ダルマンツヤクワガタと川元

July 09 [Sat], 2016, 13:31
夜勤でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、重要なポイントとして、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く介護士と比べて給料が少なくなってしまう事があります。現在の年収を下げてまで転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。


介護士の職は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、やっぱり、労働組合のようなものがなければちゃんとした雇用条件で働けず、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。
職業柄、ストライキをすることも介護士にとっては困難で、看護婦を雇う側が適切に配慮することが最も大切です。

介護士という職業は勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、「介護士資格を持っています」という事実は、意外に違う職種の現場においても役立てられることがよくあるといいます。

例を挙げると、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。

ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。
そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、得意なことを最も活かすことができる場所で働けるようになるはずです。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。



なので、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。

二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。
ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲れは身体から抜けることなく、腰痛や頭痛に苦しむことになり、つくづく、身体に負担がかかっていることを自覚したりします。

交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。働いた分の休みはちゃんとありますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりもう一度介護士として働くことを希望する人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。



たとえば正社員として働く介護士は月給制です。
でも、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。
では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみると昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが普通のようです。

時間いくらのパート勤務にしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、介護機関で働く専門職ですし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。介護士の人間関係は、構築が難しいなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。
というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。慣れていないと、そんな環境に少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と納得しておくと良いかもしれません。勤務中の介護士というのは神経を張りつめていることが多く、これが続くとどうしても多くの介護士はストレスに悩まされます。



つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、メンタル面にもつらい部分があると言えます。

そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、介護士というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。
退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。個人介護施設はどうなっているかというと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、注目されているのが、医師や介護士が不足しているという問題です。

夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も必要で、多くの介護士がかなりの重労働をこなしているといわれています。



男性介護士も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスにやられてしまったり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも頷けます。介護士の勤務先は、確かに介護施設が多いですが、他にもあります。それはどこかというと、介護施設です。



そのうちのグループホームでも特に介護士は重宝されているのです。

このグループホームにいるのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、特別な配慮が必要となってきます。



介護の分野に関心があるという介護士は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのもいいのではないでしょうか。なんといっても、介護士という職業は異業種に比べると高給です。
それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。そうはいっても、介護士の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりと聞くことがあります。

収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。



基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。

けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についても今の状態を把握しやすくなるようです。介護施設では普通、介護士が注射や採血を行います。
注射や採血を好む人は稀なタイプだと思いますが、もし注射されるのならば、上手な介護士に注射してもらいたいですよね。
でも、注射針を刺すのは介護士の腕次第ですから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。


これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。けれども、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士についてはそう簡単にはいかないかもしれません。ローンを組むことが容易なのは正規の職員として雇用されている介護士の場合には当てはまることなのですが、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。
一般的に、介護士という職業は高収入だというイメージが強いです。
もちろん、介護施設では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが目立ちます。
また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。

高収入で安定した職業という意味においては魅力のある職業だと言えます。



私が介護士になった理由は中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設を訪問し、そこでの介護士さんの働きぶりを見て感銘を受けたのが事の始まりでした。
大人になって仕事に就くならああいう風になりたいと感じたのが始まりで看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。大変なこともあるのですが、毎日が充実しています。皆さんご存知のように、介護士の職場環境は千差万別で、複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。意外なところでは、介護施設や保育園も介護士の職場です。


それぞれの会社で給料が変わるものですが、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。総合介護施設と町医者とでは年収にも差が出てきます。こういった事を考えても、介護士として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。



女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。

それから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。


ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。
さて、介護士を養成するための機関といいますと専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学や学部の人気が高まっているようです。
出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。とはいえ、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。
こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。

子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻り就職をする人も少なくありません。

職場を変わられるときにはご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、その際、注意点があります。
それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。
志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、「ステップアップすることが出来そうだから」とか今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など意欲溢れる動機がベターでしょう。


意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる介護士は、割合に数が多いです。

たいていの介護機関では、介護士の需要が大変高く、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。今いる職場において、そこでのどう考えても給料が労働に見合わなかったり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。介護士試験合格に向けて学ぶ場所として介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。


大学の特色は何かというと高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。

対する専門学校については、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。その他、学費に関してもなんと大学の学費の十分の一程度です。
今、私は介護施設事務の仕事をしています。



日常的に、仕事上で介護士の方と接することはあまりないのですが常にみなさん忙しく働かれています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。

けれど、私の心配とは無縁に、柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。なんと子供を連れてきている介護士さんが相当いるんですよ。
先生達も、歓迎している様子でしたし、終始温かないい雰囲気となりました。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、介護士にもそれぞれ階級があります。トップに位置するのは、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総介護士長などと呼ばれる方々です。

どのようにして階級を上げるのかというと、勤務年数を長くして、一目置かれ、認められるような存在になることが重要でしょう。
階級が高くなるほどに高収入になる事は間違いないでしょう。



改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。大きく言うと、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、病気をいかにして予防するかを助言したり、適切な薬を出すことが主な業務とされます。
その一方、介護士さんの行うことはといえば、医師の指導の下、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんの介護的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、平均収入ならなんなく介護士が上回りました。慢性的に人手が不足している介護分野では需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。


さてそんな介護士ですが、給料は良いものの、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。

しかし、家庭の都合から、企業に就職して会社員としてしばらく働きました。

ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。
転職して、無資格で介護関係の仕事に就くということも考えましたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、現場で看護助手として働くと同時に資格も取れるそうなのです。

介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。介護士の資格を取得するには主に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。


他方、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、カリキュラムとして実習がメインであるので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結翔
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t0ekedssehtice/index1_0.rdf