最近の国政と外交に対して

July 03 [Tue], 2012, 12:12
最近の国政と外交に対して

最近の国政、外交の様子を見ていると、なんとなく戦前の日本の国情と似て居て、方針定まらずの感がある。国内のことなのか、外交なのか判らない感がある。 米国との防衛協力今始まった事ではない。 これは国内問題である。 日本国土の中での米国との共同防衛を如何進めて行くかという問題であって、日米の共同戦線の構築する問題ではなく、 現在はもっと国内の防衛をどうするか、議論してその体制作る可き時であろう。 これは国内の問題であって、沖縄の基地問題もその中の一つである。 日本の米軍基地は国内でどうするか、沖縄も含めて確立すべきでしょう。 今の政府だけの意思では心もとない。 時代や政党を超えて賢人が提言して行かなければ、かっての第二次大戦に突入した時と同様な経過をたどる恐れがある。 また右顧左眄をしないで、静かに考えて下さい。 政治は事務ではない。 歴史の経過を間違いなく展開して行こうとする事でしょう。 頑張れ政治家よ。国民もまた。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:豊人
  • アイコン画像 趣味:
    ・剣道、水泳
読者になる
戦後の国を憂う
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像グッド親分
» 最近の政治家は何を考えているのかな (2012年06月25日)
ヤプミー!一覧
読者になる