Sandersの村治佳織

September 22 [Thu], 2016, 17:44
「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。この二つを漢字で書き表すとどちらかで書き表されます。少し前までだと、看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女分け隔てなく使用できる看護師の表記に一元化しました。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、結果的に転職率が高いと言えます。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども増えつつあります。このような転職サイトを活用すれば、もっと簡単に自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも参考にしてみるのが良いでしょう。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。原因は様々ですが、その一つとして看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。看護師による医師の補助行為が認められ、仕事が増加する一方になり、勤務時間も長時間になって、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、家庭の都合から、企業に就職して会社勤めをしていました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働くことも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子育てをしながら働く看護師にしてみると大きな不安要素となり得ます。未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。そういう理由でパートとして働くことにシフトするという看護師も少なからずいます。新卒で勤め始めた新人看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、通常支払われるはずの残業代について払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、勤続年数や経験などは関係せず労働基準法に反した行為です。残業も完全に仕事のうちですから、当然、働いた分のお金は、働いた人に支給されるべきでしょう。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外にそれぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職といっても年収も勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、750万円位だとみられます。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、着実に医療機関を利用する人口が増加しています。ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の大きなメリットもあります。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。しかし、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く注視されていることを、知っておきましょう。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。外科勤務の看護師の、良い部分と、悪い部分について分かっておく必要があります。手術を受ける前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、スキルアップに繋がります。マイナス面としては、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、細心の注意を払ってほしいところです。もう一つ、薬のことも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、気をつけないといけません。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師は大変な激務の状態にあるということです。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスにやられてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは分からなくはない話です。ほんの少し前までは看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、昨今は徐々に男性看護師も増加しています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師の活躍する場面は多々あります。給料は女性と差はありませんが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、何てったって、ブランクがあったとしても心配はいらず、また看護師に戻れるという点です。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば時と場合によりすでに50代になっていても再び働くことができます。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。トップに位置するのは、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長や総看護師長がトップにあたります。実際に階級を上げるためには、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが重要でしょう。階級が上がれば上がるほど、高収入になる事は間違いないでしょう。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られる専門職であることが、よく知られるようになっております。というのも、看護師の得られる給料は、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そのために多くの看護師はストレスに悩まされます。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知り、実行しているかということも、看護師であり続けるためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。しかしながら、病院における看護業務の他にも、看護師の仕事は色々あります。職場となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人も多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。こうして、病院に限らず仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。一般的に、看護師という職業は高収入だというイメージが強いです。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが特徴として挙げられます。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師を選ばない理由はないでしょう。往々にして看護師として働くことは大変ハードだと認識され、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、途中で休憩をとることはとるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。こういった長時間労働の現実も看護師として勤務することがハードだと思われやすい理由になっていると思います。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。さて、看護師として長く働き続けると、自然にそれなりの知識もついてきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、そのうち、自身の身体や健康のことなどもかなり深く理解できるようになるでしょう。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、回復した患者さんが退院していき、その上、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それと、患者さんの家族や関係者の人に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、しみじみとやりがいを感じられます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、きっと辞職しようと思って、悩むでしょう。看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。けれども、昨今では、看護師のユニフォームも変わりつつあり、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているということも、しばしば言われるようですが、どうやら、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。日常的にそんな環境に接しているとあまり良い気分もしないでしょうが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは達観しておくのが良いでしょう。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは求人が途切れるようなことはありません。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、少し念入りに求職活動を試みれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。近頃ではインターネット上に看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもかなりの数があるのです。なので、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。看護師の資格というものは日本の法律では医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。しかしながら、患者さんの容体が突然変わってしまったり、差し迫った状態になったときは、キャリアのある看護師にはそれなりの医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつに「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、それが今まで細々と生き残って今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。看護師の職業は、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間的には、好印象を持つ人が大半でしょう。しかしながら、実際の看護師の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。プラス面だけに着目せずに、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。最近では、看護師は不足傾向にあります。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。看護師不足が起こる原因は看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、もし容態が急に変わったら大事になりますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったこともすべて看護師の仕事となっております。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、時間が経つのを忘れてしまうほど忙しい日もあるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイカ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t1exrhi5pasle7/index1_0.rdf