山口県光市の母子殺害事件 

February 17 [Sun], 2008, 13:19
山口県光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われた元会社員の男性被告(26)=事件当時(18)=に対する差し戻し控訴審の第9回公判が19日、広島高裁(楢崎康英裁判長)で開かれ、前回公判に続き被告人質問が行われた。主なやりとりは次の通り。

 

弁護人「昨日に続いて最高裁に提出した上申書について。弥生さんを押さえつけていたとき、上申書には   「弥生さんは大きな声を上げていた』とあるのに、
    差し戻し控訴審では『声は上げていない』と述べているが」

 被告「頭の中で弥生さんの声が聞こえたということを、そこでは説明したかった」

弁護人「現実に起こったこととは違うのか」

 被告「はい。逆に言えば、法廷では現実にあったことだけを述べた。両方とも言葉が足りなかった」

弁護人「弥生さんを姦淫した理由について、『死者を生き返らせるため』と上申書では書いていないの     はなぜか」

 被告「生き返らせようと思ったのだが、最高裁に出すものなので裁判長が怖かった。ばかにされるとい    うか、そういう気持ちが働いて書かなかった」

弁護人「捜査段階でも『生き返らせようと思った』とは話しているようだが」

  被告「ばかにされるというか、亡くなった人を冒涜していると叱られた」 
弁護人「教戒を受け始めたのは、平成15年6月からか」

 被告「訂正したい。3年前の2月からだった」

弁護人「教戒を受けるきっかけに、年齢は関係あるのか」

 被告「当時、23歳になる直前だった。弥生さんが23歳だったことは知っていたので(涙声で)いた    たまれなくなって。ぼく自身はそのうち24歳にもなっていくことが、申し訳なかった」

 
弁護人「なぜ教戒を受けようと思ったのか」

 被告「2人を死なせて、償う方法が分からなかった。反省する方法も、反省したことがなかったけえ、    分からなかった」
 

 弁護人「昨日は逮捕翌日までの取り調べを聞いたが、翌々日の20日の調書には『弥生さんの首を両手     で絞めた』と記載されている。これは事実か」 

 被告「違う」

 弁護人「警察官はそれまでの調書の『右手で絞めた』という内容を疑っていたのか」

 被告「当時、ぼくは体重が55キロぐらいだった。だから大人の女性を片手で殺害するのは不可能で     は、という疑問を持っていた」

 弁護人「その後の検証では、被害者に見立てた人形に馬乗りになって首を絞めている。これは実際に起     きたことの再現か」

 被告「違う。警察官からこうやれ、と示唆があった」

 弁護人「人形にスプレー式洗剤を噴霧しているが、これは実際に起きたことか」

 被告「違う。でも、遺体の解剖で、噴霧した証拠が出たと言われた」

 弁護人「家裁での調査記録には『弥生さんをひたすら押さえつけた』という供述が記載されているが、    『絞めた』のではないのか」

 被告「言葉の通り、押さえただけ」

 弁護人「そのときの心境を『死んじゃえ、という気持ちだった』と説明しているが」

 被告「弥生さんにとりついたものに、『出ていけ』という意味で言った」

 《被告は差し戻し控訴審で「弥生さんに重ねていた実母のイメージが崩壊しそうだったので、無我夢中  で押さえつけた」と供述している》

 弁護人「最初にとられた調書と、その後にとられた調書とでは供述内容が違っているが」

 被告「その通りです」

 弁護人「では、最初の調書はすべて真実か」

 被告「違う」

 弁護人「では、実際体験した事実に一番近い調書は」

 被告「この中では、最初の調書」

 

 弁護人「2人を殺すつもりはなかったことを、当時の弁護人には話したのか」

 被告「言い逃れのような気がして、話していない」

 弁護人「結果として死なせてしまったからか」

 被告「はい。人の命はそれだけ重いものだと思った」

 弁護人「1審では十分に弁護してもらえたか」

 被告「言いたいことを全然言えなかった」

 弁護人「2審の弁護人に本当のことを話したか」

 被告「いいえ」

 弁護人「『弥生さんに甘えたい気持ちで抱きついた』『ドラえもんが何とかしてくれると思った』『生     き返らせようと思った』という言葉は、亡くなった人を冒涜する態度だと分かっているか」

 被告「今は分かる」

 弁護人「冒涜だと分かっていてこんなうそをつくと、より不利になることは理解しているか」

 被告「事実だから話した。冒涜にあたることであっても、うそではない」

 《続いて、被告の家族関係について質問。弁護側は事件の背景として、父親から暴行を受けていた被告  が、かばってくれる母親に依存していたことを指摘している》

 弁護人「父親から、どのような暴行を受けたのか」

 被告「殴られたりけられたり。風呂の湯に逆さに入れられたり、包丁を突きつけられたこともあった」

 弁護人「暴行の話は調書にはほんのわずかしか記載されていないが」

 被告「取り調べでは話したが、父も取り調べを受けていて、暴行したことを認めなかった。それでうそ    をついているのはぼくと決め付けられた」

 弁護人「父親に殺意を抱いたことは」

 被告「正直なところ、ある。包丁を持って、寝ている父のところに行ったこともある」

 弁護人「同じように暴行を受けていた母親とはどんな関係だったか」

 被告「ぼくのような子供が、ぼくとの間にできればいいね、と言ってくれた」

 弁護人「その母親が自殺したときは」

 




 検察官「取り調べの際に『殺すつもりはなかった』『強姦するつもりはなかった』と話したら、どうな     ると思っていたのか」

 被告「うそ扱いされると思った」

 検察官「調書には『殺すつもりだった』とあるが」

 被告「調書はぼくが書いたものではない」

 検察官「では検察官が全部作文したというのか」

 被告「そうは言っていない」

 検察官「『ドラえもんが何とかしてくれると思い、遺体を押し入れに隠した』という話は捜査段階でも     した、と昨日は供述している。検察官作成の調書に『ドラえもんに出てくる、のび太に似てい     る』と最初の担当検察官への悪口が記載されているが、これは関係あるのか」
 被告「そうではない」

 検察官「昨日は『担当検察官に死刑になるかも、と脅された』と言っておいて、悪口を言ったら死刑に     なるとは思わなかったのか」

 被告「甘かったというか、調書に残るとは思わなかった」

 検察官「調書に残らなくても、言ってしまえば本人に伝わるのではないか」

 被告「それは考えていなかった」

 検察官「1審の被告人質問では、『弥生さんに抵抗されると思ったのでスプレー式洗剤を持っていっ      た』と、必要もないのに自らスプレーのことを持ち出しているが」

 被告「意識が混乱していたので」

 検察官「これは調書ではなくて速記録だ。前後の文脈からして混乱していたようには見えないが」

 被告「それで分かってもらえないなら、事前の打ち合わせがなかったから」

 検察官「打ち合わせがなかったから、口が滑って言ってしまったということか」

 被告「違う。調書の内容が何らかの影響をした」

 検察官「先ほどは、いつ父親に暴力を振るわれるか分からないとびくびくしていたと話していたが」

 被告「おおまかにはそう」

 検察官「父親と相撲をとっているとき、背後からスリーパーホールドをかけたことがあったか」

 被告「あった」

 検察官「命がけでかけたのか」

 被告「ぼくは今、そんなことを言いましたか。父にも機嫌がいいときだってある」

 

 検察官「教戒を受け始めたのは23歳になる直前と答えていたが、昨日は15年6月と答えていた。自     分の年齢のことだから間違えようがないのではないか」

 被告「分かりません」

 検察官「当番弁護士から『勝手に調書が作られるようならサインしなくていい』と言われたことは」

 被告「あった」

 検察官「どう思ったか」
 被告「(捜査終了目前だったので)もう遅い、と思った」

 検察官「調書は後で作り直してもらえると思っていたのなら、別にいいのでは」

 被告「でもたくさんの調書がすでに作られていた。直してもらうのは気味が悪いですよね」

 検察官「家族の話を1、2審の被告人質問でしているが、家族への評価が次々変わっている」

 被告「長い間付き合っているのだから、当たり前だ。ずっと変わらないほうが変な家族だ」

 検察官「祖母と母親とどちらが好きか聞かれ、どう答えたか」

 被告「祖母。ぼくを置いて自殺した母が嫌いだった。好きか嫌いか聞かれても困る」

 検察官「義母について『女性として見ていた』と答えているが」

 被告「女性は女性ですよね」

 検察官「そういう言葉遊びをしているんじゃなくて、強姦事件の話をしているのだから、女性といえば     女性だ。『お母さんとしてみれなかった。女性として見ていた』と供述しているが、覚えはな     いか」

 被告「…」

 《続いて裁判官が質問》

 裁判官「事件当日、排水検査を装って戸別訪問した理由を『さびしかったのでぬくもりが欲しかった』     と供述しているが、実際はほとんど会話もせずにそのまま立ち去っている。動機と行動がかみ     合っていないのでは」

 被告「そうとっていただいて結構です。実際かみ合っていないので」

 裁判官「1、2審の判決文は読んだか」

 被告「読んだ」

 裁判官「控訴趣意書、上告趣意書は」

 被告「読んだ」

 裁判官「読んだ後、事実とは違うと弁護人に相談したか」

 被告「していない」

 裁判官「事実と違うことが書いてあって、しかも無期懲役ではだめで死刑にすべき、と書いてあるのに     相談していないのか」

 被告「弁護人は頼りないと思っていた」

 《その後、弁護側、検察側がそれぞれ補充質問を行い、被告人質問は終了。閉廷したのは午後5時45分だった》被告「母が亡くなっていることを受け止められないでいた。今も受け止められない」


サンケイより

今日のお昼ご飯 

February 13 [Wed], 2008, 2:48
イカの煮付け・厚揚げの練り味噌かけ・ポテトサラダ・切り干し大根の和え物
あと、アサリの味噌汁・ご飯
 *イカの煮付けは鷹のつめを効かし、香りつけに刻みゆずを少し
 *練り味噌は、合わせ味噌と黒砂糖を混ぜたもの

ネバネバ納豆&オクラパスタ 

February 04 [Mon], 2008, 0:00
昨日は雨でお買い物に行けなかったので、冷蔵庫の中の余り食材でパスタです。

困った時のパスタ頼みとばかりに買い置きのパスタを使ってお料理しました(^ー^)

大根おろし・納豆2パック・茹でたオクラ・卵黄・マヨ大2くらい・納豆のタレ

後はめんつゆで味を調えて、茹で上がったパスタとあえるだけ★

のりをトッピングして出来上がりです!

大根おろし+納豆でふわふわに仕上がりますよん♪   

Nの君ギャラリー 

January 21 [Mon], 2008, 6:50
めちゃ手抜きブログですが
Nの君ギャラリーお楽しみください。



・ブリジストンの浜島さん
・ラルフ!TOYOTAブースに突然現れた!
・ヘアピン画像
・セーフティカー乱入
・バトル フェラーリvsTOYOTA
・アロンソ ハソン
・破損のアロンソに駆け寄るコースマーシャル
・破損アロンソとカルちゃん
・さよならアロンソ
・ご遺体
・FIAの公式文書
・カンガルーTVの受付
・トヨタマスコット
・アロンソ事故と横を通る
・ジャンクスポーツの神社
・ラルフ
・レース
・事故処理の渋滞



※Nの君説明文パクリ(笑)



一気にアップしてみた



あー、いいデジカメほしい。



●次回、ワタクシのショボ ケータイカメラでの撮影画像集公開予定(笑)

ダイエット20071101 

January 15 [Tue], 2008, 10:13
体重81.1kg
体脂肪率27.0%

豆腐ハンバーグ

そのまま立ち上がるとなんか怖いっ! 

January 08 [Tue], 2008, 20:48
冬に備えてソラ用に屋根付きの部屋をかってきましたヽ(´▽`)/



警戒してなかなか入ってくれないソラにダンナが体当たりのお手本を!!!



・・・・私もソラも
ポカーン(゜Д゜) でしたが。。。




まぁなんとか中で落ち着く事はまだないけど出たり入ったりはしてくれるよぅになりました!

逮捕しちゃうぞ フルスロットル(第2話) 

December 21 [Fri], 2007, 7:32
初回を見逃して、やっと観られました、待ちに待った逮捕の新作(^^)
いろいろ懐かしくて、うわ〜って思いながらあっという間の30分でした。

逮捕を最初に観たのはTVシリーズ(1stシーズン)。
元々は母と妹が観ていて、一緒に観ているうちにすっかりハマり、コミックやOVAも制覇。
映画も劇場に足を運びました。周りが男性ばっかりで、ここはアキバかと思ったぐらい(^^;

一番印象的なのは、やっぱり1stシーズンの東京タワーの話(『FILE34.地上250メートルの休暇』『FILE35.地上250メートルの友情』)。
あれは何度観ても胸がいっぱいになります。
ビデオしか持ってないから(しかも今は観られる環境じゃない)DVDボックス買おうかな…。

2ndシーズンは、正直馴染めませんでした。
1stのようなのびのびした感じ、ハジケた感じがなくて、消化不良気味でした。
そのせいか繰り返し観ることもなかったですね…。

今回のフルスロットルは、2ndから1年後?の設定らしいですが、皆良くも悪くも変わってなくて嬉しかった(^^)
しかし夏実と美幸って、しょっちゅう出向してますね。でも必ず墨東署に戻ってくる(当たり前か)。

オープニングに東海林が出てこないけど、今回は出番ナシなのかな?
夏実のセリフにすら登場しないなんて扱いだったら寂しいなぁ…。
あとさっきWikipediaで確認したら、沙織は今回から別の署に転属になってるみたいですね。
いろいろ細かな変更はあるようですが、個人的に大丸・瀬奈夫婦や蟻塚警視正、木下警部補あたりはどこかで出てきてほしいなと思います。

ところで番組中のCMで映画のDVDがリマスター版で発売って言ってましたが。
すごくほしい。でもAmazonのカスタマーレビューは微妙だなぁ(^^;
逮捕は全くDVD持ってないから買ってもいいんだけど、ちょっと値段高くないですか?
既発はもっと高かったようだけど、92分で¥7,140って。
Amazonの26%OFFの価格が定価でもいいような気がする…。

話題がズレましたが、今回の逮捕は結構期待してます。
1stや2ndと違って深夜枠だから、多少冒険も出来るでしょうし(エンディングの意味深なカットの数々、あれは必要なのか疑問ですが^^;)。
来週も忘れずに録画します!

歯医者へ。。。 

December 12 [Wed], 2007, 19:26
今日は、歯医者へ。

きっかけは、親知らずの手前の歯を抜いたら、隙間が出来て炎症しやすくなり痛みが・・・


親知らずは、まだ歯肉の下。


しかも、レントゲンを撮ったら、根元が見えない・・・


歯科ではなく、口腔外科で抜くことを薦めます。。。と言われ、


歯肉を切って、抜いちゃうんでしょ???痛いんでしょ????


確実に腫れるでしょうね・・・・やだ・・・・やだ・・・・


なのに、さとちんは『早く行って抜いて来なさい』って。


自分なら行かないくせに。。。



で、今日は、下の歯をキレイにしてもらいました。


前回のような炎症も痛みもなくなり、次回上の歯をキレイにしてもらったら、


紹介状を書いてもらって、抜くことになるのだろうか????


はぁ。。。



帰りに、ヨークのいち・に・さん(今月は4よんまで)の市でお買い物♪♪♪



午後から洗濯をして、のんびりお昼寝もしたマッタリ休日になりました!!!

BJboyが・・・ 

December 09 [Sun], 2007, 3:41
先日の娘に続き、9月28日は、''' BJboy '''の誕生日でした。。。



おめでと〜!!16才です!!




考えてみれば、うちの子供達・・・・みんな中学で『LIVEデビュー』してるんです!



お姉ちゃん・・・・中2・・・・確か''' DONOTS '''



SNboy・・・・・ 中3・・・・  ''' SLIPKNOT '''



そしてBJboyは、



そう・・・



去年(中3)の



BJ HAND TOUR




みんな この母より早いじゃないか!!!!(因みに私は高2 JAPAN)



このHAND TOURまで、''' GREENDAY '''が好きだった息子・・・



初LIVEの興奮もあり(?)一気に''' BJファン '''へ・・・・



そのBJboy 最近・・・・



LINKINboyに変身してます。




やっぱり若者(BOYだもんね。) ''' LOST HIGHWAY '''は・・・



もっとハードなのがいいのよね!!



まぁ、これからも いろんな曲を聴いて、いろんなLIVEにも行くだろうけど、



ずっとBJのファンでいてね!!!



もちろん来年の LIVEには 一緒に行きますけど!!!



BJboyが、1番好きな曲



''' ♪ FAINT '''









記事には、関係ないのですが、今日、とっても嬉しいメールが!!!

今年 私は、BJに関して、とってもラッキーです!!

ありがとう!!!!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sznase266
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像よしや
» ネバネバ納豆&オクラパスタ (2008年02月05日)
アイコン画像たむら
» Nの君ギャラリー (2008年01月31日)
アイコン画像たむら
» Nの君ギャラリー (2008年01月27日)
アイコン画像ネオニート
» ダイエット20071101 (2008年01月21日)
アイコン画像ネオニート
» そのまま立ち上がるとなんか怖いっ! (2008年01月21日)
アイコン画像σりこ
» 逮捕しちゃうぞ フルスロットル(第2話) (2007年12月21日)
Yapme!一覧
読者になる