コムクドリと水越

October 14 [Fri], 2016, 9:46
看護師目線で言うと育児と仕事の両立は難しい課題といえます。
本人は病院で仕事をしたくても、育児をしながら看護師の任務を果たすためには、実に様々な問題が生じてしまいます。
看護師と育児をどちらもこなすのは個人による問題というより全体の問題として取り組む必要があると考えられます。

病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する機会が多いため、不潔な印象にならないよう、髪形にも注意しておきましょう。

いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。
勤務先によって、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを知っておいた方が良いでしょう。看護師の資格を得るための国による試験は、1年に1回行われます。


看護師不足を問題視している日本にとっては嬉しいことに、ここ数年での看護師資格の合格率は90%前後と大変高い水準を継続中です。


看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定のラインをクリアしてしまえば合格できる試験だ。
法律において、看護師というものは医師の診療を補助する役割と定められています。
看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、患者さんの状態によって、緊急事態には、看護師の経験や知識にもよりますが、医療行為も少しぐらいは認められる必要もあるのではないかと考えます。気になる看護師資格の難易度ですが、どれ程のものなのでしょう。
調べてみると、看護師国家試験の合格率は毎年90%前後のようです。実際の試験の内容も、学校の授業をしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、そこまで取得が難関な資格という訳でもないようです。
看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。
ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。

そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。

頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とわかったのです。
医療に関することで、看護士が許されている行為は、少し前までは、範囲が明確に定められていました。
でも、ドクターが少ないという理由や必要な時に即対処するためにも患者の気管に点滴を行うなどの一部の医療に関係する行為が許可される予定です。
しても良い事になった行為は、研修をある期間受けて、確実に成功するようになってから自己判断で実行に移せるのが特色です。



日本全国の病院や様々な医療機関の現場では、長い間ずっと看護師が不足している状態が解決されずにいます。ですから、就職や転職の際、看護師は極端な売り手市場であると説明できます。



看護の資格さえあれば、自分の希望条件や適正に見合う最適な職場を比較的たやすく選択することができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Issou
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t1ouinsce7ipxp/index1_0.rdf