光ちゃんがまきりん

September 22 [Thu], 2016, 19:28
女の子が憧れることが多い看護師になるためには、一般的に二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習をすることに重きを置いているので実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、平均収入ならはっきりと、看護師の方が額は大きいのです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく常に需要が高い傾向が見られますから、景気に関係なく、収入が安定しているといった専門職らしい長所もあるのでした。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。高い階級から言うと、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。実際に階級を上げるためには、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが大切なようです。もちろん、階級が上がればその分、高収入になる事は間違いないでしょう。一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンを組むことを考えている際、大体の場合、スムーズに審査を通ります。とは言え、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には必ずしもそうであるとは言えません。ローンを組むことが容易なのは正規の職員として雇用されている安定している看護師に限って言えることであり、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。毎日、看護師として頑張っている中、大変な目にあったりもします。楽ができる病棟はどこだろう、と真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。ですが、どういった病院か、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。あまり一般的ではないかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園があることを知っていますか?職場が保育園となると、子供好きの看護師には、おススメの職場だと言えますね。保育園でどのような仕事をするかと言うと、看護師として子どもたちの健康をケアしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする大切なものです。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういったところは高い確率で土日は休めるようになっているでしょう。数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが必要になります。女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。ノーメイクとも違いますから、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも仕事の一つです。急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、スタッフの数が少ない夜間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、目が回るほど忙しい日もあるでしょう。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、それを活用できるポジションにつくことができるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般の会社組織においては課長職に近いものです。課長職といっても年収も大企業と中小企業で変わることから分かるように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、およそ750万円程度だと推測できます。看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなどと、言われることは多いですが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。日常的にそんな環境に接しているとあまり良い気分もしないでしょうが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。普通、注射や採血は看護師が行うものです。注射されるのが好き、なんていうタイプは少ないと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、上手な看護師にしてもらいたいのが人情でしょう。でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、特に大病院や、人気の診療科などがあると大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。けれども、ここ数年の間に少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。ちょっと前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、昨今は男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴介助等、力仕事も少なからずあるので女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大変多いようです。結婚、出産、そして育児がスタートしたらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかし最近になって、子育てが済んだということでまた看護師となって復職を果たすという、そういった人が少しずつ増え始めています。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、時間通りに帰れないということはよくあるのです。ですが、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。直前まで愚痴を言っていてもすぐに笑顔になれるので、看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く看護師にしてみるとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。なので、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方もかなりの割合で存在しています。看護師として働いて、もう数年になります。それで、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。さて、看護師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、それだけでなく自分自身の身体のことも異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、結構、融通の利く部分があります。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、小さな子供がいる人でもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、なんとか対応していける主な理由は、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。看護師は比較的高給のイメージがあります。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて高収入を続けやすいことが目立ちます。景気に左右されないのも強みでしょう。このような高給で安定した職場という面では人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。そういった、看護師を養成する学校は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護大学や学部の人気が高まっているようです。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで医学的な英会話ができる事が最低条件になります。海外で看護師として活躍したいのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。同じ病院に長く勤務していると出世していきます。例えば、婦長といったら分かりやすい役職ですが、他にも役職があるのです。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が珍しくなくなってきましたから、資格を持った正看護師という地位もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。ただし、そうしてうまく、出戻りがしやすいかどうかというのはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。こうしたケースは、実際にとても多いようです。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。夜勤で体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意点ですが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも結果的に給料が減ることがほぼ確実なのです。例え年収が下がったとしても、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。職場を変わられるときには看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、注意すべきことがあります。注意すべきこと、それは履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をどのように記入するかです。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。
  • URL:http://yaplog.jp/t5dofihtueihes/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココナ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t5dofihtueihes/index1_0.rdf