ヤミ金の手口

May 02 [Fri], 2014, 15:52
振り込め詐欺などでたまに耳にする、劇場型詐欺と呼ばれる手口。
ある司法書士のブログでヤミ金業界にも劇場型犯罪があるのだそうです。

まず劇場型犯罪とは何かと申しますと、
あたかも演劇の一部であるかのような犯罪のことで、多くの場合、実行犯が主役、警察が脇役、マスメディアの人間や一般人が観客、という構造になっているもの。
犯罪が行われているにもかかわらず、人々がそれを見世物として楽しむという行動が見受けられるのが特徴。
(一部ウィキ抜粋)

ヤミ金での劇場型詐欺の場合、あまり表だった事は無く、それに気づかないパターンがほとんどだといいます。

司法書士のブログでは、劇場型ヤミ金の手口を以下のように説明していました。

ターゲットを決めたヤミ金は、グループの中で役割を決め、次々と貸付けを行います。
役割は簡単に取立て役、味方役、新規貸付け役を分担するのだそうです。

初めに取り立て役が違法に取り立て、困っている被害者へ味方役がフォローに回ります。
この味方役は、取り立て役からの借金を低金利で貸すというモノ。

最後に新規貸付役が今までの借金をおまとめするなど絶妙なタイミングで入ってくるのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:t09qyuri
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t09qyuri/index1_0.rdf