一審の裁判員判決を破棄=被害者女性との示談考慮―東京高裁(時事通信)

May 31 [Mon], 2010, 21:46
 一審が裁判員裁判だった強盗強姦(ごうかん)事件の控訴審判決で、東京高裁(中山隆夫裁判長)は26日、「一審判決後に被害者女性と示談するなど有利な事情がある」として、懲役13年だった一審判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。裁判員裁判の判決が控訴審で破棄されるのは初めてとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か
父殺害の男に懲役7年=「障害が影響」裁判員判決

郵政法案を可決=衆院委(時事通信)
【知の先端】奈良先端科学技術大学院大学教授・高橋淑子さん(産経新聞)
気象警報・注意報、発表きめ細かく…TVなど困惑(読売新聞)
和歌山「正論」懇話会 木村汎氏講演「北方領土、正当性主張を」(産経新聞)
営業損益7.2億円の黒字に転換、原価率が改善―ジャパンケア3月期連結(医療介護CBニュース)
  • URL:http://yaplog.jp/t69wrc0n/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。