家を売るので不動産屋に行った!

November 15 [Tue], 2016, 11:29
家を売って借金を返すことが必要になってしまったので、知人に教えてもらって情報収集を始めることにしました。普通の人なら最初にたどり着く情報と言えば、処分する予定の不動産はいくらになるのか、不動産屋さんに関する情報を得ること、これら2つが必須と言えます。物件の相場が分からないといくらのお金が入ってくるか分かりませんし、不動産屋さんが決まりませんとそもそも物件を売ることができません。
不動産の価格を知るための一般的な方法の1つは、REINSを使うことです。REINSは誰でも利用することができます。REINSでは土地だけでなくマンションの価格も入手できますので、売却を考えている不動産の値段をおおよそ知ることができます。不動産屋さんに行く前に価格を知ることができれば、シロウトだと思って適当にあしらわれて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。
不動産を売る時は、予想外の出費がかかることを覚悟しておく必要があります。費用を先に知っておくと、後からあわてることがありません。一番誰でも分かる経費は仲介手数料として払う不動産屋さんの収入です。売れた金額の3.24%+64800円という計算式(上限)になるので、3000万円の物件ならおよそ100万円もの金額になります。この他、税金や印紙税もかかりますし、住み替えなら、引越し代も馬鹿になりません。たとえ4000万円で物件の取引が成立しても、全額を収入としてアテにしてはいけないわけです。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続は単純ではなく、権利関係が複雑になることがあります。相続で遺産の分割が決まった結果、どうしても1つだけの不動産を1人だけで受け継ぐことができない場合、換金する必要に迫られるということです。相続税を納める場合は現金が基本ですが、現金での納税がどうしても難しいようなら物そのものを納める物納という方法もありますが、可能な限り現金で納めた方がいいです。
駐車場経営はよくある土地活用の方法の1つとして、かなり人気があります。アパート・マンション経営と比べれば手軽であることが理由の1つです。駐車場を運営する場合、毎月の契約(月極)もありますし地域の実情に応じて決めれば良いでしょう。オーナーは一番が儲けがどのくらい出るかなのでしょうが、顧客視点で考えないと、上手く行かず、赤字になる可能性もあります。
マンションは買い手もじっくり吟味しますので、売り急ぐのは得策ではありません。半年で決まれば御の字と考えておけば、気持ちにゆとりが持てます。売り主がなるべく早く売ろうとしていることを購入希望者にバレますと、不当に低い価格で契約せざるを得なくなり、納得できない取引になるかもしれません。住み替えのために住宅を売るなら、次に住む家の購入諸経費全額を含めて住宅ローンとともに支払えるのが理想的ですので、よく考えて納得のできる契約をしましょう。
家を売るなら買い手による自宅への訪問がありますが、その時の注意点がいくつかあります。できるだけ高く家を処分したいのであれば、知っておくべきです。家の売却に限ったことではありませんが、最初に与える印象を良くすることが必要です。購入を考えている人が訪問した時、まず目に入る玄関や門構えなどの入口付近を重点的に掃除しておいてください。また、部屋はできるだけ掃除しておいて、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくと売り主がきちんとした人であるということが伝わり、積極的に購入を検討するようです。
土地を売った時の税金ですが、そもそも土地自体が高いので、税金もとても高いですよね。高額な税金を払うのですから、きちんとした使い方をしてもらいたいものです。家や土地を売って出た差額としての利潤は専門用語で「譲渡所得」と言うのですが、この譲渡所得を元にして、所得税と住民税がそれぞれかかってきます。また、土地は所有期間が短いと、本当はそうでなくても転売目的だったと判断されてしまい、とても高い税率がてきようされます。所有期間によって、倍くらいの差がでてしまいます。
「一物四価」という言い方は、土地に複数の値がつくことから言われているものです。それぞれ別の主体が求めるものですが、計算方法は専門家だけ知っていれば十分です。ざっと2分するならば、税金の計算目的で求めるものと、当事者が実際の取引をする上で参考にするものとに分けられます。路線価や固定資産税評価額は税金を計算するための価格で、公示価格の7割〜8割になるのが一般的です。時価や公示価格は取引をするための指標にするものですが、現実には、それらと同じ価格で取引されることはあまりありません。現場の不動産屋さんは直近の相場を認識していますから、古いデータであるそれらを使うことはまれなのです。
マンションや一戸建ては1,000万円以上するのが普通なので、サラリーマンにとっては生涯でそう何度も経験することのない、大きなイベントです。ですので、十分な知識を得てから不動産屋さんの門をたたくことが必要です。諸経費や手続き上の知識、住宅ローンが返せるかどうかの計画も大事ですが、土地や近隣に住んでいる人の雰囲気を自分で確認することが私の経験からお話しすると、一番大事なことだと思います。有名な土地だと、ついついイメージが先行しがちです。中目黒や吉祥寺など、住みたい街ランキングによく出てきますよね。生活の場と遊びの場は分けた方が正解です。ですから、いきなり契約せずにきちんと現場を知ることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rin
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t2cepcoeen1rvr/index1_0.rdf