健康な赤ちゃんを産みたいなら妊娠前であっても妊

June 07 [Wed], 2017, 14:45
健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であっても極力、体に悪い影響をもたらすものを排除していないといけません。ですので、妊活中はたばこを吸うのはやめましょう。タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体にとっては有害です。

現在喫煙者中の方は、禁煙も妊活の一環として開始しましょう。
効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、上手にサプリメントや強化食品を使って補っても効果に変わりはありません。妊娠している女性や、産後の女性など通常の倍近い葉酸の摂取を要求されている中でも葉酸の摂取量が、食物だけでは不十分なときや、悪性貧血の改善を目指して、時々用いられる手段として、注射して投与することもありえます。妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。そんな時には、ハーブティーがよく飲まれています。

これはどうしてかというと、第一の理由はハーブの効果を期待することが出来るという良さにあると思います。


挙げられるものとしては、女性に多い冷え性であったり、生理不順であったりを緩和させることが出来ます。
他にも、ストレスを緩和させる作用もあります。

ストレスは妊活の大敵ですが、それを解消してくれるのです。
一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようとそこから妊活を始めました。



身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動することを思いつきました。

大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

妊娠を希望する方や計画している方が、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。普段から妊活を頑張っている方は、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。


妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。

妊娠検査キットで妊娠が分かる以前からお腹の中に新しい命を授かっています。出来るだけ早く葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。妊活時には色々と注意しなければなりません。
たとえば、風邪薬を飲むのは一体どうなのかというと、それほど心配する必要はありません。そうはいっても、わずかでも妊娠に悪影響が及んでしまったらいけないと心配ならば、風邪薬の服用の可否を、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。

体温を上昇させることや代謝を活発化させることで、妊娠しやすい体になっていきます。

日常的に運動をしない妊活中の女性は出来るだけ、運動をするようにしましょう。
激しい運動でなくてよいのでストレッチあるいはヨガなど、緩やかな動きのものがいいでしょう。
この頃ではヨガのスタジオの中でも妊活ヨガコースというものがあるところも出てきており注目が集まっているようです。
葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するために毎日欠かさず摂らなければならない栄養素だということが定着してきましたが、そもそも熱によって分解されやすい栄養素なので、食事から所要量を確保するのはなかなか困難です。


水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法を勉強することも必要でしょうし、不足する量をサプリなどで補充するのも多くの場合は必要になるでしょう。



健康診断についてです。 会社に健康診断の結果ていくんですか? 個人にはとどきま...

健康診断についてです。 会社に健康診断の結果ていくんですか? 個人にはとどきますけど。(続きを読む)



「若者の心の健康に最悪」なSNSはインスタグラム=英調査 - BBCニュース

2017年5月19日 ... 英王立公衆衛生協会(RSPH)は19日、ソーシャルメディア(SNS)が若者の心の健康に
与える影響について、報告書を発表した。その結果、YouTube、インスタグラム、
スナップチャット、フェイスブック、ツイッターを比較した際、インスタグラムが ...(続きを読む)