I can do nothing...

November 25 [Sun], 2012, 0:25
連続の投稿で、すみません。
今回は、恋愛の悩みというよりは、少しずれた内容になるため、別の記事として書かせて頂きます。


毎日、死にたいと思っています。
なんて言うと、どこのメンヘラなんだよって感じなんですけど。
私は、寧ろこういうことを思う人を助ける立場の人間のはずなんです。
心理学の勉強も、人並み以上にしています。専門家としての訓練も、大学院で受けています。
でも、私は、こういう仕事には向いてないのだろうと思います。

カウンセラー、臨床心理士、心理家というよりは、もっと社会的な仕事の方が得意…といっていいのか。
自分が、もともと物事を俯瞰して見るのは苦手だということは知っていましたが、心理の勉強などをやっていると、そういったことが、浮き彫りになってきます。
それに、耐えられない自我をもっていることもわかっています。
けれど、どうにもこうにも動けず、自らを縛っている色々な事柄、自分の性格にもほとほと困り果て。
そうこうしている内に、何も手につかず、自分が正しいとは絶対に思えず。
かといって、自分の認知・思考のあり方がゆがんでいることも、重々承知で。
頭ではわかっているからこそ、八方ふさがりなんだということもわかっていて。
歩き出したいけれど、歩き出せない。
心は、そちらのほうに進みたくないと言っている。だから、とまったまま。



自縄自縛。
本当に、そんな感じなんですよね。

私がこんな性格になったのは、(原因を求めてそこに責任を押し付けるわけではなく、整理のために書かせて貰うと)
幼少期から、自分を認めて貰えずに生きてきたからなんだろうな、と思います。
家族に、「こうあるべき」という像を押し付けられて生きてきた、私が私であることは悪である、そう植えつけられてきたことにあります。
兄・姉と年齢が離れている私は、母親や父親と居る時間よりも、多くを彼女らと過ごしてきました。

勉強への刺激も多かった私は、面白いように言葉を覚え、2歳の頃にはすでに、ひらがなカタカナ、簡単な漢字、アルファベットまで読むことが出来ました。
知性は高かったんでしょう。ただ、そのためか、自分というものに気づくのも早かった。
そういった中で、私は成長していくわけですが、年齢が離れているとはいえ、兄姉は、当時10代後半。
彼らのストレスのはけ口としても機能していた私は、失敗したときは叱責、罵倒は当たり前。
出来上がりつつある自分は、否定の連続。
自然と、兄や姉の言う「こうあるべき自分」というものを追い求めて、それに近づけるように生きるようになりました。


今でも、私は、自分っていうものがありません。25と言う、年で。
ずっと、追い求めていた私は空っぽの私でした。
今も空っぽ。
口からは、理想論や嘘が飛び出してしまう。
言葉をつむぐときには、相手が求めているであろう言葉を探し回って話す。

だから、ありのまま受け止めてくれる人が欲しかったんですよね。
なんにも出来なくて、情けなくて、弱くて、泣き虫で、寂しがりで、そんな自分。
周りが求める私を生きるんじゃなくて。



心理の勉強と言うのは、そういう「鍍金の」私をはがし、空っぽの私を外にさらけ出す学問だった。
もう、自分を生きることがしんどい。
現実の自分を見つめることが苦しい。

うまく生きていくために見つけた方法を奪い取られて、どうしていいのか解らない。

私が今、ここに生きているのは、周りのことを考えてしまうから。
一昨年、友人が自死していて。そのときに、私も周りの人たちも大きな衝撃を受けた。
そういうことを、もうこれ以上、私の周りの人たちに抱えて欲しくないんです。

だから、今生きている。
ギリギリのところで、とどまれているんです。


話しは少しそれますが、自殺者を食い止めるのは、やはり人です。
人への気持ちが残っていれば、立ち止まれる。
大切だと思ってくれている人が居る、と信じられることや、
私の死が、どれほど他人にマイナスの影響を与えてしまうということをよくよく知っていれば、絶対に立ち止まれるんです。ギリギリのところで。
本当にギリギリのところで。
リストカットも、ODも出来ないんです。周りが大切すぎて。

だから、自殺を止めるのは、人です。
絶対に。



でも、とまっているだけじゃ辛くて仕方ない。
薄着のまま、真冬の空の下に居る私は、とにかく立ち止まるしか出来ない。
死ぬこともできないまま。


そんな状態なんだと、今の自分を見ていて思います。
私が色々やっている方法は、自分の身を守るためなんだと。それが、適切な対処ではないんだと。
このまま、目的地に行くためには、コートが必要。それは、自分で、どこかにとりに行かなくちゃいけないんだと。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mone
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書(マンガも含む)
    ・寺社巡り-いぞがしい時は行けませんが
読者になる
学生だったり、ホテルマンだったり、先生だったり…日々が過ぎていきます
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる