人の物を勝手に売ってはいけないという自省

March 24 [Thu], 2016, 17:21
 お金の換気をよくする結果、コーデ組合せから始めようと考え、マイホームからサクサク物を減らしていう俺ですが今どきとうとう自分の所有するものが入り用最低限になり、捨てるものが底をついてきました。

そこで目につくのが彼氏のクローゼットからあふれ掛かる衣服、ホビーの釣り機具などです。
片づけのチェンジが入っている俺はなかなか投げ棄てたくなり、人のものは捨ててはならないとある小説にも書いてありましたが、ひそひそ釣りの小説を古本屋へ出しました。

見通し1年頃はそれらの小説を読んでいないことを知っていたからです。
但し、あろうことかそういったときに限って彼氏に小説が無くなったことがばれてしまったのです。

さすがに売ったとは言えず、「おや、あれれね、エリアとるから捨てた」と言うと当然ぶち切れし、その日は遅くまで帰ってきませんでした。

人のものに手立てをだしたことを悔恨し、これからは何があっても勝手に処分してはいけないなと内省しました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:借りれる消費者きんゆう
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる