平ちゃんで吉川晃司

May 20 [Fri], 2016, 11:29
出産を経験し、たるんだおなかを元通りにするために、ダイエットとプラスして生まれて初めて筋肉を鍛えました。100%母乳で子供を育てていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。おかげで、半年ぐらいである程度元の体型に返り咲くことができました。
自分の基礎的な代謝を測ることは大事です。

なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、自分にどのくらい摂取カロリーが必要なのかわかることはすることはできないからです。

10代の頃のようなダイエットに無茶をするのが年齢の関係で体力的に厳しくなった分、日常生活から静かに数値と向き合っていきたいと思う日々です。ダイエットしている時の間食は絶対ダメです。
仮に食べ物が、もしもスナック菓子のようなものではなくても、食べただけ、太っていくという現実を心に刻んでください。過度の我慢も良くないけれど、一日三回の食事をきちんと食べて、あとは食欲を抑制できるように身体を変えていきたいものです。ウォーキングすることによって痩せることの注意点は、必ず続けて40分以上歩く事です。



ウォーキングのような酸素をとり入れる運動で、体内の脂肪が燃え始めるのは、約30分後から始まります。



10分や20分くらいのウォーキングでは、脂肪が燃焼される事はなく、ダイエットをする効果はかなり薄くなってしまうので、気をつけましょう。すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その頃、流行った外国製の痩せる効果のあるサプリを挑戦してみたことがありました。


流し込んでしばらくすると、胸がどきどきしたり、息切れが起きたりしました。ききめがあると思えばいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一瓶で飲むのをやめました。


体重も何も全く変わりませんでした。



痩せるためにはある程度の努力が必要ではあるわけではないですよね。急激に痩せるということは免疫力の低下につながりますので、段階的に痩せる方法を選び、それを続けて、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。
ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、すぐに戻ってしまいがちですので、最低3ケ月は行いましょう。私がダイエットにチャレンジした時、自宅で可能なダイエット法として腕立て、腹筋、スクワットなどを実行して、筋肉を増やすことでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早めのウォーキングを30分以上続けました。これを、毎日続けることで、2か月で5キロのダイエットができましたが、継続することは努力がいることでした。

必ず経験するのが体重が思うように減らない時期です。こんな場合にはどうしたらいいのかと言うと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、無理をせずに継続していくのが大切です。もし、運動をしなくなったのなら、食事だけでもカロリーに気を配ったり、食べもののカロリーを気にしないのなら、運動だけでも継続しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:芽依
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t0nuho7lz4antg/index1_0.rdf