多田素久がウェイターとパティシエの事を紹介する

October 24 [Thu], 2013, 13:38
多田素久がウェイターとパティシエの事を紹介する

多田素久が思うウェイターと興味のある仕事パティシエ

多田素久です!
私はホテルのウェイターとして活躍をしています。
そんなウェイターとして働く私の心得をお伝えしたいと思います。

ホテルやレストランで「また行きたい」と感じたことはありましたか?
「料理の味が良かった」これは、もちろん当然のことですね。
あとは、お店の雰囲気がとてもよかったや店員さんの態度がよかったなどで、お店の評判は決まると思うんです。

私は、ウェイターとしてお店の顔となる存在です。
身だしなみはもちろんのことで、その他にも言葉使い・清潔感・笑顔がとても重要になってみます。
よく「お客様は神様」という言葉があると思います。

しかし、私は違うと思うんです。
お客様はお金という等価を払い料理接客というサービスに交換をしてもらっていると私は思っています。

お店としては、等価を支払ってくれる人がいないと成り立たない為に等価以上のサービスを行うのです。
そして、お客様の心を掴みまた来店してもらえるようなお店になって行くのです。

サービスの他には、お店の雰囲気です。
店員同士が仲が悪いと雰囲気の悪いお店になってしまいます。
そんな、雰囲気の悪いお店にお客様は行きたくないと思うのです。
やはり、人間関係は大事です。
働いている方も雰囲気が悪いと働いていて疲れます。
楽しく働けるお店であれば自然と笑顔が溢れるお店になるのです。

そして、最後に笑顔です。
この笑顔は、先ほども少し出てきましたが、とても重要な事です。
笑顔で接客することはとても重要なことです。
しかめっ面で料理を持ってこられるのと、笑顔で料理を持ってこられるのとでは食べる前の幸福感が全然違います。
料理を食べることによって幸せを感じる人がいるんですから。
笑顔で雰囲気を作り笑顔で料理を運び笑顔でお客様を幸せにしていく。
ウェイターの仕事は笑顔が一番大事かもしれませんね。
どんなにいいお店でもどんな安いお店でも、この笑顔は絶対に変わらない接客方法だと思います。

そして、興味のある事について紹介をします。
パティシエです。

パティシエはひたすらケーキを作る職業と思われる人が多いと思います。
パティシエの中のケーキ作りでいろいろと仕事が別れているので、パティシエの仕事について紹介をしたいと思います。

洋菓子を作るというパティシエの仕事は、パーツごとを各担当に分けて分業しているところもあれば、工程のすべてを一人で行っている場合もあります。
各店舗やオーナーの考え方、規模などにより異なります。
また、日々の製造のほか、新商品の企画も大切な仕事。イメージを絵に描き、ルセットを研究し、試作を繰り返してオリジナル商品が作られます。
そして、お菓子作りの命はレシピです。
レシピにそって正確に計量を行い、作業のタイミングを見極め、緻密に同じ作業を繰り返す忍耐力が必要な仕事です。

パティシエ (patissier) とはフランス語で菓子製造人を意味する名詞の男性形です。
女性形はパティシエール (patissiere) となります。
本来このパティシエは、器やパイ生地等に肉や魚を詰めて焼く料理、パテ料理の製造人のことを指していました。
それが、いつの頃からかフランスでは菓子全般の職人のことを差す言葉となります。
日本では主に「スイーツ」と呼ばれる洋生菓子やデザートを作る職人の名称となっている。
和菓子職人をパティシエと呼ぶ事はないです。

今回はは以上とさせて頂きます。
多田素久でした。



多田素久パティシエ 多田素久ウェイター多田素久 洋菓子 多田素久ケーキ職人 多田素久お菓子屋 多田素久デザート 多田素久 生クリーム 多田素久ショコラ 多田素久トレンチ 多田素久オーダー 多田素久スポンジ 多田素久ムース 多田素久ショートケーキ 多田素久パレットナイフ 多田素久デコレーション
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:多田素久
読者になる
多田素久パティシエ 多田素久ウェイター多田素久 洋菓子 多田素久ケーキ職人 多田素久お菓子屋 多田素久デザート 多田素久 生クリーム 多田素久ショコラ 多田素久トレンチ 多田素久オーダー 多田素久スポンジ 多田素久ムース 多田素久ショートケーキ 多田素久パレットナイフ 多田素久デコレーション
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t2ac0ngf/index1_0.rdf