いまのこと。

March 25 [Wed], 2015, 20:25
結婚してた時よりお金はないけど。
たぶん気持ちは楽です。


それもそうだよねー。実家で上げ膳下げ膳の引きこもり。


そろそろどこかリハビリ施設に通おうと思います。
ADDだけじゃそういう人も少ないと思いますが、なにせ結婚生活は3年前に終わってます・・・・・・。
それから働いたのは一ヶ月だけ。
その後は、作業所やデイケアに通うものの上手く行かずに、結局引きこもり。

今度は自立支援にいこうかなと。
ただいまの病名は「統合失調症」でそお薬を頂いています。
でも幻聴幻覚妄想・・・・・・どれもないんだよねぇ。

うつ状態はたまにあります。
なにもやる気が出ませんが、好きなことはできる都合のいいうつです(´・ω・`)

でも日頃、体は重いです。
太ってるからかなぁ。
気分のムラが激しくて、たまに躁じゃないかというくらい元気になることも。
話し出すと止まらなくなるの。
あと思考の回転が早くなる・・・・・・。
でも自分で整理できないほどで、その状態がおかしいのも自覚してます。


このブログをなんで始めようかと思ったのか。
今度主治医が変わるんです・・・・・・。
もう6年近く見てくれていた先生だったので、新しい先生に馴染めるか不安。
ちょっと今までのこともこれからのことも整理しようかなって思いまして。
なので、むかしのことも今のことも、色々書いていこうかなって思っています。

ちょっとむかしのいまのこと。

March 25 [Wed], 2015, 19:48
結婚・・・・・・一回はしたんです。
別れたけど。


原因はなんだろ。
言葉がね、足りなかったの。

疲れて帰ってきた旦那におつかれって言えなくなって。
旦那の地元で寂しい私に愛してるよって言ってくれなくなって。

その頃の診断は欝でした。

はじめの同棲は、お互いに知らない土地。
相変わらず片付けの出来ない私。
学生時代に同棲してたから旦那も知ってるけど、やっぱり仕事をし出すと事情は変わるよね。
お仕事して帰ってきてきったない部屋と太った嫁。
いやになっちゃうよなあ;;;;
旦那が疲れて自殺未遂。

一旦距離を取ろうと、お互い2年間実家で暮らして、次は旦那の実家で同居。
向こうのお母様はきびきびした人。
はっきりものを言ってくれるのは嬉しいけど、やっぱりきつい言葉は辛い。
「このチャーハン見るからにまずそう」
そう言ったお母様を怒ってくれたのは里帰りしていた、義姉で旦那ではありませんでした。
その時の不信感は覚えてるよ。
ここで私は誰にも愛されてない、必要とされてない、そんな孤独。
承認欲求が強くなったのはその頃からかな。

今でもね、自分の親戚に囲まれてそこに私がいていい空気に浸るとうれしくて泣きたくなる。
おばさんがね、病気良くなりますようにって頭とか肩とか撫でてくれたりすると本当に泣きそう。
おばあちゃんが、会いに行っただけで、すっごく笑顔で喜んでくれると幸せでたまらない。

嫁に行くってのはそういうことだって思っても辛かったな。
せめて旦那には愛して欲しかった。

病気を理由に実家に帰った私。
また2年ほど自宅療養。

その後また二人で暮らし出しましたがうまくいきませんでした。
どうしても私の中でむこうの親と暮らしたときに感じた不信感。
この人は私よりも自分の母が大事なんだなという思い。

結婚から離婚まで結局一度も私の親戚には親以外彼の顔を知っている人はいません。
彼の地元と私の親戚は同じ県に住んでいました。
それでも挨拶に行こうともしませんでした。
結婚式はしてなかったしね。

何かの縁で一緒になったけど、その縁は途切れてしまいました。
ちょっとむかしのいまのおはなし。

むかしのいまのこと。

March 25 [Wed], 2015, 19:36
それでも高校までは普通・・・・・・たぶん普通だったと思うよ。
生きづらくなったのは、大学からでした。

大学でね、ひとり暮しを始めたのだけど。
まず部屋が汚れる汚れる。
今までも自分の部屋は汚かったけど、おかんが掃除してくれてたんだよね・・・・・・。
それが一人になったものだから・・・・・・もう目も当てられない。


そして勉強はともかく、部活。
演劇部に入ったのだけど、ともかく精神論で突き進む体育会系。
曖昧な表現にはひどく弱いのです・・・・・・。
そんな中、理論で説明してくれる先輩がいたのが救いでした。
ただね、頭では分かるんです。理解はできる。どうしたらいいのかもわかる。
でも出来ない。この壁が分厚かった。
打ちのめされました。


で四年生の時に大事件発生。
私が主催する公演で、後輩が自殺未遂。
原因は、私にやる気がないから。
そんな事はなかったんですがね・・・・・・。
周りも同意見なのか、責任は私に。
その時、助けてくれたのがその先輩でした。
怒られたよ。
ただね、どうしてギリギリまでその事態を報告しなかったかと怒られたけど、やる気がないとかそういうことは言われなかった。
自分で解決できないと思ったらすぐに言えっていってただろうって。
ほっぺた叩かれた。
痛かったけどなんか嬉しかったです。

でもそれから眠れない日々が続いて、病院通いの日常が始まってしまいました。

むかしむかしのいまのこと。

March 25 [Wed], 2015, 19:20
忘れ物は多いし、計算間違いはよくするし、友達とはよく喧嘩をする。
そんな子供でした。
成績自体は悪くなかった気がする。
ただ机の中はぐちゃぐちゃだし、ロッカーも同じ、持ってくものも忘れれば、出されたプリントを持って帰るのも忘れる。
小学校の先生に、君は卒業するまでに何個消しゴムを使う気だい?って聞かれるほどの計算ミス。
そして・・・・・・あまり覚えていないのです。

記憶がすごくあやふやなのが本音。
人の名前と顔、存在までも忘れてたりします。
ただ印象に残ってる場面に、登場する子や先生の事は覚えているの。

今でも親友の友達とよく喧嘩した。
理由は大半が私が聞いて欲しくない事をしつこく聞いたり、言わなくてもいい事を言ってしまったり。
その時はね、なんか相手が気まずそうってわかるの。
でもね、これ聞いときたいなって思ったら聞いちゃうんだよねー。
後から、聞いて欲しくなかったのかなって思い当たるの。

その子だけじゃなく、そんな記憶がよくある。

空気が読めないんだけど、まったく読めないわけじゃないから、相手の不興を買ってるのはわかるんだなー。

高校まではそんな感じで、結構友達とぶつかった。
ずいぶん前のむかしのお話。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suzumi
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/szm/index1_0.rdf