職務経歴書では応募職種に応じた経験のアピールを

June 13 [Thu], 2013, 11:07
最近の転職活動に必須のアイテムとして職務経歴書という書類があります。


従来は履歴書でOKでしたが、応募者が殺到する事情もありより詳しい職歴を知りたいとして、職務経歴書の提出を求めるケースが増えています。


ではこの職務経歴書には何を記載すればいいのでしょうか。



文字通り自分が経験してきた職務の内容を詳しく記載するのですが、ポイントは応募する職種に応じたアピール内容にするという点です。


例えば保育士経験のある女性が事務職に応募する際に、子どもとの接し方をアピールしても意味がありません。


それよりもパソコンを駆使して案内文を作成したとか、他のスタッフと連携を図って仕事をしたといった、事務職でも求められる要素をアピールしなければなりません。


つまり職務経歴書は自分を売り込む提案書なのです。


どの職種に出すにも同じと思われる内容では、売り込み姿勢が感じられず採用担当者の目に留まりません。




このため職務経歴書を作成するにあたっては、職歴の振り返りをしっかり行っておくことが重要となります。


その中で、どの職種にも通用する能力「エンプロイアビリティ」を見つけておくことが必要となります。


そして応募職種の仕事内容を十分理解し、アピール内容を合わせて行くようにします。




一般財団法人 女性労働協会
http://www.jaaww.or.jp/
仕事と子育てサポートします。女性労働協会のサイトです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:szjpv
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/szjpv/index1_0.rdf