なかしーと松葉

July 01 [Sat], 2017, 11:52
主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般の会社組織においては課長職に近いものです。いわゆる課長職でも、その年収は企業によって違うように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。

そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。
具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、大体750万円くらいになるとみられます。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、大体希望を叶えてくれることもありますが、人事を担当する人の考えによって決定されることもあり得ます。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、導き出された結果としての配属であるはずです。


でももし、その配置に不満がやまないのなら指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。看護師は、患者と関わらねばならないため、髪形にも気を配っておきましょう。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。

とはいえ、職場の環境や方針次第では、看護師の髪形に対するルールが違うことを知っておいた方が良いでしょう。
一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと出世していきます。

婦長といえばその役職も想像がつきやすいですが、他にも役職があるのです。



いまは、学生やパートの看護師が増加しているため、国家試験をパスした正看ともなれば役職的には上の立場に立っているという訳です。

役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。


首都圏の仕事探し専門として多くの人に知られているのが、看護師の転職に関するサイト、看護roo!になります。



取り扱い求人件数もとても豊富にあり、豊富な情報量が多くの人に満足しているそうです。

求人数がたくさんあれば、希望通りに転職できた人もたくさん存在するということです。

早期に、辞めてしまう看護師はけっこうたくさんいます。


女性の割合が高いため、一度こじれると面倒で、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。
看護師以外の仕事に比べると、再就職しやすいため、望む待遇と違うなら、躊躇なく辞め、もっといい病院に転職する人も多いでしょう。

看護という業務は多岐にわたります。多くの場合、医師が診療する際のサポートするというのが軸となる業務内容なんですが、その他にも、患者さんのケアやお手伝いなどがあるでしょう。外来なのか、入院病棟なのかによりましても業務内容に関しては異なってきます。一般に、仕事量が多いのは外来よりも入院病棟でありますので、大きな負担となるでしょう。ちょっと前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間に少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。

実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。



給料は女性と差はありませんが、産休や育休がないので、より多くの経験を積むことが出来ます。
看護師として労働する際、他に比べて、楽だといわれているのが、外来勤務によるものです。
もちろん、人の命を預かるという責任は同様ですが、夜に働く必要がない、割合に休暇がとりやすいといった理由で外来による勤務を希望する人も増えています。


一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。



という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。
それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。看護師というのは各医療機関でものすごく大切な役割を受け持っています。



ですが、ほとんどの病院や医療施設では看護師不足に頭を痛めているというのが現在の状況です。

医療現場では、看護師が不足しているという問題を基本的に解決はできておりません。

今後は、ちょっとでも早くこのような問題を解決する必要があるでしょう。看護師が別の病院で働こうと思うと、公共職業安定所で相談したり、求人情報誌などに目を通して転職先を探すというのが多くの人がしていることだと思います。


でも、驚くことにこうした機関で人を募集する病院というのは多くはありません。公共職業安定所や求人情報誌などで募集をかける病院は労働条件が良くなかったり、職場の環境が整っていないせいで人を集めるのが困難な病院が多いのです。



看護師の仕事はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。

それと関係があるのか、おしゃれな人が多くいるように感じられます。


ですが、とにかく忙しいです。

病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最も理想的であろうと感じます。

学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、残業したことによって支払われるべき給金がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。
残業代の未払いは、勤続年数や経験などは関係せず労基法違反であり、犯罪です。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。
かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。

さて、看護師として長く働き続けると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、それだけでなく自分自身の身体のことも異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。看護士の求人は多くありますが、希望に合った条件の求人があるという状況はなかなかありません。看護資格を持つ方で就職できさえすればいいと思う方は少ないでしょう。できることなら高賃金で職場環境も良く、夜勤無しのところで働きたいと思っている方も多いと思います。希望にあわせて転職するには、情報収集を行うことが重要になります。

医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。

端的に言えば、医師は患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。他方、看護師の場合は、医師の指導の下、医師が行う診療の補助を行い、患者の看護を行います。
看護師は寝返りが困難な患者さんへの体位を変えることや、食事を一人では行えない患者さんの食事の介助、下のお世話といった体力仕事も多いものです。



しかも、その間であってもナースコールが鳴れば、速やかに応対しなければなりません。


その上、入院している患者が少しでも素晴らしい入院生活が送れるように考えることも看護師の仕事のひとつといえるのです。

看護士になりたい理由を述べる際は、実際に何が理由で看護師という職に就きたいと思うようになったのかを加えると、印象が良くなります。転職の時の志望理由は、これまでに培った技術を活かしたい、もっと誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、明るく好印象を与えるものにしてください。

前の職場での出来事の不満はいわないように心掛けることが重要といえます。

看護師が外科に勤務する時のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、理解しておきましょう。

手術を目前に控えているような患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。

残念なことは、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長期に渡って落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コタロウ
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t05frrl0uocfen/index1_0.rdf