ショート画像 

April 09 [Wed], 2008, 17:36
ショート画像でっすw
ショートゎあこがれの守備ですo
飛びついてとったりするとことか最高にかっけえし★




転載・貰ウゎココでお願いしますw
あと,コメもくださいツ♪

*:..。o○☆銀ちゃん*:..。o○☆ 

February 18 [Mon], 2008, 0:33
銀ちゃん画像です♪

もらぅとき・転載するときゎコメ&傑作ポチ

今週の自転車通勤 

February 13 [Wed], 2008, 19:32
今週は2回の自転車通勤でした。
土曜日から月曜日まで結婚式出席のため沖縄へ行きます。
ランニングシューズを持参し沖縄で走ってこようと思います。
沖縄は湿度が高いので汗対策をしっかりと準備していかなければなりません。

私が悪いのかな? 

February 02 [Sat], 2008, 11:10
女性の方なら分かると思うのですが、



'''靴のかかと'''



に悩まされます(^^;)




特にピンヒールは消耗が激しく・・・



すぐにゴムの部分が削れてしまい、靴修理のお店にお世話になりっぱなしです(+。+)



金属の部分が出てきてしまうと、



床を歩いたり走ったりすると、滑るんですよね(^^;)





仕事用の靴なら、1日中立ち仕事なので分かるのですが、



私の場合、それ以外にもほとんど・・・




私の歩き方がいけないのでしょうか??(-.-;)





今年はウェッジソールだし、ヒールも太くなってるから、



楽かなぁ、とは思うのですが・・・




なかなか靴修理にも頻繁には行かずにまとめ出し、なので、



5足、6足になると結構修理代も・・・(^^;)

手紙 

January 26 [Sat], 2008, 2:02
手紙はいいです。ちょっと最近沈んでいたら、友人から手紙をもらいました。
私は泣きそうになりました。励ましてくれて、その文を何度も読みました。
手紙はその人の感情が伝わってくるような気がします。

これから夕飯を食べに外へいってきます。




写真をまたはじめます。(中古で買ったカメラがとてもいい味のあるものでして)

公開模試すべて終了。 

January 15 [Tue], 2008, 7:04
昨日、大原の公開模試受けてきました。
これで、直前模試3回、公開模試2回すべて終わりました。



やはり、大原の試験は見極めが早く、できるものはできる、わからないものはどうしようもないという感じの問題です。



全部解き終わるのに2時間でした。



相変わらず基礎問題で引っかかっています。
今まで以上に、基礎やり直さなければ。



今回の模試で再度復習する項目をチェックしました。



憲法の統治



衆議院の優越(先議事項)
両院で議決が異なった場合の取り扱い
→参議院で議決しなければならないまでの日数
→両議院協議会が必須な項目、任意な項目



行政法



委任と代理
執行停止
→職権か申立てか
→内閣総理大臣の異議(国会での処理)
地方公共団体
→議会運営(臨時会の招集方法)
→予算・財務
→会計管理者



民法



主観(善意のみ、善意かつ無過失、善意かつ無重過失)
→制限行為能力者、意思表示、無権代理、他人物売買、即時取得等民法全般にわたって
保証債務
→保証債務の範囲



商法・会社法



・・・あきらめました、、、手が届きません。基礎的な事だけやります。



一般知識等



個人情報保護法
→開示、訂正等、利用停止等の処理
情報通信
→GPKIの周辺システム



今日はこれをやろうかなと思います。

明日は・・・・ 

January 05 [Sat], 2008, 17:54
明日はついに社員旅行の日です。
白浜に行ってきます。
鉄道を撮影する時間があれば撮影したいと思っています。
個人的に、和歌山に行く機会があるので・・・・。
とにかく楽しんできます。
 帰宅したら、報告致します。

お疲れモード 

December 18 [Tue], 2007, 21:15
今日もバタバタの一日。。。
昨日の疲れがまだのこっているようでキツィ!!
昨日は午前から嫁父の会社に行って作業開始☆
昼位に嫁父が会社に戻ってきてたので、昼ご飯をご一緒しました♪
「A定食」美味しかった♪ お父さんご馳走様でした☆☆
話題にスキーの話しが出たけど・・・久々に行きたいなぁ〜〜☆
かれこれ何年行っていないかな?? 忘れた位行ってないのでもう出来ないだろうなぁ。
会社の受け付けの中に隠してあったZ〓素敵すぎました♪
また近いうちに行きますのでヨロシクお願い致します♪(≧∇≦)/

伊織のカッティングのお仕事もやっとお客さんが木曜振込みしてくれるようで安心☆
伊織、、、価格間違っていたと思ったらあってました!
A´∇`;)フゥ〜。。。
差額500円・・・う〜〜ん商売人ですなぁ〜〜!

島尾敏雄著「死の棘」 

December 12 [Wed], 2007, 14:15
文学史的にいうと「第三の新人」にカテゴライズされる島尾敏雄だが、この「第三の新人」に属する作家たちは、小島信夫、吉行淳之介、安岡章太郎、遠藤周作などそれぞれに個性の強い作家たちで、彼らに共通する特徴はどこにも見られない。
昭和二十年代後半から三十年代前半にかけて、それぞれがそれぞれの方法論を引っさげて一気に出てきた、ということぐらいである。

この「第三の新人」世代については、村上春樹が注目して評論を書いているが、いまの若い評論家にもっと多くの評論が書かれてしかるべきだと思われる。
なぜなら、日本において、この世代によってようやく“日常に潜む深遠”が描かれたと私は考えるからである。

“退屈な日常”という問題を抱え込まざるを得ない現代の作家にとって、案外この世代の作品にそれを克服できるヒントが隠されているような気がする。



さて、「死の棘」である。
とにかく読み進めるのが苦しい。
あまりの苦しさに途中何度も放り出そうとする。
特に子どもたちの描写は堪えられない。
現実にこうなったらまさしく生き地獄だ。
すさまじい夫婦の葛藤がこれでもかこれでもかという具合に、しかも執拗に描かれる。

しかし、小説の中盤を過ぎたあたりからこの小説を放り出せなくなる。
この地獄の結末を見届けてやろうというハラができてくるのだ。

そして最後のほうは、困難を乗り越えたときの達成感のようなもの、そういう感情すら湧き上がってくる。

文庫本の巻末を見ると、昭和五十六年に文庫化されて以来、平成十八年十二月で四十一刷とある。
この作品がどうしてこんなに長く読み継がれてきたのかわかるような気がした。



それにしても、「『死の棘』日記」の刊行に寄せたミホの文章がすごい。
ここにその一部を紹介しよう。

「夫に先立たれ残された妻の私は、惜別後は心にはもとより、身には常に裾長の黒い喪服を纏っております。そして朝(あした)に夕べに祭壇の前に正座して、『御許へ召しませ』と、祈りを捧げる度に涙を零(こぼ)す悲愁の身でありながらも、尚未亡の人として此の現(うつ)し世に、その後十八年も生き存(ながら)えて参りました。夫亡き後も存えるとは、空しき生に思えてなりません」

すごい。
文章のひとつひとつに鬼気迫るものがある。
この人は島尾敏雄をただひたすらに愛し続けたのだということが痛いほど伝わってくる。

狂気を帯びたそのひたむきな愛を感じ取り、しっかりと受けとめたからこそ、島尾敏雄はこの「死の棘」を作家としてどうしても書かなければならないと考えたのだろう。

この小説は現代日本が生み出した稀有な愛の物語である。

夕焼け〜 

December 06 [Thu], 2007, 9:10
5時過ぎたばかりの夕焼け。
あまりに鮮やかだったのでとってみました。
今日はさっきまで雨が降りそうだったのに…
明日は晴れるのかな?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sznaan1392
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» ショート画像 (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» ショート画像 (2008年10月14日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» ショート画像 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» ショート画像 (2008年10月08日)
アイコン画像りぃこ
» ショート画像 (2008年09月30日)
アイコン画像きりひと
» ショート画像 (2008年09月30日)
アイコン画像ikumi
» ショート画像 (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» ショート画像 (2008年09月20日)
アイコン画像MASA
» ショート画像 (2008年09月15日)
アイコン画像おじさま80号
» 今週の自転車通勤 (2008年02月15日)
Yapme!一覧
読者になる