かずみのきよし

October 24 [Mon], 2016, 12:14
昔から、毛を増やすためにいいといわれている食べ物がありますね。それは海の中で生えている様子からか、海藻は髪を育てるといわれています。毛髪のタンパク源となる大豆、色素などの元となる緑黄色野菜、あの色艶からか、青魚も育毛に良いとされてきました。血のめぐりを良くするためには、唐辛子も育毛に良いとして、たくさんの人がその効果を言い伝えてきました。あくまでも食材なので、集中的に摂るものではなく、特定の食材に偏らず、栄養をバランスよく摂れるよう注意を払っていきましょう。偏った食生活は、抜け毛を増えてしまったら大変です。
髪を健康にしていくためには、頭皮をほぐしてみてはどうでしょうか。頭を指圧することで血行が良くなると、髪が求めていた養分が頭髪全体に行き渡るでしょう。頭皮は繊細なので、爪の先が当たらないようにして丁寧に指先を使ってマッサージしてみましょう。ガシガシと乱雑に行ってしまうと、逆に良くないので、あらかじめ、注意しておくことが大切です。
東洋医学で頻繁に目にするツボの中には、髪を元気にしてくれるという便利なツボもあるといいます。お風呂やお部屋で頭のマッサージをする際に、そういったツボを刺激してみてはいかがでしょうか?単にツボに刺激を与えてみてもすぐに目に見えるような変化が現れるのかというと、そうではありません。そんなスピードで髪が健康になるなら、薄毛で悩む人なんていなくなるはずですもんね。
健康な髪のために必要な栄養素には亜鉛があります。とはいえ、育毛のために食べ物に含まれる亜鉛を摂取しようとしても、体内への吸収が高くないため、比較的困難でしょう。亜鉛を含むものを食べることはもちろんですが、加工食品の中には亜鉛の吸収を妨げるものもありますので、避けて食べなければなりません。しっかりした髪の毛を目指すのなら、亜鉛の摂り方はサプリなどが確実です。
薬を使った育毛を実践する方も多くなってきました。その中でも、育毛効果と表示されているものには、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、どちらにしろ副作用というリスクを抱えています。コスト面を重視しすぎ、医師の処方は必要ないと勝手に思い込み、ネットで見かける個人輸入を使うと、場合によっては偽物を入手してしまうことも私の知っている限りでは存在しています。
育毛の悩みというと体質や遺伝がまっさきに浮かぶかもしれませんが、実は、栄養不足や偏りが薄毛を招いているという後天的なケースも多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。栄養が不十分な食事も一時的なら構わないでしょう。しかし継続的に栄養や微量元素が足りない状態を続けると地肌の健康が維持できず、自然の発毛サイクルも阻害され、抜け毛が増え、髪全体のボリュームが失われてきます。外食の多い方はもちろんですが、マーケットの惣菜などの出番が多い方は野菜の付け合わせがあっても少量だったりするので、注意が必要です。温めるだけのレトルト食品、菓子パン、調理パン、スナック菓子などを多く食べる方も食生活を見なおす必要があるでしょう。髪や地肌のための栄養をバランスよくとるよう心がけましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Taichi
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる