アセットアロケーションに関する知識

December 28 [Sat], 2013, 15:48

【解説】アセットアロケーションに関する知識。アセットアロケーション(投資配分)は一回決定したからといって終了ではないのです。完成したアセット(資産)アロケーション(配分)の運用状態をいつも点検し続けることが必要なのです。
タンス預金やってるの?物価が高くなっている局面では、上昇した分現金はお金としての価値が目減りすることを知っておこう。暮らしに必要のない資金は、ぜひとも安全なうえ金利が付く商品に資金を移した方がよいだろう。
必要な運用コストは0.1〜1%くらいだから、インデックスファンド(商品価格、商品指数などの指数(インデックス)に連動)を含めて一般的な投信の運用コストと比較すると低く定められており、投資商品として長期の投資に申し分ない商品とされています。
つまり安定的であるうえに活発な他には例が無い金融システムを構築するには、民間金融機関や金融グループとともに行政が双方の解決するべき問題に積極的に取り組まなければだめだ。
【投資の前に】資産配分:許容してもよいと考えているリスクの幅に合わせて投入できる投資資金を市場や変動などが違う二種類以上の金融商品にバラバラにして投資する方法のことを、資産の配分(アセットアロケーション、Asset allocation)と呼んで使用している。

日経平均株価
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:t5caq2i
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t5caq2i/index1_0.rdf