【 更新情報 】

スポンサード リンク

ティファールの電気ケトル・口コミ情報

皆さんは、お茶を入れる時やカップラーメンを作る時、どうやってお湯を沸かしていますか?

おそらく、保温にしてある電気ポットのお湯を使うと答える方が多いのではないでしょうか。
中には、その都度ヤカンで沸かしているという方もいらっしゃるでしょう。

本来、お茶は新しく沸かしたお湯を使ったほうが美味しく入れられるのだそうですが、
忙しい日常の中ではお湯が沸くのを待つ時間ももどかしい!ということもしばしばありますよね。

ところが、ティファールの電気ケトルを使えば、あっという間にお湯を沸かせるんです!
コーヒー一杯分なら、ものの一分ほどで沸いてしまいます。
それなら、忙しい朝でもコーヒーで一息ついてからお出かけできますよね♪

必要な時に必要な分だけ沸かせば良いので、水や電気を無駄にせず経済的なんです。
しかも、デザインもコンパクトで、カラーも選べるため
インテリアの邪魔をしないという点でも人気があります。

価格.comなどのサイトでティファールの電気ケトル・口コミ情報を調べてみると、
やはり電気代の節約になるという声が多く寄せられているようです。
他にも、火を使わないので安全、洗いやすいので清潔に使える…などの声があるようです。

自分で使うのも重宝しますが、贈り物としてもレベルが高い品ですよね。
喜ばれること間違いなしです。結婚祝いに贈る方も多いのだそうですよ!

ティファール・電気ケトルの電気代 

ガスを使わず、必要な時に必要な分だけすぐにお湯を沸かせることで重宝されている
ティファールの電気ケトル。

「お茶は新鮮なお湯で入れなくっちゃ!」
というこだわりを持ちつつも忙しくてポットのお湯で妥協・・・そんな方には嬉しい電化製品ですよね。

クチコミ情報によれば、電気ケトルは電気ポットよりも電気代がかからないのだとか。
本当に?とちょっと疑ってみたくもなりますよね(笑)。

そこで、ティファール・電気ケトルの電気代が1ヶ月でどのくらいなのか調べてみました。
まず、朝と夜にコーヒーカップ1杯分のお湯を沸かした場合について計算すると、ひと月で約36円。
二杯ずつ沸かしても、92円で済むんです!
ポットの場合は沸くまで時間もかかりますし、長時間保温するのに電気代もかさみます。

では、なぜ電気ケトルは短時間でお湯を沸騰させることができるんでしょうか?
ガスでヤカンのお湯を沸かすのとどう違うのでしょう。

その答えは、電気ケトルの内面の素材にありました。
電気ケトルの内面はとても薄くて軽い金属でできているのだそうです。
ヤカンのお湯を沸かすよりも加熱する金属の質量が少ないため、加熱に必要な熱量も少ないのです。

ガスの場合は、大量の水を沸かす場合や長時間の煮込み料理をする場合などは低燃費になりますが、
ヤカンに入る程度の水を沸かすには燃費が悪いのです。

光熱費を見直したいとお考えの方、まずはお湯の沸かし方から変えてみませんか?

ティファール・電気ケトルの価格比較

日本では、ヤカンや電気ポットを使ってお湯を沸かすご家庭が多いと思いますが、
ヨーロッパ諸国では電気ケトルを使ってお湯を沸かすのが一般的なのだそうです。

電気ケトルを使えば、必要な時に必要な分のお湯だけ、あっという間に沸かせてしまいます。
つまり、使うかどうかわからないお湯を長時間ポットで保温しているよりも、
電気代がずっとお得なんです。

ティファールの電気ケトルならサイズが0.8、1.0、1.2、1.5、1.7Lの7種類あるので
家族構成に合わせて選べますし、
色やデザインもバリエーションが豊富ですのでお部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。

気になるお値段ですが、ネットでティファール・電気ケトルの価格比較について検索してみると、
店舗販売からネット通販まで色々な販売ルートの情報がヒットします。

売れ筋の0.8、1Lのものなら4000円台後半で手に入るようです。
素材がステンレス製のものになると、ちょっとお高くなって7000円前後といったところ。
一人暮らしの方には、このくらいのサイズがちょうど良いのではないでしょうか。
1.7Lのタイプは7000円前後が相場のようですが、

店によっては0.8Lや1Lのタイプと変わらない値段になっているところもあるんです!
色々な販売店の価格を比べてみることができるサイトを利用して、
どこで買うのが一番安いのか、その時点での最安値を調べて購入することをお勧めします。
P R
カテゴリアーカイブ