東京株大幅反落、9000円台を割る 自民新総裁、材料視されず

September 29 [Sat], 2012, 11:44
26日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に反落、約2週間ぶりに大台の9000円を割り込んで取引を終えた。
前日の米国株の下落や円相場の高止まりが嫌気された。
今月19日に決定された日銀の金融緩和を好感した株式市場だが、その後は乱交 募集軟調な展開が続いており、相場を下支えする効果は一時的だった。
平均株価の終値は、前日比184円84銭安の8906円70銭で、今月11日8807円以来の安値となった。
東京外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比7銭円高ドル安の1ドル77円6971銭。
前日に3月期決算銘柄の9月末時唐フ株主が確定したことも、売り注文につながった。
前日の米株式市場で、ウ工業株30種平均は3日続落、前日比10137ドル安の1万345755ドルで終えた。
有力な金融機関幹部が、米連邦準備制度理事会FRBが決めた金融緩和第3弾の景気浮揚効果に懐疑的な見方を示したことが影響した。
自民党総裁に安倍晋三元首相が選ばれたが、株式相場に目立った反応は出なかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:t3znswypdf
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t3znswypdf/index1_0.rdf