ピラりんのザキヤマ

April 20 [Thu], 2017, 13:44
妊娠、初期の頃にはホルモンバランスの乱れといったことから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。
さらに妊娠による精神的なストレスもニキビが出来てしまう原因になります。さりとて、抗生剤等を使うことは出来ません。



ホルモンバランスを正しく整えられるように、とにかくこの時期はリラックスをして、身体を休めさせてあげましょう。この時期、ニキビ予防において気を付けないといけないのは、菌がつかない環境を作り出すことです。
ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で肌に触る等の行為は、お顔に菌を塗っているようなものです。普段から清潔を保てるように注意を払いましょう。
ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20歳を過ぎた人は吹き出物と言うのが普通なんてよく聞きます。
ちょっと前に、久しぶりに鼻のてっぺんに大きなニキビを見つけたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「もうニキビじゃないでしょ?」と、バカにされました。白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけるといじって中身を出してしまいます。ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのがとっても好きです。

ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた中身を出すべくにきびをつぶしてしまっているのです。

ニキビに使う薬というのは、色々なものがあります。勿論、ニキビ専用の薬の方が有効です。


しかし、軽いニキビであるならば、オロナインを使用する事も出来ます。効能・効果の欄にちゃんと吹出物ややけど、ひび等と一緒に、記されています。

ニキビへの対処は、いくら眠くてもメイクは確実にとって就寝することです。化粧を施すことにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌を休憩させてあげたいのです。


化粧落としにも気を使っています。オイル系や拭い取るタイプなど色々試してきましたが、ミルクベースのメイク落としがお肌への作用がマイルドだと思いました。ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。初めてピーリングを行った時は、肌にヒリヒリとした感じがありました。
そうして、恐ろしくなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリ感は消えて、キレイにニキビが改善できました。

それ以来、ニキビが出るとピーリングを行うようにしています。
角栓が毛穴をふさぐことが、ニキビをつくらせる原因のひとつです。



ついつい指で角栓を押して押し出すと、その部分にニキビ跡ができる原因となります。

角栓のない肌でいるように、それを悪化させないようにするには、肌の保湿をしっかりすること、余分な皮脂を毛穴に溜めないことが重要です。毎月、生理が来る頃になるとニキビができやすくなる女性は割といらっしゃると思います。


ニキビになってしまう理由として、ホルモンのバランスが崩れ、肌が不安定な状態になってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いものを飲んだり食べたりしたくなるので、ニキビになることが多くなってしまうのでしょう。ニキビを潰してしまうと、膿が出てきてしまいます。
さらに潰してしまうと芯が出てきます。
これがニキビの元となるのですが、無理やり潰して芯を出すことはあまりオススメしません。



無理やりに潰してしまうのですから、より炎症が広がります。ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。吹き出物が出やすいとお悩みの方には体質改善に取り組む事を推奨します。ニキビのきっかけとしては甘い食べ物や脂質が多い食べ物を口に入れることが挙げられます。

それらを少しも食べないというのは困難ですが、野菜や発酵食品などを豊富に摂取する事によって消化能力が増幅し、体質改善も見られます。

ニキビは思春期にさしかかると出始める症状で、赤ちゃんには出ません。
乳児によくあるのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれなのです。ベビーの素肌は、とてもデリケートで、すぐにかぶれが起きてしまいます。ニキビはかぶれとは同じではありません。


赤ちゃんの肌に何か異変が起きてしまったら、なるべく早めに病院で診てもらってください。


母親がすごくニキビ肌で、私本人も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた今でも、すぐにニキビができてしまうので、お手入れは意識してしています。また、三歳になる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。
涙ぐましいことに必ずニキビ肌になりそうです。
遺伝とは恐ろしいと感じました。

ニキビも立派な皮膚病です。
わざわざニキビで皮膚科に診てもらうのも、と少し気が引けてしまいがちですが、皮膚科を受診するとすぐに治りますし、ニキビ跡ができることは少ないです。その上、自分でドラッグストアなどでニキビ薬を入手するよりも安価で治療できます。


ニキビがひどくなって炎症をおこすと、顔を洗おうとした時などに少し指で触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。ですから、炎症を起こしている場合は、気になったとしても指で触ったりすることは絶対にやめてください。
指で触ると痛いだけではなく、指から雑菌が侵入して、もっと炎症がひどくなることがあります。ニキビにヨーグルトは良いものではないといったことが言われていたり、逆に良いと言われたりとしますが、こういった情報の真偽とは決して定かではありません。特定の食品だけに頼っているのではなく、日々栄養バランスの取れた食生活を心がけてさえいれば、ニキビ予防へと繋がると感じます。近頃、ニキビを重曹でケアできるという話をよく聞きます。


弱アルカリ性の重曹には油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。

ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと肌を傷つける可能性もあるため、注意を払いながら試す必要があります。



常に洗顔などで綺麗な状態にしていても、いつのまにかニキビができたということは誰にでも起きることに違いありません。ニキビ予防の方法は、顔を洗って清潔を心がけるのはもちろんですが、偏りのない食事や質の良い睡眠といった健康の管理も重要になります。ニキビ知らずになるには、ザクロが効果を発揮します。にきびはホルモンバランスの均衡がとれない時や肌の細胞の代謝がちゃんと行われない時に、できてしまいます。ザクロは、オイリー肌を引き起こす男性ホルモンが出るのを抑制し、肌の代謝を促進する効果のある成分が豊かなので、徹底的にニキビを改善することができるのです。

にきびで悩んでいるからといって洗顔をし過ぎてしまうと、必要な油脂をも洗い落としてしまい、かえってニキビの原因となってしまいます。どんなに多く洗っても顔を洗うのは一日に二回までにしましょう。大事なのは洗顔料をしっかり泡立て、肌に直に手を触れずに、あくまで泡で洗顔をすること、顔を洗い終えたらすぐに保湿を行うことです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokomi
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる