たな証拠調べを請求することは「やむを得ない理由」がない限り認められないが、被告が否認に転じたことから、検察側は被告が犯人であることや責任能力を立証するため、1日の公判で東京拘置所職員の証人尋問などを請求する。裁判の日数自体には影響しない見通し。

 起訴状によると、金子被告は東京都葛飾区のホームセンターで昨年5月、買い物中の女性(当時53歳)の背中を包丁で刺し、全治1週間のけがをさせたとされる。【長野宏美、伊藤直孝】

【関連ニュース】
傷害:米兵の子供起訴 道路のロープで女性重傷 東京地検
裁判員裁判:起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期
女児殺人未遂:「子どもを殺したかった」玉置容疑者が供述
通り魔:8歳女児刺され重傷 殺人未遂容疑で女逮捕…大阪
殺人未遂容疑:娘の友人の女児刺す 42歳女逮捕 大阪

横浜の弁護士が事務所内で刺され重傷 30歳くらいの男が逃走か(産経新聞)
夏場所でも住吉会系組長が大相撲観戦 (産経新聞)
首相は続投を=岡田外相(時事通信)
民主代表選 菅氏、3日夕に出馬会見 対立候補探る動き(毎日新聞)
小田急電鉄に慰謝料要求 アルバイトの男を恐喝未遂で逮捕(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/t752ajo4/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。