double fantasy

July 27 [Wed], 2011, 20:24
クロマメです

今日は個人的ビッグニュースが同時にきました


まず前半
起きたらすぐキャプテンのもとへ

2ヶ月間、待ち焦がれていたものがきていました

フィットシャトル ハイブリッド!!!

春に車を変えようと思い、荷室が広くて燃費が良くて
安月給でも何とか買える車を考えてこれにしました

キャプテン納車お疲れ様です。本当に感謝 感謝です!
事故ってお世話にならんよう慎重に乗りますっ





さてさて、納車の興奮も覚めやらぬまま後半戦へ

夕方ハードルと合流
先日届いたブツを持ってタニゴウチ(溜池)へ




新アイテムに命を吹き込むハードル このへんからふたりともワクワクが止まりません

ファイヤフライ2 二人乗りインフレータブルカヤック ナチュラムにて購入


いざ出航!!
二人とも初のカヤックだが 思った以上にスイスイはしる
やばい 楽しい 楽しすぎる なんかもう笑いが止まらん


操縦に慣れたらすぐに竿をだすハードル 相変わらず貪欲な男よ

とか言ってる間にワームで プチバス ゲット



ポッパーで良型もガブリ


何か俺より楽しんでいるきがするハードル


ちゃっかり前に枝に引っ掛けたスピナーベイトも回収


というわけで 進水式も無事終了
艇が風に流されやすいものの予想以上に使えることがわかりました
次回は向津具の海に挑戦することになるでしょう




「車にカヤック積んでこれまで手が出なかったポイントを自由に探索する」
というひそかに春ぐらいから考えていた夢が現実のものとなりました
夏の間にカヤック修行して秋のエギングシーズンでも活躍してくれるはず!

あー今日はなんかいい日だな

シェルパさんの復活

June 21 [Tue], 2011, 14:00

クロマメです

休日だというのに5時前に目が覚め
よせばいいのに川尻 大浜 アタリ無し

このままじゃイカンと気を取り直し
冬にバッテリーを外したカツ専用バイク(兼帰省中のアニの足)
スーーパーーーシェルパを整備
キャプテンの仕事場でしばらく話をして、いざカツへ

カツ 10:00 程良い浪がありニゴりが入っている
カツで釣りをするのはしばらくぶりだ 最後に行ったのが去年の何時だったかも覚えていない

早速、幽霊波止から攻める
波止の先端に出て、たたき売りされていたスローシンキングの猪木ルアー(イエロー)を投げる
はじめタダ引きしていたらフグがきた
なんかいるかも と次にアクションをつけながら引いていると



キターっ!

45cm余りのヒラスズキ! きれいな魚体だ

まだ釣り始めたばかりだし次もあるだろう と証拠を押さえてリリース
・・・したのが悪かったのか次が出ず


だけどカツでのシーバス釣りは、釣れなくても楽しいものです
ホームグラウンドに帰ってきた気がします

機会があればカツの師匠(マスター)の事を書こう

2時間一本勝負

June 17 [Fri], 2011, 12:00
クロマメです
今日は仕事休みですが他の二人には平日
にもかかわらずキャプテンが船を出してくれました
キャプテンありがとう!!


朝4:30出航!最高の凪!!

キャプテンとハードル いい笑顔です

船は一気に俵島沖へ 夜が明けてきました

あらかじめキャプテンが下調べしたポイントに船を止める
他の二人には仕事があるので2時間程度のスピード釣行の始まりです

僕は鯛ラバ。他の二人はサビキじかけで流し釣りです
底をとりながらゆっくり鯛ラバを上下させアタリを待つ
しばらくしてかわいいカサゴGET んーかわいい



それからみんなに外道がいくつか釣れたがアタリが少ない
そろそろポイント変えようとしていたところ
ハードルにヒィィィット!!!

ハードル人生初イサキ しかもいい型でした 30cmは超えてますね
その後 アタリなく

ポイント変え

移動

移動

6:45 TIMEUP

帰りがてら俵島の瀬でルアーをチョイ投げ
ハードル2投目で

シーバスあげた!!
キャプテンにもあたったがもう少しのところでバラシ…残念

というわけで速攻で帰港
三人は散り散りに別れていきましたとさ

コウイカはどこへ消えた?

June 16 [Thu], 2011, 21:00
この物語に登場するのは―
2匹のコウイカ『スニッフ』と『スカリー』、
2人の小人『クロマメ』と『ハードル』。
2匹と2人は『迷路(向津具)』の中に住み『チーズ(食料)』を探しています。



クロマメです
夜勤明け、夕方からハードルと合流


久しぶりに俵島をウェーダーで攻めるも
干潮あたりでここはやっぱ藻が多い
ハードルがシーバスらしきものをバラしただけ…


間もなく次の場所をオーラに 日暮れ前7時
たぶん釣れないねと二人で話していると
自分に早速のヒット!!


タモがなかったのでワニバサミでハードルがキャッチ!
優しく地上まで放り投げてくれました

イカがいることがわかり、ハードルが燃えてきた
その時
ハードル:お、重いっ!

ハードルにもHIT!

伝説の春アオリかと思ったがやはりコウイカ
サイズは自分のと同じくらいです


もう一ハイほしいと2匹のイカを落ちていたスチロールの箱に置いて
日が暮れるまで堤防をくまなく投げて歩いたがその後アタリなし

そろそろ帰ろうと車とイカのある場所まで戻る
車に道具を入れていると

ハードル:い、いかが1ハイおらん!???
なんだなんだとライトを照らして周りを探すがきれいに
箱の中からハードルのイカだけ消失
もう1ハイも食い散らかされている様子もなく
鳥や猫が引っ張っていくには重すぎることから
結論:イカが最後のジェットで1m30の防波堤を越えて海に還っていった

帰りの車の中でひとしきり「イカはどこへ消えた?」かを話して爆笑してました
恐るべしオーラのコウイカ

春アオリが釣りたくて

June 12 [Sun], 2011, 7:56
クロマメです。
最近勢いでリールを買った エギングロッドも買った
そしてメバリングロッドの先が海にとんでった…

大変な出費である

だから何とかモトをとろうと思っているのか休日は雨でも心がざわつく
という訳で今日も夜勤だけど雨の予報がでているけどとりあえず海へっ

大浦4:30ベタ凪 夜が明け始めている まだ雨は降っていない
ここのところオーラにはよく通っているが釣れるのはマイカばかり、型はいいんだけど
だけどやっぱりガツンとでっかい春アオリをあげたいのが本心
あまりにアオリイカが釣れないので僕とハードルのなかでは春アオリは
空想(ファンタジー)のなかの生き物となっている ドラゴンやフェニックスと同じ扱いである

さて、ゆっくりと夜が明けていくなかエギを何投かしてみる
しっかりと底をとって小さくシャクる
もうそろそろエギが見え始めるかなというところで手応えアリ!



コウイカ 頭が20pくらい?


アオリを期待していたが釣れればいいや
ウチではコイツの食べ方がわからないので写真撮ってリリース
スゴイ量の墨を堤防に残し 彼はゆっくりと海に還っていった

その後アタリなし、7:00から雨が降り始めたので投了
ハードルはいい夢が見れたのだろうか!?
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • ニックネーム:kuromame
  • 現住所:山口県
読者になる
山口 長門 向津具 油谷 ムカツリ むかつく 釣り ルアー シーバス スズキ メバル カヤック フィットシャトル
P R
http://yaplog.jp/t2ks/index1_0.rdf
最新コメント
ハードル
» double fantasy (2011年07月30日)
ハードル
» 春アオリが釣りたくて (2011年06月17日)
ハードル
» メバル☓イカ (2011年04月23日)
ハードル
» 風裏を探す二人 (2011年02月14日)
キャプテン
» (無題) (2011年02月05日)
ハードル
» プラネタリウム (2011年01月19日)
kuromame
» プラネタリウム (2011年01月19日)
キャプテン
» プラネタリウム (2011年01月19日)