統(おさむ)の北川悠仁

April 22 [Fri], 2016, 18:14
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費を覚悟しましょう。



もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によってかなり料金は異なります。



また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。


歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。



ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Anri
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t6eras6ipefnnp/index1_0.rdf