生まれる。

November 18 [Fri], 2011, 21:06
もうすぐ子供が産まれます。

自分が父親になるなんてまだ信じられない。

だけどもうすぐ自分には守るべき子供が生まれる。

産んでくれる妻に感謝し、神様がくださった命、大切に育んで行こう。

白石城下きものまつり'2010

September 17 [Fri], 2010, 20:27
白石市で毎年開催されている「白石城下きものまつり」、

今年は特別な年になりそうです

実は、花嫁行列の主役をさせて頂くことになりました〜

開催初回から客としてお邪魔しているきものまつり、毎回結婚式の誘いがあるのですが、

今年は直接電話でオファーがありました。

今年中に入籍する予定でしたので、協力することとなりました


以前、きものまつりで見た結婚式、とても素敵でした。

昔ながらの結婚式、鏡開き、ながもち歌、花嫁行列・・・いつか自分もやってみたいなぁという夢が叶います

自分たちの結婚式のために二人とも着物を全て自前で用意してました今回、それを着ます!

装いも気持ちも昔の良い時代の感覚で結婚式ができそうです


そして、今なら地毛で丁髷を結えます


美容室でのリハーサルにて

お時間の許す方は是非、「白石城下きものまつり」へのご参加をよろしくお願いします

詳しくは下記ページをご覧ください。


白石まちづくり株式会社

白石まちづくりブログ

第7回白石城下きものまつり

開催日 10/15(金)〜10/17(日)
      花嫁行列 16日 11:00〜(予定)
時 間 10:00〜17:00(最終日15:00)
場 所 壽丸屋敷・すまiるひろばを中心とした商店街
主 催 白石まちづくり株式会社 電話0224-25-6054


薔薇

July 03 [Sat], 2010, 10:03
薔薇

薔薇は古代から、繁栄と愛の象徴とされていた。
ギリシャ神話では、愛と美の女神「アフロディーテ」が
海から誕生したときに、大地がそれと同じぐらい美しいものとして、
バラの花を作ったとされている。

薔薇の西洋のイメージが強いが、
日本はバラの自生地として世界的に知られており、
品種改良に使用された原種のうち3種類は日本原産である。

古くバラは「うまら」「うばら」と呼ばれ、『万葉集』にも
「みちのへの茨(うまら)の末(うれ)に延(ほ)ほ
豆のからまる君をはかれか行かむ」
という歌がある。

江戸時代初期に、慶長遣欧使節副使・支倉常長が西洋から
バラを持ち帰った。そのバラは、伊達光宗の菩提寺の円通院にある
光宗の霊廟「三慧殿」の厨子に描かれたため、
同寺は「薔薇寺」の通称で呼ばれるようになった。

(Wikipediaより抜粋)

宮城では6月に薔薇が咲きます。
気持ちが良い風の中、初夏の季節を感じます。
この時期は毎年どこかしらに薔薇を見に行きます。



花言葉:
 白色の薔薇 
  「心からの尊敬」「無邪気」「清純」「純潔」「私は処女」
  「恋の吐息」「私はあなたにふさわしい」




花言葉:
 ピンク色の薔薇
  「気品」「上品」「愛を持つ」「しとやか」

因みに、
 黄色い薔薇
  「薄らぐ愛・恋に飽きた・別れよう、誠意がない、不貞、嫉妬」
 黒赤色の薔薇
  「死ぬまで憎みます、化けて出ますよ」
 満開の薔薇
  「私は人妻」

花を贈る場合は花言葉に気を付けないと大変な事になりそう…

明日に向かって打て!

May 10 [Mon], 2010, 2:26


海よ〜俺の海よ〜♪

大きなその愛よ〜

男の想いを

その胸に抱きとめて

明日ののぞみを

俺たちにくれるのだ♪

(海 その愛、歌:加山雄三)


すっとした(*^ー^)ノ



小さな奇跡

May 03 [Mon], 2010, 16:11
(王様のレストラン、森本レオのナレーション風にお読みください)



それは、はじめから不思議な夜だった。

環にとって、開けたてのにゅうにゅう(牛乳)を飲む事は幸せである。

彼女にとって、海上保安新聞が届く事は幸せである。

彼にとって、月に一度の限定ケーキを食す事は幸せである。

そんな幸せが重なった夜の事である。



彼は夕食を食べ終え、そそくさと紅茶の用意をはじめた。

それは月一の楽しみである、限定ケーキを食すためである。

そのケーキとは、彼が一番お気に入りのケーキ屋である、
パティスリーGENNKI
(ちなみに、通称アンティーク)の月ごとのオリジナルケーキである。



そのケーキを食すことは、彼の毎月のささやかな楽しみである。

彼は席につき、箱からケーキを取り出し皿に盛りつけた。

部屋は紅茶とケーキの甘い香りに包まれた。

そのとき…環が「私には何かあるの?」と
テーブルに前足をのせ可愛く鳴いた。

彼は環の要求に応え豆皿へ、
その日買ったばかりのにゅうにゅうを開け注いだ。

環は「開けたてのにゅうにゅうは最高ね」と鳴いた。

そしてそのとき…彼女はその日ポストに届いた海上保安新聞を見ていた。

海上保安新聞とは、海上保安庁友の会に入会している彼女に
海上保安協会から送られる新聞である。

全国の海保にわつわる事柄が載っている。

彼女はお茶を飲みながら新聞を読み、海保に対する思いを深めていた。


そして彼は…紅茶を一口すすり、ケーキに手をつけた。

ケーキ側面のフィルムをはがした…そのとき奇跡が起きた。



ケーキのフィルムに残ったクリームが猫の形になっている。

はっきりとした輪郭、ぴんっと立った耳、長いしっぽ、
まさしく猫である。

それはまさに三つの小さな幸せが重なってた夜に起きた、
小さな奇跡である。


彼はちょっとした幸せを幸せと感じられる心の余裕を
大切にしたいと思ったのであった。



さてその夜、突然チャイムが鳴った。

玄関のドアを開けると、
おじいさんが赤い洗面器を頭の上に乗せて立っていた。

彼はおじいさんになぜ赤い洗面器を頭の上に乗せているのか聞いた。

おじいさんは答えたのだが、それはまた別の話…。


(別の話のみフィクションです)

再起動。

April 30 [Fri], 2010, 2:11

色々ありましたが、やっと再起動出来そうです。
ぼちぼち更新して行ければと思います。

たまきも元気です。

写真は最近の趣味のシフォンケーキとたまちゃんです。


bistro-TAMAKI 〜はつはるさん・にんさん来仙〜

November 11 [Wed], 2009, 22:57
10月吉日、みくさんのプログ友達はつはるさん・にんさんが沖縄から来仙されました!

3泊4日の日程と言うことで、行きたい場所を教えてもらい、

宮城県の各地をめぐるツアーを半ば強制的に考えました。
(細かい工程ですみませんでした。時間に追われ本当にツアーみたいでしたね。)

ツアーの中身はみくさんの日記に任せ、僕の方は仙台最終夜の晩餐ディナーの様子を。



ディナーは自宅で『bistro-TAMAKI 』の開店です。



はつはるさんがパスタが好きだということで、みやぎの食材を使ったハーフコースを。



本日のmenu

前菜   真鯛カルパッチョ〜バルサミコソース〜
スープ  登米の油麩のスープ〜コンソメ〜
パスタ  大葉のジャノベーゼ
パスタ  アスパラの自家製トマトソース
デザート アラカルト(genkiのケーキ)・カフェオレ(リンデンバウムの珈琲)



はつはるさんに気に入ってもらえたようです。

途中、はつはるさんから作り方について聞かれたらしいのですが、全く気がつか無かったらしくすみません。
無視したわけではなく・・・自分の世界へ入っていたみたいです。



前菜の「真鯛カルパッチョ〜バルサミコソース〜」は、薄切りにした鯛にオリーブオイルとパルサミコソースをかけたシンプルな料理ですが、このバルサミコソースが一般に手に入りにくいアチェート・バルサミコという熟成された非常に甘くてこくがあるソースを使用しており、カルパッチョ用のオリーブオイルにとても合うのです!



スープ「登米の油麩のスープ〜コンソメ〜」は、この日この場所で思いついた創作スープです。
登米の名産の油麩をイタリアンに合うように食材に使えないか考えた結果、コンソメスープに入れたらどうなるかと・・・実験でした。結果、大正解!!油麩のこくがコンソメスープの風味を引き立て、白ワインの香りととても合う素晴らしいスープになりました。
作り方は簡単です。
 水にきのこを入れ、沸騰させたらほうれん草・トマトなど具を入れコンソメスープの素を溶かします。
 (ここで隠し味にローズマリーを少々入れるとGood)
 油麩を入れてスープを吸ってしんなりしてきたら白ワインを入れます。
 一煮立ちしたら・塩コショウで味付けして出来上がり!



パスタは2品です。 
「大葉のジャノベーゼ」は大葉40枚を細かくみじん切りにし、にんにくの香りを移したオリーブオイルで焦げない程度に炒めて香りを出した、我が家の定番パスタです。
 (麺の太さ4mm)

「アスパラの自家製トマトソース」は生のトマトをオリーブオイル・バジルと煮込んで自家製ポモドーロを作っておき、炒め出たベーコンの油と合わせて作ったソースです。
これはみくさんが好きで良く作るこれも定番メニューです。
 (麺の太さ7mm)



たまき姫には真鯛を献上。

環「ぺロッ〜美味しくてよ。だけど皆さんはこんなにあるのに私にはこれだけなの?後でにゅうにゅうたくさんくれなきゃ許さないわよ!」



デザートはいつものgenkiのケーキのアラカルト。

みんなで少しずつ味見・・・素晴らしく美味しい!

結構食べたのにみんな甘いものは別腹ですね・・・

リンデンバウムの珈琲を入れたカフェオレは毎晩の楽しみです。(砂糖は黒糖を使用します。)



デザートまでは手作りとはいかなかったですが、

お二人に満足してもらえたみたいで、とてもうれしい時間でした。

またこちらにいらして頂いたら、そのときはフルコース作りますよ!

そのときまで腕を磨いておきます。


お二人との時間は、昔からの友人に久しぶりに会った感覚です。

とっても楽しい時間でした。

きっとすぐに会える気がします・・・素晴らしい時間に感謝!

男着物に合う髪型

October 13 [Tue], 2009, 21:54
最近髪を伸ばしています。

女性の着物に合う髪型はたくさんありますが、男の場合無いに等しい。

昭和初期だと、くっきり七三分け。
大正時代だと、オールバックとか?
明治時代だと、ざんぎり頭?(狂歌「ザンギリ頭を 叩いてみれば 文明開化の 音がする」)
江戸時代だと、髷(茶筅髷、二つ折、本多髷、野郎髷、等)

どれも現代の社会人生活に当てはまらない・・・

とりあえず伸ばしてみて研究してみることに。


今回は後ろで結んで江戸時代の医者の髪型である『総髪』にしてみました。

相方からはしょっちゅう髪型のことを聞くのでうざがられてますが、

20歳台最後の年に男着物に合う髪型の研究にチャレンジしてみます。

たまき劇場 『新しいおもちゃ』 

October 01 [Thu], 2009, 22:36
たまき「おにい様、そろそろお遊びの時間じゃないかしら〜

僕「そうだね!そろそろだね。最近いい子にしてたから、今日は新しいおもちゃを買ってきたよ!」

たまき「それはうれしくて。どんなおもちゃかしら

僕「じゃん!」



たまき「まあかわいいじゃないの

僕「とんがり鼻がいいでしょ!キュキュ鳴くんだよ

たまき「かわいい〜ゴロゴロ」



たまき「どんなふうなお顔かしら・・・」



僕「近づいてきて見てよ〜」

たまき「しかたないわね・・・」



僕(おもちゃを隠す)

たまき「・・・何なのよ隠さないでよねもういいわ



僕「ごめんね〜ごめんね〜。つい・・・」

たまき「どうせいいのよ。私好みの顔じゃないから。興味ないわッ ツンッ 」



僕「じゃあどんなのが好みなの?」


たまき「お兄様みたいな顔


僕「・・・たまちゃんスキ(涙)」


たまき「そろそろにゅうにゅうの時間じゃないかしら」  ※にゅうにゅう→牛乳

僕「ハイ来た

たまき「きょうはどのくらい頂けるのかしら?」

僕「いつもの2倍だよ デレデレ 」


たまき「(男って単純ね)」




!圧力鍋!*豚バラ角煮*

July 23 [Thu], 2009, 19:45
とうとう我が家に圧力鍋が導入されました

ずっと欲しかったあっちゃん(圧力鍋のこと)やっと出会えました。

いろいろな商品がある中で、譲れない点が5000円以内で2段階圧力調整機能(低圧力と高圧力の切り替えが可能)でした。

ふとネットで探してみたら理想のあっちゃんがありました!

「ルミナスプラス3.5L」

オークションで4000円くらいで手に入れることができました!


環もすりっとしたくなるステンレスの輝き

最初に作るレシピは決めていました定番中の定番『豚バラ角煮』です

材料は、

豚バラ肉    :400g
しょうが     :半片
長ネギ      :青い部分2本分
その他調味料 :感覚



材料を切ってあっちゃんに入れます。

まずは下ゆで。

あっちゃんの蓋を閉めて火をつけ加圧



すごい静かです。

予想以上に静かでびっくり!



15分加圧し、火を止めて10分蒸らします・・・



蓋をあける瞬間、爆発するのではと一瞬頭をよぎりましたが、無事OPEN。

見事にゆで上がってる

ゆで汁を捨て、豚肉をあっちゃんに戻し酒、醤油、砂糖、水を加えて10分ほど加圧し、火を止めて10分程蒸らします・・・



煮汁を煮詰めて、とろとろの豚バラ角煮のできあがり〜



念願の豚バラ角煮、最高の出来でした!

恐るべしあっちゃん


圧力鍋を使ったレシピでおすすめがあれば、教えてくださいな〜

次回は着物で料理でもしてみようかな!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:to-no
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1980年8月21日
  • アイコン画像 現住所:宮城県
  • アイコン画像 趣味:
    ・コレクション-着物、MINI
    ・グルメ-料理 
    ・ペット-猫
読者になる
◆ british samurai ◆

to-noの日常における、
着物・MINI・猫・食についての日記です。

「ブリティッシュ サムライ」
英国的なおちゃめさと、日本男児の精神的強さを融合した人間になりたいって意味です。 

※まめな人間ではあるのですが、コメントなど返せない場合が多々あります。それを了承した上でコメント頂きたく、お願い致します。

P R
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像to-no
» 生まれる。 (2011年11月21日)
アイコン画像はつはる
» 生まれる。 (2011年11月21日)
アイコン画像to-no
» 白石城下きものまつり'2010 (2010年10月16日)
アイコン画像なおゆこ 改め yuu、
» 白石城下きものまつり'2010 (2010年10月15日)
アイコン画像なおゆこ 改め yuu、
» !圧力鍋!*豚バラ角煮* (2010年10月15日)
アイコン画像to-no
» 薔薇 (2010年09月17日)
アイコン画像アゲハ
» 薔薇 (2010年08月13日)
アイコン画像to-no
» 小さな奇跡 (2010年07月03日)
アイコン画像はつはる
» 小さな奇跡 (2010年06月11日)
アイコン画像to-no
» 小さな奇跡 (2010年05月12日)

ねこまどpowerted by SEO対策