道楽かえるの時事放談

November 22 [Mon], 2010, 16:32
はじめまして、道楽カエルです。

初めてなので11月21日の日刊スポーツの中で気になる
こめんとが有ったので書いてみます。

サプリメントについてですが、日比野先生が答えています。

ベーコン、ハム、ソーセージなど加工肉は亜硝酸ナトリウム
という添加物により固めています。
ホウレンソウのアクの成分であるシュウ酸という有害物質と
肉類に含まれる脂肪酸との組み合わせがよくないですね。

    えっ!  ホウレンソウとベイコンを炒めて食べますよ

(先生)
本来なら、シュウ酸とカルシウムは腸内で結合し、便に排出
されます。
しかし肉類の過剰摂取は、 肉類に多く含有する脂肪酸がカ
ルシュウムと結合することにより、余ったシュウ酸が尿中へ排
出されます。
そこで尿中のカルシウムと結合して結石ができるのです。
さらに、肉類の過剰摂取により尿酸値も上昇し、尿酸結石も引
き起こしくなります。

       結石は痛そうですね

(先生)
カルシウム不足でも、結合相手となるカルシウムが足りないこと
により腸内にシュウ酸が余り、 尿中へ排出され、そこでカルシウ
ムと結合して結石となります。
結石は成分によって分類されますが、カルシウム結石が全体の8
割以上を占め、尿酸結石が5%程度です。
いずれも、食生活が影響します。


          結石ができやすいタイプはありますか。

(先生)
糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の予備軍の人が多
いといわれています。
カルシウム結石のほとんどはシュウ酸カルシウム結石で、カルシウム
とシュウ酸が増えすぎて結合し、それが腎臓で結晶化して結石に成長
するのです。
肉類との組み合わせはよくありませんね。


(先生)
ベーコンなどの加工肉に含有する亜硝酸ナトリウムはタンパク質に多く
含まれるアミンと結合し、強い発がん性を持つニトロサミン化合物を生成
するのです。
つまり発がん性も高くなり、組み合わせとしては、よくありません。


  ここまでは組み合わせによっては結石や発がん性の高くなる食べ物
  になると言うことです。
  
気になったのは今流行りのサプリメントのことです、これは次回に書きま
すので、よろしければ少しの間お付き合いください。
初めて書いたので著と疲れました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かえるのやな
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t2ka3yana/index1_0.rdf