中友のいちご

March 20 [Tue], 2012, 12:51
3ウェディングキューピッド月9日金今日は中友のいちごと一緒に梅の花を見に行くバスツアーに参加して来ました春の空気をしっかりと感じ取り、会社休んでツアーの予約を取って行ったのですが、あいにくの雨ORZそして、梅もほとんど咲いてないお花を遠方まで見に行くのは、本当に賭けだなぁ。
筑波山梅林ここはまぁまぁ咲いて綺麗だったが、天気がよければ、綺麗なブルーの空とのコントラストを楽しみたかったなぁ。
梅祭りの期間中だったが、雨だし、まだ見ごろには早いので、閑散としていた。
その後は常陸牛を食べにレストランへひたち野お店は古民家を3件合わせて作ったらしく、風情のある良い雰囲気の佇まい。
団体ツアーで食べるステーキ屋なので、全く期待していなかったのだが、やっぱりブランド和牛はおいしかった量も、多すぎず、少なすぎず、おいしく頂けるちょうど良い量でしたその後は本日の目玉ずっと行きたかった偕楽園へ。
偕楽園去年も元同僚のmonoと一緒に行こうと計画を立てていたのだが、震災の影響で中止になってしまったので、今回はリベンジ偕楽園の近くに大きな湖があって、白鳥だの黒鳥だの、鴨だの、アヒルだの、鳥の楽園になっていた。
餌付けの習慣があるのかないのか、どの鳥たちも人観光客に無関心だったのだが、ただ2匹の黒鳥だけは、湖の中でもなく、湖際でもなく、歩道の所まで出てきて人のところに接近し、かわいいとチヤホヤされ、写真も取られまくっていた。
うちらもその黒鳥ズに近づいて行くと、自分たちが興味をもたれていることに気付いた黒鳥ズが、まっすぐ、確実にうちらに向って歩いてきた。
ええ、写真で見ても分かるとおり、そりゃあもう真っ直ぐに。
黒鳥さんたちは言っていた。
あの。
何か下さい。
うちらはカワイとはしゃぎまくりで、写真も撮りまくりあの。
写真を撮ってもいので、何か食べ物下さい。
BY黒鳥ズいちごと、なんか、食べ物ないかなこのかわいい黒鳥ズ達に食べるものあげたいと言っていたが、何も持っていないものはしょうがないので、なんだかやり逃げをするようで後味は悪かったが、その場を離れる事に。
おいおい写真撮るだけ撮って、結局何もくれねーのかよと、非難するような目で黒鳥ズは軽くうちらの事を追いかけてきた。
それにしても、あの二匹だけ妙に人懐っこくてなんだったんだろう。
いちごはあの黒鳥さんたちにエサをあげたいこれから、何かあげれそうなものがないか、お店に探しに行こうと言っていて、おいおいおい、うちらは鳥にエサをあげる為に茨木まで来たんじゃなくて偕楽園に来たんだから。
まだ園内にも入ってないことだし。
とりあえず偕楽園に行こうよ。
途中店があれば、寄って見て、黒鳥ズが食べれそうなものが売ってたら買って、戻る時にあげればいいじゃんそっかぁ。
と、残念そうな顔をするいちご。
いちごは動物好きなのだが、まさか鳥にもこんなに執着心があったなんて。
私もそこそこ動物が好きなので、中学時代に、いちごと遊ぶ時は、ウィンドーショッピングならぬ、ウィンドーペットショッピングをしたものだ。
色んなペットショップを見て回る。
自転車で遠くのペットショップ屋さんに行ったり。
捨て猫拾って、里親探しも一緒にしたりしたなぁ。
いちごの動物の情熱には、普段動物好きを豪語している私も負けたわ。
そういえば、ペットショップで犬猫を見ているときも、いちごはガラス越しでもしっかりと動物たちとコミュニケーションが取れていたなぁ。
私はガラス越しにコミュニケーション取るのがなかなか難しかったけど。
話が大分飛んでしまったが、黒鳥たちを置いて、偕楽園へ。
日本酒を購入し、にごり酒をチビチビやりながら、園内を散策しようとしたのだが、入口のところがちょろっと咲いているだけで、中のほうは1ミクロンも咲いてませんでした。
葉一つ生えていない枯れ枝ばかり見ていてもしょうがないので、偕楽園はすっぱりと諦め、黒鳥ズのエサを探しがてら売店を回って楽しむ事に。
試食しまくったが、やっぱり、納豆スナックがメチャメチャおいしい。

どこかの山奥の拍黷ゥら手売り販売に来ている、品評会ナチュラルチーズ部門で金賞を受賞したヤギのチーズを購入。
試食してみたら濃厚でメチャメヂャおいしかったのだが、私はブルーチーズやパルメジャーレッジャー等のクセのあるチーズが大好物。
ちなみに、一緒に試食したいちごは、ヤギチーズのクセがありすぎて、おいしいと思わなかったらしいが。
値段がちょっとの量で500円とメチャメチャ高めだったので、一袋だけ購入。
でも、家に帰って、じっくり味わってみたら、やっぱりすごぉぉくおいしかったので、もっといっぱい買って置けばよかったなぁとちょっと後悔しましたf汗汗それと、納豆煎餅煎餅なのに、糸を引く粘りもあってウマイ納豆魔、まい又豆味のようなものもお土産に購入何か、パンやサンドイッチ、もしくはお土産の品じゃない普通のお菓子が売っていればなとおもったのだが、黒鳥さん達にあげれそうなものは他の売店を見てみても、一切なかった。
とはいえ、2人ともお土産が買えてホクホクるんるんで、バスに向って戻っていると、またあの黒鳥ズに出くわす。
先ほど出会った地唐謔閧焉Aだいぶ前のほうに来ていたが恐らく人の流れに沿って、確実にさっきの2羽だと思う。
だって、他にも黒鳥はたぁぁくさんいるのに、どの子も湖のところにいて、歩道の所まで出てきて、明らかに人とコミュニケーションを取ろうとしているのはこの2羽だけなんだもん。
でも、周りに鳥のえさは売ってないし、鳥にあげれそうなものも一切ないし、実際、鳥にエサをあげている人も観る限り誰もいないから、そういう習慣もなさそうだが、他の鳥は人に無関心だし一体この黒鳥ズは何を求めて人に近づいてくるのだろうか。
まぁ、やっぱり、エサか汗汗黒鳥ズに、さよならを告げ、バスに戻ると、お土産処や、酒蔵見学に立ち寄って、本日の日帰りバスツアーは終了した。
しめて6000円安くないですかバスツアーだと、移動も楽だし、効率も良いし、解説が聞けるし、みんなで周れて楽しいし、団体ならではの特典も沢山尽くし、何より、バスツアーだと、移動がメチャメチャ安く収まる。
いつもバスツアーと行くときは、朝5時に起きて新宿6時50分待ち合わせの20時新宿着で、そこから1時間掛けて家まで帰るパターンだったが都内の友人と参加していたため、やっぱり、地元発着にすると、すごい楽だわぁぁ雨だったし、お花も少しフライング気味だったけど、やっぱり梅は綺麗だったし、お肉もおいしかったし、色々行けて、満足できたツアーでした。
次は、桜を見に鎌倉かなっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:t00mypodnt
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/t00mypodnt/index1_0.rdf