最終回〜さよなら、ありがとう〜 

March 10 [Mon], 2008, 0:43
2008年3月8日
Plastic Arrow最後のライブが終わった。

ライブから1日経った今、全てをやり遂げた安堵感や達成感とどこか寂しさも混ざり合い、少し複雑な気持ちだけど、今はただみんなへの感謝の気持ちでいっぱいだ。

10年間好きなことをやらせてもらえた幸せ、最後のライブも会場があふれるほどのたくさんの人達が足を運んでくれて、ものすごくうれしかったし、絶対泣かないつもりだったのに、最後はさすがに込み上げる気持ちを抑えきれなかった。だってみんな泣いてるんだもん(笑)。
最後の曲“はじまりのうた”を歌っている時、ステージから客席みんなの目が赤くなり光っているのが見えた。
その姿を見て「自分たちは今日までこんなにすばらしいたくさんの人達に支えられてきたんだなぁ」そう思ったら、感動して俺も涙が溢れた。
歌いながら自分は世界一幸せ者だなって思ったよ。

10年前に音楽をやっていこうと決めた時、「たくさんの人に自分の歌を聴いてもらい、何かを届け感じてもらえるような歌い手になりたい」そう思って始めた夢だったから、みんなにプラアロの奏でる音楽で何かを届けることができたとしたなら、これ以上幸せなことはないし、俺の夢は叶ったのかなって思う。
だから全然悔いはないし、胸を張って「オレ、完全燃焼した」そう言える。

でもね、今まで音楽をやってきて感じたことがあって、ステージでは一応僕らが主役なんだけど、もしかしたら僕らがお客さんに与えているものよりも、お客さんからのパワーだったり元気、力をもらうことの方が多いのかなってそう思ったよ。
ステージで歌いながら、いつも客席みんなの顔を見て、曲を聴いて楽しそうに笑っている顔や、感動してくれてる顔、僕らのMCで笑う声とかを見て聞いて、僕らはどれだけ今まで勇気をもらい安心したことか。それがエネルギーになり、どれだけ頑張れたことか。
きっと自分の夢は1人では達成できなかったと思うから、みんなにはほんとうに感謝しています。どうもありがとう。

自分が音楽で最後までやれなかったことは、きっとこの先2人のメンバーが叶えてくれると信じてるし、これからも陰ながら2人を応援していこうと思う。

現メンバーのマサキとは5年、TAKAとは7年の付き合いだったけど、過去のメンバーを含め、プラアロメンバーはほんとにいい仲間だった。
ジャンルや形に縛られず、それぞれの好きな音楽を融合し奏でるプラアロサウンドは、うちらだったからこそ表現できたとそう思ってる。だから誇りに思うし、プラアロは終わっても俺の中ではこれからも“永遠のNo.1”だろうなぁ(^O^)。


自分は今日から第2の人生に向けて歩き出すのだけど、やっぱり1度きりの人生だし、これからもやりたいことやって輝いていたいo(^-^)o。
笑ってても1日、落ち込んでても同じ1日なら笑っていた方がいいしね。
自分も今日から新たな夢に向かって頑張るよ。

あまりプライベートなことは今まで話したり書いたりしなかったけど、この先、新たな夢実現のための転職や結婚の予定なんかも今あって、明日からもまた大忙し。
立ち止まっている時間も余裕も今はないから、これからも自分らしく走り続けようってそう思ってる(^O^)/。


最後になったけど、このブログも今日で最終回になりました。2004年7月から約3年半、気の向くまま自由気ままに書いてきましたが、こんな自分のブログを気にしてずっと読んでくれたみなさんには心から感謝します。
そして全国各地の昨日お会いすることができなかったファンのみなさんにも、今までプラアロを応援していただいたことを感謝したいと思います。
ほんとうにありがとう!

またいつか機会や、メンバーみんなのタイミングが合えば、一夜限りとかでプラアロ復活?!がもしかしたら?あるかもしれないし、先のことはまだわからないけど、自分はこの先、生活と新たな夢にゆとりができたら、また趣味として音楽をやりたいなと思ってるし、ひょっとしたらどこかしらの小さなバーとかで、Aマイナー曲を弾き語りしているかもしれません(笑)。
もしまた偶然にみなさんとどこかでお会いすることがあったなら、その時は気軽に声をかけてくださいね(^-^)。

そんなわけで、いつまでも別れ惜しいのですが、最後にこの言葉を送ります。

“僕らの待ってる未来は幸せかはわからないけど 何かを信じ踏み出すことで すべては始まってゆくから”
(「はじまりのうた」より)

みなさんも自分を信じ、気持ちに素直でいてください。自分の信じた道を目をそらさず、向き合い歩いていってください。
時には迷い、立ち止まってもいいんです。
それも自分の人生なのだから。


さようなら、また会う日まで。

Plastic Arrow
Vo.T-TASHIRO

勝負の時 

March 06 [Thu], 2008, 22:32
いよいよ来た。「勝負の時」。
人生には勝負の時が必ず2度や3度はあるもの。

自分は2月下旬頃からプライベートでいろいろな出来事が重なってしまい、一気に今、人生の勝負を2つすることになった。
最近は日付変わる頃に家に寝に帰るだけの日々の連続で、ブログも最近はかなりご無沙汰だったが、その勝負、どちらも生きるために楽しいことだから別につらくはない。
まぁ本音言えば、片方は少しめげそうな時もあるが、そんな時は電車に揺られながらプラアロの曲を聴く。

「はじまりのうた」心に染みるゼー(笑)。


一方、勝負のもう片方でもあるあさってのプラアロラストライブ。こっちはつらいことは何もない。
ただ楽しみで仕方ないよ。

まぁあとは今年強烈の花粉症をどう乗り切るかだけ(笑)。今年はマジやばいし、ずてに早くも半死に状態(笑)(┬_┬)。
恐るべし!東京コンクリートジャングル!!


なんかあさってに近づいても(←ライブの話ね、)ラストだという実感がわかないのはなんでだろう?
終わって、日々の生活からプラアロの音楽がなくなってから初めて気付くのだろうか。
たぶんあさってのライブもきっと今まで通りなんだろうな。MCも相変わらずグダグダになってさ(笑)。
でもそれがいいのかもしれないな。変に最後って意識したくないっていうか、自然体にいつも通りにやれたらいい。
ある日ぽっくり逝くみたいな(笑)、幸せのままで終われれば一番いいのかなって俺は思う。

メンバーにも今までいろいろ迷惑かけたし、結局最後まで何もかも任せっきりだったな(笑)。
こんな俺でもメンバーとして受け入れてくれて許してくれた、それにはすごく感謝しないと。

普段から口下手で言葉足らずだから・・、それもいつも直さないとと思うんだけどさ(苦笑)。

これはメンバーに限らず、お客さんであったり、スタッフや結成当時から支えてくれた人たちやライブハウス関係者、お世話になったライブバンド仲間すべてに言わないといけない言葉かもしれないな。相変わらず言葉少ない口下手の精一杯の表現だけど

「今までほんとうにありがとう」


最後のライブ、頑張りますぜー!!!o(^-^)o

近況 

February 29 [Fri], 2008, 18:31
2月も終わりに近づき、最近だんだん暖かくなってきた。
暖かくなると同時にこの時期やってくるのは花粉症の季節。
街中でも職場でもずいぶんマスク姿の人をよく見かけるようになりました。
自分はまだとりあえずは大丈夫なのだけど、今年は例年の3倍と言われているだけに油断大敵だー。


早いものでライブまであと10日を切った。なんだかまだまだ実感がわかないのだが、先週から走り込みを始め、少しずつ本番に向けて調整を始めているこのごろです(^-^)V。

疲れましたー。 

February 19 [Tue], 2008, 0:34
今日、運転免許試験に行ってきた。

前日深夜まで勉強し、今朝5時に起きて半分寝ぼけたまま家を出たのだが、自分は埼玉県人なので「鴻巣」という超不便な田舎まで片道2時間弱かけて行くことになり、しかも東京と違って、交付前に講習とかまであったりして交付は夕方。結局ほぼ丸1日潰れてしまった。

試験は無事合格し、晴れて免許を取得したのだが、月曜日ということやシーズン的なこともあり、学生を中心に人がごった返し館内は満員。おかげで昼休みも寒い外庭で過ごす羽目になった。


東京(府中)なら家から1時間かからないのに・・・なんて思いながらも、とりあえず受かったし、“ま、いっかー”と油断をしていたら、長い帰りの電車内でうっかり爆睡してしまい、池袋で降りるはずが、気付いたら恵比寿へ〜(苦笑)(-.-;)。

横浜まで行かなくてよかった?!と強引に自分を慰めながら、家路に着きましたとさ(^-^)。

思い出 

February 12 [Tue], 2008, 1:35
昨日プラアロとしての自身最後のレコーディングが終わった。

レコーディング後のふとした会話の中で“今日が最後なんだ”と知り、いつかこの日が来るとわかってはいたけど、いざ迎えてみるとなんだか帰り道は少し寂しい気持ちになった。

約6年間、通い慣れたメンバーの家のスタジオや、そこまでの道のりやお店、駅など今まで何気なく通ってきたものへの懐かしさだったり愛着、思い出に感謝をしながら、この街も自分と共に歩いた青春の軌跡の一部だったんだなぁとふと最後に思ったりした。


レコーディングも紆余曲折いろんなことがあったけど、今じゃすべていい思い出だ。

もちろんどの曲も好きだから甲乙はつけらんないけど、あえて1番レコーディングで思い出深い曲を挙げるとするなら『Til the end of the world』だろうか。
あの曲のイメージや世界感を表現し自分のものにするのにはかなり苦労して、途中何度も挫折しかけ、完成まで歌入れだけで3ヶ月もかかったけど、完成した時はすごく嬉しかったし、ひとつ壁を乗り越えられたことでこの曲には大きな勇気をもらった気がする。

あと自分が書いた曲で挙げるとするなら『ウソつき』がこのバンドでやれたこと、アルバムに入ったことはすごく嬉しかった。
自分の音楽の原点はアコースティックだったし、この曲はロックとは掛け離れたアコースティック色が強かったから、完成した時は“プラアロではジャンル的にどうかな?”と思っていただけに、メンバーから「やろう」と言ってくれた時はとても嬉しかったのを覚えている。

あともうひとつだけ挙げるとするなら新曲『はじまりのうた』だ。
この曲はプラアロ最後の新曲なのだが、メッセージ色が強く、タイトルのように歌っていて何だか特別な気持ちになる歌である。
“はじまりのうた”を聴いてくれるみんなにもこの気持ちが届くといいなとそう願っている。

雪!雪!雪! 

February 10 [Sun], 2008, 0:16
今日は午前中に教習所に行き、午後からは買い物に出かけた。

春物のスーツを買おうと池袋のいつもよく行くお店に行ったのだが、たまたま数日前に自宅にDMが届いていて、会員限定で1万円以上の買い物で“現金つかみ取り”ができると書いてあったのを思い出した。

別にどちらでもよかったのだが、店員さんにも薦められたし、せっかくなのでやってみることに。

自分の前に中年のおじさんが二人並び、つかみ取りをやっていたのだけど、箱の中は十円玉や五円玉ばかりで片手いっぱいつかんでもたかが五〜六百円程度の小銭。
店員が記入していた挑戦者のリストにも配当数百円の三桁の金額ばかりが並び、「所詮こんなもんか」と期待せずに自分もチャレンジしてみた。

自分は一般男性の中でも手はあまり大きい方ではないし、つかむのは不利だと思ったので、細い手首をうまく利用し、箱の中でショベルカーみたく小銭を救いながらつかんでみだ。
するとなんと1280円分もあったらしく、店員さんも“すげぇ!”と思わずびっくり!!(笑)

うまく百円玉も含まれていたりしてラッキーな部分もあったけど、つかみ取りって手の大きさだけじゃなく、コツがあるんやなぁと実感した貴重な経験だった(^-^)。


その後、寄り道をしてしばらく室内にいて、数時間後外に出ると、外はみぞれ混じりの雪模様。
晩御飯を食べて外に出ると大粒のドカ雪に変わり、30分足らずで道路は真っ白、1時間後にはあっという間に4〜5センチにまで積もった。

東京の雪はこの冬早くも5回目で“暖冬”と言われていた冬はどこへやら。
最近の東京は2日置きに雪が降っていて、2月に入ってもまだ寒い日が続いている。

さっき日付は変わったが、明日(今日)は教習所の卒検で、雪や路面次第で中止の可能性もあるが、今から緊張とワクワクと(雪道の)不安が入り乱れ、なかなか眠れないのだが、まぁどっしり気持ちを落ち着けてやるしかない。

明日はレコーディングもあるし、来週は試験にスタジオリハもある。
これから毎日多忙な日々が続くが、寒さに負けず気合いで頑張るしかないっすねo(^-^o)。

信じられるものは・・? 

February 02 [Sat], 2008, 1:01
先日報道された“中国農薬入りギョーザ”問題。

今や日本で売られている冷凍食品の6割が中国製品という中で、国内産ですら昨年のように偽装が相次ぎ信じられない現状に、一体僕らは何を信じて食したらいいのか、ほんとうに不安になる。

今回のように異変や体調を崩すなどをして気付かなければ、我々は目に見えない毒物を知らず知らずにいつも食べているということになる。この現実を考えただけでとても恐ろしい。


近年、安いものが主流になり、それが当たり前になった日本社会。
企業も競争社会で生き残るために安全そっちのけでコストを抑えることに必死になり、安値で買える中国などのアジアや海外輸入に頼るようになった。
それに対抗しようと日本の製品ですら、コスト削減ばかりに力を入れ、原材料や産地までとうとう偽装してしまうこのお粗末さ。

古い考えかもしれないが、商売というのは元来、お客に良いものを売り、利益を得るという昔はそういった単純なものだったのではなかっただろうか。

それがいつからか安ければいい、儲かれば、バレなければ騙しても何をしてもいいという、そういう心ない時代になってしまっている気がする。


話が少し逸れたが、アジア各国や中国なども近年めざましい発展を遂げているとはいえ、まだ先進国程の安定や技術、検査機関や徹底した商品管理もなされておらず、地域によっての格差があるのも現実だ。

今回の薬物がどういう形でギョーザに混入したのかはわからないが、輸出する中国側も、そして輸入する日本も「たぶん大丈夫だろう」ときっと安易に考えていたに違いない。

自分は中国だけでなく、今回の一件は日本にも大きな責任はあると思う。

アメリカの牛肉問題でもそうだったが、日本は友好関係とかを気にしすぎ、どこか曖昧にごまかしながらやっているように自分には映った。

人々が口にするわけだし、日本はもっと国民や消費者の安全を考えて徹底した安全管理や検査機関を作るべきだとそう思う。
“基準に満たないものは通さない”というくらい強い姿勢でいればもっと安全は守れるし、悪い商品は入って来ず、生産サイドも安全管理を徹底して日本に買ってもらうためにもっといいものを作ろうと努力するはずだと自分はそう思う。

まぁそう簡単に一筋縄ではいかないのだろうが(苦笑)、今も風評被害が相次ぐスーパーでは冷食をお客が敬遠し、売場は閑古鳥が鳴き、スーパーで働く知り合いによると、ギョーザに関わらず、5割引にしてもすべての冷食が全然売れなくなっているんだとか。

“安かろう悪かろう”ではなく、食品に限らず、いつか安心して買えるそんな時代が来ることを切に願いたいものだ。b(-_-)

もうすぐ卒業 

January 28 [Mon], 2008, 0:05
今日はほぼ1日教習所にいたのだけど、学科も今日でようやくすべて終わり、午後からは高速教習に行ってきました。

日曜ということもあり混んでいるかもー?と思いきや、時期的なせいか、かなり空いていて、天気も快晴で絶好の高速日和でした(^-^)。

途中、富士山が綺麗に見えたので思わず見とれてわき見をしてしまい、教官に注意されたりもしたけど(苦笑)、100km/h以上で飛ばす快感にもすっかりハマってしまい、すごく楽しかったなぁ。

でも帰りは事故渋滞に巻き込まれ、帰りが遅れてちょっと大変だったけど、グシャグシャになった事故車を目の当たりにし、あらためて運転は気を引き締めて慎重にしないとと思ったのでした。(^人^)

東京、雪 

January 23 [Wed], 2008, 20:09
今朝6時にあまりの寒さで目が覚めた。布団や毛布に包まっていても寒さを感じたのはこの冬初めてだ。
そっとカーテンを開けてみる。
すると予想外の大粒の雪が降り、辺りは一面銀世界になっていた。

前日の予報では“雨混じりの雪でうっすら積もる程度”なんて言っていたのに、会社に出勤する頃には更に激しい雪に変わった。

新宿の気温を表す掲示板は「1℃」の表示。見ただけでますます寒さが増した。
東京の雪は年に1度あるかないかだけど、これほどの雪が降るのはとても珍しい。

子供の頃は雪が降ると、ワクワクし楽しくて仕方なかったが、大人になってみて、当時大人が雪を見て困惑していたあの気持ちがわかるようになった。

暦の上ではあと10日余りで冬が終わる。
寒いのが苦手な自分にとっては、あと少しの辛抱なのだけど、冬が終われば天敵“花粉症の季節”がやってくる。
今年の花粉量は去年の3倍以上なんだとか。

まだまだ俺の春?!は遠いなぁf(^_^;)。

かけがえのないもの 

January 16 [Wed], 2008, 23:32
先日、地元名古屋の友人と会った。
出張で急遽東京に来ることになり、夜時間が作れそうだからとわざわざ連絡をくれた。

忙しい中声かけてくれたのはとてもうれしかったし、昨年末は名古屋に帰らなかったから、久しぶりに会うことができ、短い時間だったが話に華が咲いた。

原宿の竹下通りを二人で歩きながら、中学の修学旅行でこの場所に来たなぁなんて思い出話をしたり、近況や昔話をたくさんした。

彼とは小学生からの付き合いだが、いつも会うたび忘れかけていたものや元気をもらう。

当時と変わらない部分やお互い環境が変わり変わってしまったことも当然あるのだが、いつまでもバカなことで笑い合え、違う環境や道の中でも互いに励まし応援し合う関係でいられる。こんな素敵な関係はそうそうない。自分は幸せものだと思う。



ちょうど今レコーディングの帰り道なのだが、空からひらひらと白い粒が降ってきた。

東京の初雪である。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:t-tashiro
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像チャーリー
» 最終回〜さよなら、ありがとう〜 (2008年09月29日)
アイコン画像俺と妹
» 最終回〜さよなら、ありがとう〜 (2008年09月26日)
アイコン画像ゆりり
» 最終回〜さよなら、ありがとう〜 (2008年09月24日)
アイコン画像隙間男
» 最終回〜さよなら、ありがとう〜 (2008年09月24日)
アイコン画像ハム太郎
» 最終回〜さよなら、ありがとう〜 (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» 最終回〜さよなら、ありがとう〜 (2008年09月15日)
アイコン画像姫路キリト
» 疲れましたー。 (2008年02月25日)
アイコン画像おじさま80号
» 思い出 (2008年02月15日)
アイコン画像中@出し太郎
» もうすぐ卒業 (2008年02月02日)
アイコン画像洋二郎
» もうすぐ卒業 (2008年01月31日)
Yapme!一覧
読者になる