これまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっている

July 20 [Wed], 2016, 17:52
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。
もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eita
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t12hhgrfodutoo/index1_0.rdf