保険適用がされている場合・できない場合

January 30 [Sat], 2016, 11:09
保険適用がされている場合・できない場合
レーシックは、レーザー(エキシマレーザー)を使用して、目の角膜を薄く削り、角膜の曲率を 変えて視力を矯正する手術です。その手術は健康保険が 適用されないため、自由診療です。なぜなら、レーシックは、日常生活の中で、特に治療を受けなくても問題ないと考えられるからです。そのため、手術の費用は全額自己負担となります。
自由診療のためにレーシック手術の費用は医療機関によって 異なります。
健康保険は使用できませんが、自分が加入している保険会社の生命保険と医療保険がレーシック手術給付金の対象となる場合もあります。逆に、ターゲットがされていない場合もあります。
実際、以前にレーシックも問題なく、給与の対象とされていました。しかし、2007年4月に各保険会社が支払い内容を改訂して、2007年4月1日 以降に新規加入した 保険契約は、レーシック手術給付金は、対象から除外されたです。
つまり、保険契約日が 2007年4月1日 以前の場合は、手術給付金の対象となっている場合もあります。取扱い保険会社によって対象となる場合とならない場合が ありますので、まず自分が加入している保険会社に 問い合わせてみるとよいでしょう。
また、手術給付金の対象となる場合にも、その金額は、保険会社とラッチに応じて異なります。

レーシックは保険適用?

January 30 [Sat], 2016, 11:22
レーシックは保険適用?
レーシック手術に保険が適用されるのでしょうか?また、可能な財政負担を最小限に抑えるには、いくつかの方法があるでしょう。

医療費控除
レーシック手術は 健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になります。
その年の 1月から12月 までの間に、自分または同一世帯の家族の医療費を合算して10万を超過する場合は、確定申告で医療費控除の申告をすれば還付を受けることが できます。
しかし、レーシックなどを含む医療費が全額戻るません。
レーシック手術の際に発行される置換領収書は確定申告に必要です。病院と診療所に応じて領収書を再発行していない可能性がありますので、紛失しないように十分注意して保管しておきましょう。
また、税務署に応じてレーシックの医療費控除を認めていないところもあるので、事前にその税務署に確認しておくと安心です。
手術給付金の手続きには、医師の診断書が必要になります。診断書の作成費用も病院に応じて異なります。
また、保険会社が指定申請書を準備しているところもあるので、その書類を取り寄せで医師の診断書を書いてもらっされます。お間違いのないように事前に確認してみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SIORI
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t052afulr7/index1_0.rdf