おしらせ〜 

2007年04月21日(土) 1時57分
blog引っ越しました

こちら→http://ameblo.jp/akihiro-blog

ヤプログばいばーい

2006年まとめ 

2006年12月31日(日) 6時53分
2006年もあとわずかとなった

今年は国Tの試験があり
大学院試験があり
卒業論文があり

あっという間に過ぎ去った感じがする


そんな中
今年1年間は大きく自分自身が成長したと実感した年でもあった

自分の考え方みたいなものがなんとなく見えてきた


簡単に言うと
人生で大切なことは大きくわけて3つ


【バランス】【余裕】【一途】

これである

さらに『経験』を積み重ね
『タイミング』を逃さなければ

人生を楽しく過ごすことができる
ってわかった

住吉と話しをしていてもよく出てくる【バランス】
尊敬する青木先生のお話にもよくキーとしてあげられる【バランス】や【一途】
さらに自身の恋愛理論の中で重要エッセンスとなる【バランス】【余裕】【一途】

この3つはやはり様々なことで重要な要素となる

果たして正当なのか?
わからん
でも、自信はある

自分の中で確固たる考えを持つことは非常に強みになる
もしかしたら仇にもなる

でも
この考えは揺るがない

なぜなら俺自身の経験から得た極意だから

おし、そろそろ卒業設計がんばらな!
その前に、お正月だ

スキーも卒論もおんなじなんだって☆ 

2006年12月07日(木) 4時26分
昨日、よーやく卒論を先生に見てもらった。

これでよーやくクソ忙しい卒論生活も少しは落ち着く

んで、昨日先生に見てもらったとき、先生が僕ら学生に対して人生論的なことをおっしゃってくださった!


『私も教授として生徒の君たちに言っておくべきことがあって…』

みたいな思いがけない言葉から始まって言ったこととは


『生徒たちにはもっと快感を味わってほしい

生徒たちにもっと快感を味わせてあげたい』



…正直、意外!!

いや、正直嬉しかった。

普段そーゆうこと言うような世の中で言うなら誰に対しても優しく誰からも好かれる

というよーな先生ではないからだ。

そんな先生が言うには

『スキーってあるでしょ?

あれは最初うまく滑れなくても

あるときから“おっ!滑れる!”みたいになるときがあるんだよね。

そう、滑るコツをつかんだ瞬間ね。

これが快感を味わうってことなんだよ。

研究をしてても、“おっ!”っ何かを紐解く瞬間ってのがあるからさ。

スキーってのは安全だと思う方向に体重を乗せるとうまく滑れないんだよ。

研究も同じでね、ちょっと外れたことしたりすると意外な発見があったりするんだよ。

自分が知ってる安全なことだけじゃなく

ふと何かに注目したり、興味を持ってみるとそこから世界が広がったりするんだよ

だから、安全な道だけじゃなく、様々なものに興味を持つと

意外な快感☆を味わえたりする可能性が広がるよ。』



的なことをおっしゃってくれました。

俺も今回の卒論で、建築学科では絶対学ばないような

統計学を駆使したので、かなりそのへんで手こずったけど

いろいろ理解していくうちに統計学ってのはおもしろいって思えるようになったんだよね。

先生の言う快感の瞬間はきっと

統計学に基づいて算出した結果が予想と一致していたときなんだよね。

でも、今回のゼミで俺がここ何ヶ月かで独学で勉強した統計学はまだまだ理解不足で

もっと統計学は奥が深いんだぞってことがわかった。

先生はもちろん統計学もかなり知り尽くしている方なので、いろいろダメ出しされたけど

もっと深く理解できたらおもしろいだろうなって思った。

だから、そうゆう意味ではまじありがたいことだし

やっぱ尊敬します


最後に先生は

『何かをするときは常に本気でマジメに!本気でサボる!

のどっちかであることが大切だ』とおっしゃいました。


普通の教授の発言ではない感じがするよね。

本気でサボれとか意味わかんないよねw

でもそんな教授が最近大好きなんですわ(でも、バイじゃないぉ)

マジメにやるときは本気でやる!

サボるときも中途半端じゃなくて本気でサボる!(60点ギリギリで単位をとるみたいにねw)

俺もこのくらいメリハリつけれたら

本気でがんばりたいときもがんばれる気がするなって思った。

先生、素敵なお話しを、ありがと

リアル6 

2006年12月02日(土) 6時41分
読んだーついさっき

感動するのはもちろんなんだけど、いろいろと奥が深いんだよね

『俺は何を目指すのか見つかってねーや

でもだからこそ、今を生きることにした

今いる場所がつまんねぇ職場だろうと

俺の道であることに変わりはねぇ

俺のゴールにどうやってつながるかは知らねぇが

いつかつながることだけは確かだ



って言葉、感動です

状況はちょこっと違うけど

俺も、“今やっていることが将来のためになるのかな?”

とか真剣に考えてしまうときがある。

でも、この言葉を聞いて、大丈夫だ!って再認識した


きっと今がんばっていることは何らかの形で将来の自分につながる

きっと今がんばっていることに意味のないことはない

そう考えてがんばろうと思う☆


卒論、あともう少しだ

満足より不満足がいい 

2006年12月01日(金) 5時53分


不満足よりも満足のほうがいいじゃんって思うよね、普通は!!

俺もずっと無意識だけどそう信じていたんだけど、ふと考えてみた。

もしかしたら不満足のほうがいいかもって


例えばご飯…

食べたいときに食べたいものを食べる

これって満足だよね

食べることはいいことなのだけれども、好きなものを好きなときにめいっぱい食べれたら

食べ物に対しての有り難味が弱まっちゃうんじゃないのかな

そーすると、食べ物をろくに食べられないアフリカの子供たちのこととか

親身にかわいそうって思ったりできなくなっちゃいそう。

あと、食べることで得られる幸せが感じられなくなっちゃいそう。

それが怖い。



もっと言うなら

もし彼女という存在がいたとき、一緒にいる時間って楽しいんだけど

一緒にいすぎるとダメになっちゃいそうっていつも思う。



それは、彼女といるその状況をそれで満足してしまっているために

周りが見えなくなるから!

ほんとはもっと大事なものっていっぱいあるんだよね。

友達とか自分の趣味とか。

満足でいると周りが見えなくなる

もし彼女との時間がなくて不満足な時間が増えたら

部屋を掃除したいとか

友達との時間を過ごしたいとか

なんでもいいんだけど、きっとほんとにやりたいことが出てくるよね


だから、満足より不満足がいいんだって思う。

いや、

満足は8割くらいにしといたほうがよい

って言ったほうがいいのかな。


現状に満足しないこと(=不満足である)ってことは

常に何かを求めており、

本当に求めているものは何なのかが見えてくるし、

自分の成長を促進してくれるんじゃないかな☆



これは今という現状に満足しないで常に高嶺を目指すことの大切さを言ってるんだね


だから

自分にとって不満足な全てのことは全て自分のためになる!

って思って過ごそうと思った
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あっきぃ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1984年4月28日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-サッカーをこよなく愛する。やるのも見るのも好き。
    ・お酒-酒の場は好きだけどお酒は弱いよ。
    ・恋愛-自分の恋愛論、持ってるよw
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる