Evansだけどちっぺ

November 14 [Tue], 2017, 15:08
休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第でやりようによっては、土日に休むことも可能です。



病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。

予定にない急な出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういうところでは大体は土日は休みでしょう。職場に勤めている看護師は、数万人いますが、それと比べて、資格を取得していながらも、就職していない人が五十万人以上いると考えられています。

日本で4万人の看護師が足りないといわれているので、その50万人の中のほんのわずかな人でも職業として働くことができれば、この問題も、多少は解決するように思います。私の友達の中に看護師がおりまして、時々、給料が高いと羨ましがられています。しかし、看護師の仕事は、夜間勤務もあって、毎日の生活リズムがバラバラなことがほとんどで、女性が多い特殊な職場環境でもあり、悩みも多く、困っている人がたくさんいます。こういったことを考慮したら高い給料は当然のことだと思われます。現場では、看護師の業務は重大な職務でしょう。日々、厳粛な現場で激務をこなしていたら、過剰な精神的ストレスに陥る場合もあるのです。
いつだって看護師は、命にかかわる仕事についているわけで、強い緊張感にかられることもたくさんあり、ストレスをなんとか消化させる工夫も重要です。看護師転職情報サイトにのっている看護のお仕事は、求人医療機関の数もとても多いのですが、その他にも一般に出されていない求人情報がとても多くあり、登録することで想定外の好条件の転職先を紹介していただけるかもしれません。担当コンサルタントによる丁寧な対応ぶりもメリットとしてあげられているようで、できる限り細かな要求にも応じてくれているようです。

少子高齢化が深刻化してきている日本で注目され続けているのが医師や看護師に人手がないことです。社会的媒体でも深刻な問題として話題に上がることが急激に増加しています。ナースに憧れ、競争率の高い国家資格を手にすることができたのに、転職してしまう人が増え続けています。その理由は、理想と現実との差が予想と違っていたということがあるのでしょう。

看護師には、男であってもなれるかを調べました。看護師は圧倒的に女性の方が多いのですが、男性の看護師さんも活躍しているようです。男性患者だと、女性の看護師に世話をやってもらうのが恥ずかしいこともあります。そういった時、男の看護師は喜んでもらえます。
一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。ただし、そうしてうまく、出戻ってこれるのかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。
こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。

様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師の必要性は拡大してきているのです。それだけでなく、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しております。このような事例の場合は、その会社組織の社員として入社をすることもあるようです。

日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する看護師は、公務員として仕事に携わっているため、年収はおおよそ593万円になります。公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比べてみると高く、福利厚生も備わっています。
準看護師の待遇をみてみると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:聖
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる