【 更新情報 】

スポンサード リンク

トーイック 試験日

TOEIC公開テストは全国80都市で年8回(1・3・5・6・7・9・10・11月)実施されます。
受験地ごとに実施回数が異なりますので、注意が必要なのと、トーイック 試験 申し込み日の締め切りを確認するのが第一歩です。

トーイック 試験申し込みの締め切りは、おおよそ試験日の2ヶ月前になりますが申込方法には「インターネット申込」「コンビニ店頭申込」「申込書による申込」の3つがあるので、申込方法によって申込期間が異なりますのでご注意しましょう〜!

トーイックのレベルとスコア

トーイックのレベルとスコアの関係で、現実の英語コミュニケーション能力が現されると言われています。大体の相関関係と
評価を記載してみます。トーイックのレベルEは、スコアが220までとなります。このレベルであると、コミュニケーションが
相手と出来るまでには至ってない。と言う評価になるようです。ゆっくり話してもらっても単純な会話でありながら部分的に
のみしか理解できない。意思の疎通を試みても、単語を断片的にしか並べることが出来ず、実質的には役に立たないレベル
だそうです。

レベルDは220以上470までとされ、最低限の通常会話でコミュニケーションが出来るレベル。この場合は、相手がレベルを
感じとってくれて特別な配慮をしてくれてゆっくり話してもらう・繰り返しや言い換えなどをしてくれて話が理解できると言う
レベルだそうです。次にレベルCとなると、スコア470以上730までとなり、少し勉強をしたかたのレベルかも知れません。
要点を理解することが出来て、応答についても支障がないといえるレベルだそうです。限定された範囲内などで業務に
関係するコミュニケーションも取れそうだそうです。表現力不足は否めないが、基本的な文法や構文は習得しているレベルに
なるそうです。

レベルBになると730以上860までとなりますが、ここまで来たら凄いレベルだと思います。どのような状況でも適切な
コミュニケーションがとれる能力があると思われます。完全に通常会話は理解できていると言われ、話題が特定分野に
なっても対応できる能力があると思われます。レベルAは860以上ですからネイティブスピーカーの一歩手前でしょうか。
ここまで目指したいものです。

TOEICのリスニングでも高得点を取っていただけるようにTOEICによく出てくる単語もしっかりと収録してあるので、リスニングパワーを聞き流すことにより、TOEICにでてくる単語も聞き取れるようになります。
リスニングで失敗しているアナタにお役に立てるっ!
続きを読む・・・

トーイックスコアと企業の関係

ここでは、トーイックを受けようとする企業にお勤めの方への情報を記載しようと思います。多くの企業が即戦力として基準を
設けているようですが、それはトーイックスコアで言うと600以上とされているようです。けれども聞いたところによると現実では、
新入社員の平均スコアは450前後と言われさらに勉強や訓練が必要とされていると言うデータがあるようです。

よく比較されるのがTOFELのスコアだそうですが、おおよそTOFEL600と同等とされるのがトーイック875だそうです。とある
アンケート調査によると、ビジネスマンやビジネスウーマンの方々のトーイックスコアは、営業部門で680、技術部門で650、
海外部門720以上なのだそうです。企業が期待したいとされるトーイックスコアになると海外部門で海外駐在員は600から
730、営業部門では500から730程度、技術部門では500から650と言う所もあるようです

。再度、TOFELと比較しますと、トーイックスコア800がTOFEL600、トーイックスコア750がTOFEL550、トーイックスコア600がTOFEL500なのだそうです。ある会社では、通信教育の半額を補助して、トーイック受験料の半額補助してくれたり、
主要企業もトーイックへは真剣に取り組みしているところも多いそうです。

私は、"スコット先生のリスニングパワーTOEIC" を聴き始めてから、これまで聞こえていなかった英語特有の音を、耳が自然と捉えている事を実感しています!そうなんです!私の耳が英語耳になったんですよ〜!
その秘密は英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワーTOEIC」
続きを読む・・・

トーイックの基本情報

トーイックは、アメリカやカナダ等の英語圏の大学に留学しようかと思われる方々が、必須とされている英語能力のテストです。
一説には、年間100万人以上の世界各国の受験される方がいるそうです。これは、全米大学入試共通試験などを実施している
ETSが製作しているテストで、過去に実施したTOFELの情報を元に開発された国際コミュニケーション英語能力テストと言うのは
皆さんご存知だと思います。

トーイックは、言語学や統計学、それに心理学の手法を駆使されているんだそうです。要は、総合的な英語力を測定判別する
テストなのです。セッションは、リスティングを100問、リーディングを100問で構成されています。それぞれ、45分と75分間の
時間で受験するということです。しかしながら、大学留学だけに留まらず企業など必要とされることが多く、年々受験する方は多く
なっているのが現状のようです。

トーイックが重要視される理由は、能力評価が数値で示されることでありながらスケールが問題のの変更んにかかわらず一定
であることだそうです。もっとも苦手とされるのは、リスニングによる問題だと言われいるようです。迷っていると次の設問が始まり、
どんどん焦りが出てしまって回答する時間がなくなってしまうのが多くあるそうです。

私は、 「リスニングパワーTOEIC」聞き始めて約1ヶ月足らずで、以前よりスムーズに英単語が聞き取れています。近日中にTOEIC Testを受けますが楽しみです。引き続きリスニングパワーを聞きながら通勤するつもりです。
RSS新着情報