投資とは10%の奇跡と40%の努力と50%の忍耐力である
◇ファンドのトレーダー紹介◇
隊長:鉄の精神力を持つ一枚野郎
タロウ:マーケットの見習い魔術師
サムライ:恐れを知らぬトレードの芸術家

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:t-cubic
読者になる
2008年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1周年 / 2008年08月03日(日)
思い起こせばなんとも運の悪い時期に始めたものです。。。
サブプライム問題の表面化→アメリカ住宅・不動産バブル崩壊→金融不安→商品市況の高騰→インフレ懸念→景気後退懸念

とまぁこんな感じで株を買うには最悪の時期からスタートしたようです。
人の資産をリスクに晒すという行為は、まだまだ自分には早すぎたみたいで、取引回数も数回というなんとも情けない1年でした。
結果的にマイナスの成績となったのはまだまだ自分らが力不足であったということですね。
そんなわけで、一旦解散しようと思います。
もう少し自分に自信と実力、プレッシャーに耐えられるようになるまでオヤスミです。
なお、出資資金は近日中に返却します。
ご了承ください。
 
   
Posted at 19:04 / その他連絡 / この記事のURL
1月29日 今年初利益 / 2008年02月01日(金)
売り銘柄:コマツ 6301
売り金額:2565
売り株数:100

報告遅くなりましたが、売ったのは昨日です。
決算&FOMCを控えての持ち越しは今の地合ではリスクが高すぎると判断しての売りなので、また近いうちに買い直したいと思います。
 
   
Posted at 00:12 / 取引状況 / この記事のURL
1月28日 今年初取引 / 2008年01月28日(月)
買付銘柄:コマツ 6301
買付金額:2500
買付株数:100

事後報告だけれどコマツの紹介
建設機械で世界2位。アジア地域でシェアトップ。生産は多国籍。本業強化でM&Aに積極的

先週末に建設機械世界1位のキャタピラー(アメリカ)が好調な決算を発表。
コマツもキャタピラー同様、好調な業績であると踏んでの買いです。
以下コピペ

*********************************************************
[シカゴ 25日 ロイター] 米重機メーカーのキャタピラー(CAT.N: 株価, 企業情報, レポート)が25日発表した第4・四半期決算は、国内で機械およびエンジンの売り上げが落ち込んだものの、海外の鉱山、エネルギー、建設向けの売り上げが堅調となり、10%超の増益となった。

 利益は9億7500万ドル(1株当たり1.50ドル)。前年同期は8億8200万ドル(同1.32ドル)だった。

 売上高は10%増の121億4000万ドルとなった。北米で11%減少する一方、北米以外では31%増加した。

 ロイター・エスティメーツによるアナリスト予想の平均は、売上高が110億ドル、1株当たり利益が1.50ドルだった。

 今後の業績については、米経済が景気後退入りする現実的な可能性があるとする一方で、海外売上高の急速な伸びにより2008年の売上高および利益予想を達成できるとの見通しを示した。

 国内住宅市場には厳しい年となり、他の主要市場でも「低迷が続く」とみているが、米国以外の堅調な売上が今後も国内の不振を相殺するとしている。
*********************************************************

【不安材料】
不安材料は1月30日の決算発表。
今の地合だとどんな業績が出ても売られるかもしれない・・・一旦逃げておくかどうか考え中です。

【利益・損失確定の設定】
±の目標を変更して3000円目標、2000円でロスカット。
なお、下げれば2300円辺りでもう100株追加して買う予定です。
 
   
Posted at 23:25 / 取引状況 / この記事のURL
明けましておめでとうございます / 2008年01月06日(日)
新年の挨拶が遅れましたが、明けましておめでとうございます。

【昨年の概況】
昨年後半はアメリカのサブプライムローン問題に端を発した信用収縮(クレジットクランチ)が問題となり、日本市場もその影響を受けて非常〜〜〜に難解な相場となりました。
奇しくもTCFファンド発足直後に問題が公となり、当初想定していた取引環境とは異なったまさに想定外の状況が続きました。

【今年の予想】
しばらくは昨年同様、数日単位の乱高下が続くような相場状況と見ています。
が、過度の弱気になると逆に買うチャンスを逃すかもしれません。
日々の相場を冷静に分析しつつ、虎視眈々と買いのチャンスを待ち続ける忍耐力が必要です。
前に比べて安くなったので買うという高値覚えの買いは、今の相場では通用しないので気をつけておきたいところです。

【運用状況のまとめ】
値幅±5%で数週間単位の取引を想定していましたが、上記サブプライムローン問題により市場が常に荒れ模様となり、±5%などの値幅では1週間も持たないような状況が続いていました。
相場が難解な上に乱高下を繰り返すお陰で売買のタイミングが掴めず、昨年はわずか2回の取引で終了しました。
以下が資産運用のBefore〜Afterです。

昨年成績(2007年8月1日〜2007年12月28日)
当初運用額:1,000,000
年末運用額:972,749
差:-27,251(-2.76%)

参考日経平均(2007年8月1日〜2007年12月28日)
初期日経平均株価:17,248.89
年末日経平均株価:15,307.78
:-1,941.11(-11.25%)

日経平均株価よりも運用資産を減らしていないだけマシと考え、今年も頑張る次第であります。
今後ともよろしくお願い致します。
 
   
Posted at 19:40 / その他連絡 / この記事のURL
12月15日時点 取引状況 / 2007年12月19日(水)
買付銘柄:なし
買付金額:0
買付株数:0
売付銘柄:なし
売付価格:0
売付株数:0
総資金:972,749 (先週比+2,529)

今週末の指数終値************
TOPIX 1,501.25
日経平均株価 15,514.51
ジャスダック指数 73.31
米国$ 113.3900
************************

更新遅くなりました。
日本市場は予想通りな下げ基調でいい感じです。
出資者2名から取引の許可を貰ったんで、短期で売買してみました。
(短期だったので取引情報は載せてません。。。)
今の状況で取引する場合は、利益が乗ったら早めの利益確定、損が出たら超速の損失確定をすべき状況と考えてます。
そういうわけで、なにか要望などがありましたらコメントください。

これからの展開予想はというと、日経平均で大雑把に見積もって15000〜16000円ぐらいのボックス相場にでもなるんじゃないかと思っているんすけど、為替に不穏な動きが・・・。
為替もここらで円安一服して、再度円高に向かうんじゃないかと思うけど、これが暴落要因にならなきゃいいんだけど。
 
   
Posted at 22:17 / 取引状況 / この記事のURL
12月8日時点 取引状況 / 2007年12月09日(日)
買付銘柄:なし
買付金額:0
買付株数:0
売付銘柄:なし
売付価格:0
売付株数:0
総資金:970,220

今週末の指数終値************
TOPIX 1,561.76
日経平均株価 15,956.37
ジャスダック指数 75.15
米国$ 111.6900
************************

今週は週の前半、予定通り下げたけど水曜の午後辺りから海外の株価大幅上昇につられて日本市場も上がっていきました。
海外(主にアメリカ)が上がった理由として、サブプライム問題への対策案を発表されてそれが好感された感じです。
が、これ以上アメリカの株価が上がるかといわれるとさすがに厳しいんじゃないかと。
あと5%ぐらいで史上最高値に戻るなんて、そんな演出はないでしょ。

日本市場もアメリカにホイホイついてっただけの自立的な上昇じゃないんで、アメリカ市場の下落とともに下がるんではないでしょか。
ただ、安くなると買いたい人が多そうなので、下値は日経平均で15500円ぐらいなんじゃね?と勝手に思ってます。
 
   
Posted at 23:43 / 取引状況 / この記事のURL
12月1日時点 取引状況 / 2007年12月03日(月)
買付銘柄:なし
買付金額:0
買付株数:0
売付銘柄:なし
売付価格:0
売付株数:0
総資金:970,220

今週末の指数終値************
TOPIX 1,531.88
日経平均株価 15,680.67
ジャスダック指数 75.03
米国$ 111.0999
************************

先週の日本市場は急反発して大幅高!!!
誰がこんなに買ったのか、これを考えると売り方の買戻し&利鞘狙いの短期組ぐらいじゃないっすかね。
そう考えると、これより上で買う意味が薄れてくるので今週の前半は利益確定売りに押される展開が予想できる。
週の後半は・・・金、原油等の商品先物、ドル円の為替市場などなどに流される感じじゃないっすかね。
基本ジリ下げをイメージしています。
今晩アメリカが大きく上がった場合、テキトーな銘柄を明日(4日)の寄りで空売るのであしからず。

なお、前回の気になる2点の結果はこんなとこ
・FRBの追加利下げは可能性大
・今のところ、クリスマス商戦にサブプライム問題は影響していないっぽい

プロの情報によると、新興市場買い&東証1部の主力株売りらすぃ。
 
   
Posted at 21:21 / 取引状況 / この記事のURL
11月24日時点 取引状況 / 2007年11月26日(月)
買付銘柄:なし
買付金額:0
買付株数:0
売付銘柄:なし
売付価格:0
売付株数:0
総資金:970,220

今週末の指数終値************
TOPIX 1,437.38
日経平均株価 14,888.77
ジャスダック指数 71.41
米国$ 114.1800  ← (108.24の間違いか?)
************************

ん?なにこのドル円・・・ヤフーファイナンスからのコピペなんだけど、114円って 笑
今のレートは108円前半なのであしからず。

今週はさらに下落。もう暴落しだしてから日経平均で15%ぐらい下げたんですけど、そろそろ動きますよ。
月曜日は高く始まるだろうけど、15000円を挟んでどう動くかが焦点ですかね。
11月特有のファンド系決算売りも終わっただろうし、年末にかけてジワジワと売られすぎた銘柄が戻しだす頃じゃないかと。
市場がサブプライムにも慣れてきたっぽいし、そろそろ買ってもいいんじゃね?
今の焦点はこんなもんですかね?
・アメリカFRBが追加利下げするかどうか
・アメリカのクリスマス商戦にサブプライム問題がどれぐらい影響しているか

個人的にFRBは利下げしないんじゃないかと。
クリスマス商戦は今週中ごろに序盤の売上げが報告されるみたいだからそれを見ておきたいなと。

てか、そろそろ日本市場がアメリカ市場から離れて、独自の路線を進むことも考えておきたいっすね。
市場参加者が悲観一色になったときが絶好の買場っすよ!!!
 
   
Posted at 00:47 / 取引状況 / この記事のURL
11月17日時点 取引状況 / 2007年11月19日(月)
買付銘柄:なし
買付金額:0
買付株数:0
売付銘柄:なし
売付価格:0
売付株数:0
総資金:970,220

今週末の指数終値************
TOPIX 1,471.67
日経平均株価 15,154.61
ジャスダック指数 71.74
米国$ 110.9200
************************

完全な下げ相場となってます。
少し上げたらそこで空売れば高確率で勝てます。
まだまだサブプライムの悪夢は終わらないよ!

地銀は大して損失出さない気がする。
けど、市場のマインドが冷めてってるのはよくわかるから結局は売り売りでGOですね。
誰もその決断をしないからTCFの資金が凍結されているけど 笑
どうすればこの状況を打開できるのか、これが当面の最重要課題な気がする。。。
 
   
Posted at 00:55 / 取引状況 / この記事のURL
11/19〜11/22 / 2007年11月16日(金)
サブプライム
さぶぷらいむ

各金融機関から評価損という曖昧なリリースがでていますが、
最終的には確定してもらうまで不安・懸念はぬぐいきれません。
当然と言えば当然。

来週も金融機関のリリースがありますので
楽しく楽しく売りポジでしょうか?

個人的には地銀がサブプライム評価損をだしてくれないかと
ワクワクしております。

そういえば、生保・損保っサブプライム関連の損失だしてたっけ?

【11/19】
8309 中央三井トラスト・ホールディングス(株)
8316 (株)三井住友フィナンシャルグループ
8359 (株)八十二銀行
8360 (株)山梨中央銀行
8362 (株)福井銀行
8374 (株)三重銀行
8385 (株)伊予銀行
8387 (株)四国銀行
8530 (株)中京銀行
8542 (株)トマト銀行

【11/20】
8354 (株)ふくおかフィナンシャルグループ
8358 スルガ銀行(株)
8361 (株)大垣共立銀行
8416 (株)高知銀行
8421 信金中央金庫
8521 (株)長野銀行
8522 (株)名古屋銀行
8562 (株)福島銀行
8752 三井住友海上火災保険(株)
8754 日本興亜損害保険(株)
8755 (株)損害保険ジャパン
8759 ニッセイ同和損害保険(株)
8761 あいおい損害保険(株)
8766 (株)ミレアホールディングス

【11/21】
8306 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ
8356 (株)十六銀行
8527 (株)愛知銀行
8556 (株)香川銀行

【11/22】
8336 (株)武蔵野銀行
8377 (株)ほくほくフィナンシャルグループ
8378 (株)きらやかホールディングス
 
   
Posted at 22:06 / 決算発表スケジュール / この記事のURL
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!