やめよう 

February 17 [Sun], 2008, 3:33
このyahooブログは使いづらい。
ホリエモンがライブドアのブログは業界ナンバーワンだとか言ってたからそっちを使おう。

朝ラン。 

February 12 [Tue], 2008, 15:29
 8:00〜 快晴。

 ジョギング→15km

 今日は高校駅伝の熊本県大会が男女ともいつものホームコースとその周辺道路で行われました。
 なのでその前に走って、そのまま応援してきました!
 
 女子のスタートは9:30優勝は千原台高校。
 男子は11:30〜優勝は九州学院高校。

 この男子優勝の九州学院高校・・・最近運動公園を走ってると結構練習に遭遇する事が多く
 凄く礼儀正しくて高感度ナンバーワンだったんです。
 もちろんここの応援に行ったようなものです^^;
 
 女子チームの練習と遭遇した事はないんですが(多分)男子は結構運動公園で走っているチームが
 あって、九州学院の生徒さんはアップ中はすれ違う人に一旦停止して帽子をかぶってる子は帽子を
 とって挨拶してくれるんです。
 高校生できちんと挨拶出来るとこってほとんどないので応援したくなるんですよね〜。
 実力もしっかりあるんですよね、やっぱり(^^)v
 
 全国大会もしっかり頑張って走って下さい!
 応援してます。
 もちろん女子の千原台高校も頑張れ〜♪
  

今日は・・・ 

February 01 [Fri], 2008, 15:27
今日は、一人でアニメイトとゲーセンいきました。


アニメイトで漫画を三冊買いました!!!!


ゲーセンでは・・なんだっけ??あのギターのゲーム??名前はどうでもいいや!!!(オイっ


それやってたら友達にあったんですよ・・・


しかも男友達に・・・はっきり言ってゲーセンとかで会いたくない・・


「あれ〜??みくじゃん!!一人??何してんの〜??」うざいから話しかけんな!!!


「みくがいるし・・カラオケいかね??」って言ってきて無理やり行かされたんですよ・・


で、結局行ったんですけどね〜


つまんないわけじゃないしまぁいいかな〜


たまに遊んでると楽しいしwww


まぁ・・そんなとこかな??


じゃぁおやすみなさーいwww

万葉集では恋人の<夢>を見るのは相手が想ってくれるから…。 

January 19 [Sat], 2008, 1:46
向が丘遊園から徒歩20分、丘の上の<専修大>生田校舎の<文学の森>講座へ行ってきた。題して<万葉集の夢>―――。

思はぬに 妹が笑ひを 夢に見て 心のうちに 燃えつつぞ居る(家持)

「万葉集」では<夢>は<いめ>と読む。<ゆめ>と読むのは時代が下がって「古今集」の平安時代からという。読み方が違うだけでなく、<夢見る>内容も違う。万葉びとにとって<夢>は<幻>や<儚い>ものではなく、「もう一つの<現実>」なのだという。つまり、現実との間に距離がない。ただ夜、寝ている間に見る<現実>なのだ―――。面白い。講師の西條勉氏が言った。「現代人が失った<感覚>だ」…と。

「古今集」の<恋>の夢は<儚い>ものが多い。夢と現実との間には<距離>がある。だから夢と現実をつなぐ<夢の通い路>が必要になる。百人一首にもある。<夢の通ひ路、人目よくらむ>―――。

不思議なことに<通い路>という言葉は<万葉集>には一語もない。平安の時代、誰かが<通い路>と詠んで<流行語>になった。もし<小野小町>が言い出していたのなら面白いのだが…ですと。火山も同感。

さて家持の歌。「思ってもいないのに、夢に見たら、燃えてきた」という意味らしい。
火山が驚いたのは、我々は「自分が<想う>から<夢に見る>」―――と考える。ところが万葉びとの場合、相手が<想う>から<夢に出る>という。凄い。火山、仰天した。そんな風だったら、どんなに幸せな青春だったろう。まさに「現代人が失った<感覚>だ」…なんちゃって。

あかん。。。めちゃしんどい。。。。。。 

January 10 [Thu], 2008, 11:11
ういっす。。



昨日は、夕方、ウジリンさんとさんまさんが、ビール一杯持って尋ねてくれはりました。。




う〜〜ん、後になって思うと、気いつかってくれてはんなあ。。
分かりました!!30日、折れることは出来ませんが、我慢することは出来ます。。
よろしくお願いいたします。。
でも・・・は、無し。。さんまさん、了解しました。。





一度、ここに書きましたので忘れません。。




まあ、いつもっぽくちゅうことで、、ありがとうございます。。







って、、又たくさんビールを頂いてしましました。。。。



朝・・・起きれません。。。7時スタートです。。



ウジリンさん達、曽爾高原まで、自走大丈夫やったかなあ。。。








爺は、



十三峠〜ぶどう坂コース 使用車LOOK。。




しんどかったぁ。。めちゃ・・・






自宅〜大竹交差点 15km



HR127−154 317kcal AV27.6km−MAX46.5km CAD81−115 






十三峠ヒルクライム  18分58秒3 3.8km



HR166−172 288kcal AV12.3km−MAX23.4km CAD70−91



区間



9分42秒・・・HR167−172 AV13.5km CAD69



14分5秒・・・HR164−170 AV10.9km CAD71



17分26秒・・・HR166−167 AV10.7km CAD72



18分58秒・・・HR163−165 AV8.0km CAD75








ぶどう坂経由 35.4km



HR121−152 731kcal AV26.3km−MAX64.8km CAD76−110




只今・・・・石になってます。。。。。。しんどっ・・・

山茶花咲きました(^-^) 

December 21 [Fri], 2007, 4:45
こんにちは!今日も汗ばむくらいに気温が上がった鹿児島からです(笑)

勝手に我が家の周りに咲いてる秋の花シリーズです(いつからシリーズ化したんだ?)去年も確か紹介しましたが、家の裏にある山茶花に花がつきました♪
白い花は風に時々揺れながら秋らしい雰囲気を出していて和みますよp(^^)q

さて、明日はいよいよ楽しみにしてた某大学の学園祭!トークショーであのお方をたっぷりと見つめてきます(笑)まぁこさんと二人、どんな爆笑プチオフ会になるかも楽しみです(^^)\(゜゜)
レポ等詳しくはあさってになると思いますが携帯投稿でライブ情報をお伝えしますのでお楽しみに♪きんもくせい

青桜学園音楽恋物語〜2台のピアノ〜(麻→中+玲) 

December 13 [Thu], 2007, 16:43
「先生!中沢君知りませんか?」
片手に譜面を持ち、玲奈は通りがかった教師に尋ねる。
「ん?…中沢か?いや、知らんな」
「そうですか……」
と、呟き、一礼して素早く立ち去る。
「もう、全くどこに居るのかしら?」
玲奈は廊下を早足で歩きながらブツブツと呟く。
こんな時でも決して廊下走るなんてマネをしないのが玲奈らしい。


数十分前、玲奈は妹の麻奈に数枚の譜面を手渡されて、言われた。
「これを弾くんだけど、姉さん、副旋やってくんない?」
玲奈はちらっと譜面に視線を滑らせ、
「無理よ。こんなに難しいの。私はピアノ専門じゃないのよ」
と言い切る。
「えー。そんなー。」
「他を当たってちょうだい。それから、伴奏の方も、仕上がってきてるかしら?」
「え?あ…、うん。そっちは大丈夫。……そう言えば姉さん、B組の中沢君と知り合いなんだよね?」
麻奈は「名案!」とばかりに目を輝かせる。
「え?えぇ…まぁ、そうだけど」
「じゃあ、彼にお願いしようかな。ちょっと、捕まえてきて?」
「……しょうがないわね。断られても知らないわよ」
「分かってまーす」
えへっと笑い、「じゃ、よろしくー」と言う声が聞こえそうな顔で手を振った。


お陰で今、こんな状況にあるわけだ。
と、玲奈の視界の端に2階へと続く階段辺りで、ふわふわとした薄茶の髪がよぎる。
「中沢君!」
声のトーンを上げて、呼ぶ。
「あ…由比崎先輩……どうかしたんですか?」
ぼんやりとした顔で首を傾げる。
「実は、これを弾いてほしいのよ。私の妹と。別に、何処かで発表するワケじゃないから、安心して」
「はぁ……いいですよ」
「本当?良かったわ。私には、難しいもの」
こっちよ。と中沢とさとし、麻奈の居る練習室へと連れて行く。


「じゃあ、いいかしら?」
「うんっ」
「はい」
カチ、カチ、カチ、カチとメトロノームが拍を刻む。
麻奈の歌うような旋律に、中沢の優しい旋律が重なる。

---凄い……こんな音、初めて…優しいのに力強くて…何とでも相容れるのに、何とも混ざらないようで……こういう音、初めて聴く……すてき……

麻奈は、弾きながら、チロっと隣のピアノを見た。
伏し目がちに、穏やかな表情でつらつらと奏でる中沢を見、慌てて手元に視線を戻す。

---いけない、いけない。演奏中だったんだった。

と、思いつつも、隣が気になる。
最後の音を弾き、ふぅっと息をつく。
「良かったわよ。2人とも。だだ麻奈、2ページの4段目の3小節目の、この音。少し伸ばしすぎたわね」
「うっ……姉さん、耳良すぎ。だって……」
「だって?」
「あっ、ううんっ何でもないよ」
麻奈が頬をほんの少し朱に染めて、顔の前で手をひらひらと振り、取り消す。
「と、とにかく、中沢君、ありがと」
「いえ、僕も楽しかったんで、誘ってくれて、ありがとう」
「うっううんっ。こちらこそ。急にお願いしちゃって、ごめんね」
「じゃあ、2人とも、下校時刻に遅れないようにするのよ」
私は先生に用があるからお先に。と、出て行く玲奈の背中を見つめ、

---言えるわけ無いじゃん。隣が、中沢君が気になってミスった。なんて……

と心の中で呟いた。




****あとがき****
2作目でようやく恋モノ。(でも、ビミョー)
今回ゎ1年組で!と考えて書いたんですけど……絢子ちゃんが居ない!
麻ちゃんが若干(かなり)ふてぶてしい。姉に指図するなんて!(書いたのゎお前だ)
結局、麻ちゃんの恋(なのか?)ゎ片思いに終わります。(ごめん!麻ちゃん)
今、麻ちゃんのお相手キャラ(高2,3予定)ぉ創ってるから!
ちなみに、玲ちゃんが最初に話していた先生ゎ、玲ちゃんのクラスの担任の先生です。
次回ゎ、3年組か、恵里ちゃん達のお話になると思います。
でゎでゎ

御礼 

December 07 [Fri], 2007, 12:14
 先日は、5名の皆様、老けた私を励ましていただいてありがとうございました。

 今日は民法・憲法のテストがあって全くできなかった。夏に習ったことをもう忘れている。このポンコツ脳みそめ!!!

不思議少女は潔癖症 

December 04 [Tue], 2007, 0:00
不思議少女A子の隣には、同じ部のB子が座っている。

A子とB子の机の間には、業者専用回線の固定電話が置いておる。

二人が共通で取っている電話です。

【プルルル】

A子が電話に出る。

A子が電話を置く。

↑普通ですね。


【プルルル】

B子が電話に出る。

B子が電話を置く。

A子が受話器を上げる。

A子が電話のコードのねじれを直す。

【プルルル】
 
B子が電話に出る。

B子が電話を置く。

A子が受話器を上げる。

A子が電話のコードのねじれを直す。

↑おかしいですね。


一回でもコードが回転していたら
毎回電話を置くごとに直されるらしいです。

ブラボー。


そんな潔癖症のA子が使っている加湿器は、
一切掃除しないらしく、カルキでドロドロで、壊れかけ寸前だそう。。

とことん不思議ですね。

・。+坂田 銀時+。・ 

November 29 [Thu], 2007, 15:31
銀さんの書き方が載っています♪
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:szroca1362
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» やめよう (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» やめよう (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» やめよう (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» やめよう (2008年10月10日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» やめよう (2008年10月08日)
アイコン画像りぃこ
» やめよう (2008年10月02日)
アイコン画像ハム太郎
» やめよう (2008年09月28日)
アイコン画像ゆりり
» やめよう (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» やめよう (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» やめよう (2008年09月17日)
Yapme!一覧
読者になる