Nelsonだけど平瀬

February 04 [Thu], 2016, 17:16
看護師の勤め先といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所では、保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の務めです。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は多くなってきているのです。また、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しています。このようなケースは、社員としてその会社に入社することもありうるでしょう。
修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤が求められない職場を希望しているものです。病院以外を職場とするのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
全国の看護師年収は平均すると、437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して迅速に行動することが大切です。それに、どのような条件を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ収集してください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。
看護師の場合、求人はいっぱいありますが、希望に見合う条件の求人があるとは限らないものです。看護師資格の保有者で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思う人が多いはずです。希望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
看護師になるための国家試験は、年に1度あります。看護師不足が深刻になっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を示し続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできればパスできる試験です。
なぜ看護師になろうと思ったのかは実際に、どのようなことをきっかけにして看護師になろうと思ったのかを交えれば良い印象になります。転職の場合、その理由は今までに身につけたスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないことが大切です。
産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師をいいます。看護師と聞けば病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の中身、役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的な仕事と考えてください。
産業看護師は働く人の健康のために保健について指導したり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは難しいでしょう。興味がある場合は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。転職サイトでは産業看護師の募集も多数紹介されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯人
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t0diu1nhsdnaqm/index1_0.rdf