桜田門外の変 150年の和解法要…水戸、彦根市長が参列(毎日新聞)

March 31 [Wed], 2010, 19:35
 幕末動乱期の1860年、大老・井伊直弼が尊皇攘夷(じょうい)派の水戸浪士らに暗殺された「桜田門外の変」で、直弼公の命日にあたる28日、墓のある東京都世田谷区の豪徳寺で百五十回忌法要が営まれた。「歴史的なわだかまりを乗り越えたい」という井伊家十八代当主、井伊直岳・彦根城博物館館長の呼びかけで、水戸藩士と井伊家の地元を代表し、加藤浩一水戸市長と獅山向洋滋賀県彦根市長も初めて参列、両市の友好を誓った。

【関連ニュース】
全国古式砲術鉄砲サミット:ひこどん、彦根市長を訪問しPR /滋賀

京浜東北・宇都宮・高崎線運転見合わせ…人身事故(読売新聞)
国民新党が参院選で作曲家の敏いとう氏を擁立(産経新聞)
離任式 岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)
足利事件再審 裁判長が菅家さんに謝罪(産経新聞)
[スギヒラタケ]強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大
  • URL:http://yaplog.jp/t69wrc0n/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。