大岡だけどクイナ

August 21 [Sun], 2016, 23:01
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。その効果は厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿などに混じって排出されています。ですから、体内に蓄積するということはありません。しかし、葉酸の過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、規定量を必ず確認しましょう。妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。こちらの葉酸サプリは数種類の葉酸サプリが売られていますが、葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリにカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が一錠のサプリに詰め込まれていますから、適切な量の栄養素を手軽に摂取できます。複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は適切に摂取を続けることで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。胎児の健康を考えて、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸を摂った方が良いと思います。近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が推奨しているんです。今では葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品の認定を受けているものもあり、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが少なくありません。一般的に、妊娠してから病院が行う栄養指導や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱に弱くその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、摂取するようにしましょう。葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすくなることが期待できます。また、葉酸で血液が増えれば新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への積極的な摂取が求められています。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても食事によっても、ある程度の葉酸は補給できています。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。フルーツの中では、代表的なものにイチゴやライチがあると紹介されています。その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのも良い方法だと言えますね。まだ妊娠できないと悩んでいるときは、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。普通の体温と違って基礎体温は、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、その通りにしていくのが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Koharu
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t0antshhewaoyc/index1_0.rdf